Twitter

  • 私服ツイート

« 乃木坂46が自己最高初動で首位! DIVAラストシングルは4位! | トップページ | 関ジャニ、モー娘、三代目JSB…TOP3オール初動10万枚超え!! »

2014年11月22日 (土)

山下智久が3年8ヵ月ぶりアルバム首位! May J.は自身初の初登場TOP3入り!

また更新が停滞気味になっており、ごめんなさい。。

この三連休で記事を書き溜めようと思います。

 

さて、本日もチャートチェックを進めます。

前回記事で2014/10/20付シングルランキングを見終わったので、本日はアルバムランキングを見ていきます。

 
前週のTOP3は、
 
第1位 GOLD SYMPHONY -AAA
第2位 Viva The World! -ナオト・インティライミ
第3位 TRAD -竹内まりや
 
でした。
 
上位に残る作品はあるのでしょうか。
 
では、さっそく…
 
 
2014/10/20付オリコンウィークリーアルバムランキング、第1位はこの作品!
 
 
第1位 YOU -山下智久
 
20141015yamap
 
山下智久のソロ4作目のオリジナルフルアルバムが初登場で首位を獲得。
 
ソロでのアルバム首位は、2011年の1stソロアルバム『SUPERGOOD, SUPERBAD』で記録して以来、約3年8ヵ月ぶり
 
なお、首位はこれが2作目で、ソロではかなり首位を逃している。
 
 
初動売上は4.6万枚
 
前作はミニアルバム『遊』で初動は2.5万枚だったので、上昇。
 
ただ、ミニアルバムでのダウンは仕方なく、フルアルバムと比較すると2013年9月『A NUDE』の初動6.3万枚からダウン。
 
 
今作は先行リリースシングルなしでのアルバムとなっており、これは自身初。
 
普段以上にコアな固定ファンしか手に取らない状態だったと思われる。
 
 
リリース形態は一般流通で【CD+DVD】が2種と【CDのみ】が1種で計3種。
 
また、特殊販路商品で【山下智久SHOP限定盤】が1種あって、合計4種リリース
 
 
DVDの内容は異なり、【CDのみ】と【山下智久SHOP限定盤】にはそれぞれ異なる新曲を追加しているため、全音源・映像をコンプするには4種すべて買わなくてはならない、複数買い促進商法
 
 
また、9月にリリースされているDVD/Blu-rayとの連動施策が組まれており、今作にもそれぞれポイントが設定されている。
 
DVD/Blu-rayは1形態ごとに300ポイント、今作はすべて200ポイント。
 
 
購入枚数(ポイント)に応じて、プレゼントが用意されており、1000ポイント貯めると「オリジナルデザインネックレス」に応募できる。
 
必ず当たるわけではなく、アイテムを大量に買って、1000ポイント集めても空振りで終わることもある鬼仕様。
 
なお、300ポイントならクリアファイル。
 
 
この施策によって、多くのファンが大量購入していると思われるが、それでも数字ダウンを食い止めることはできなかった。
 
 
サウンドスキャンでは【CD+DVD】2種が1.4万枚と0.9万枚、【CDのみ】が0.8万枚で計3.1万枚。
 
オリコンとの乖離は1.5万枚で、【山下智久SHOP限定盤】が未集計になっているためと思われる。
 
なお、4形態に売上が分散したことで、サウンドスキャンでは1位を逃している。
  
 
 
第2位 機動戦士ガンダムUC COMPLETE BEST -Various Artists
 
51w89hagugl
 
アニメ「機動戦士ガンダムUC」の主題歌集が初登場で2位にランクイン。
 
 
初動売上は2.0万枚
 
参加アーティストは栗山千明、Kylee、Aimer、CHEMISTRY、BOOM BOOM SATELLITESなど。
 
それほどセールスパワーの高いアーティストは参加していない。
 
なお、収録曲で最高位を記録したのはAimerの「StarRingChild EP」。
 
初動1.8万枚で週間3位を記録していた。それと近しい同じ数字に。
 
 
 
リリース形態はCD1種リリース
 
ステッカー8枚セット、高橋久美子描き下ろしイラスト三方背スリーブ、スペシャルブックレットが封入・施されたパッケージとなっている。
 
 
それぞれのアーティストの固定ファンが動いているとは思えず、ほぼこのアニメのファンが音源目当てというよりは「ガンダムUC関連アイテム」のひとつとして手に取っていると思われる。
 
サウンドスキャンでは他の作品が複数商法で売上が分散された関係で、首位を獲得。
 
売上は2.2万枚でオリコンとの乖離は小さめ。
 
 
 
 
第3位 Imperfection -May J.
 
4988064596867
 
May J.の7作目のオリジナルアルバムが初登場で3位にランクイン。
 
2ndアルバム『FAMILY』で記録した4位を上回り、自身初のTOP3入りを達成。
 
また、カバーアルバムでは週間2位まで記録したがあるが、ロングヒットで発売2週目以降に記録したことしかなかったため、初登場でのTOP3入りは自身初となった。
 
 
 
初動売上は1.7万枚
 
カバーアルバムだった前作『Heartful Song Covers』の初動2.9万枚からダウン。
 
オリジナルアルバムは約1年10ヵ月ぶりで、前作『Brave』の初動0.3万枚からは大幅上昇。
 
 
先行シングル「本当の恋」の初動1.6万枚とほぼ同じ数字。
 
「アナ雪」効果で多少の固定ファンは増やしたようだが、アルバム待ちのライトなファンはほとんどいない様子。
 
オリジナルアルバムとしては、一気に数字を伸ばしたものの、カバーアルバムと比べるとまだまだ低く、「カバー歌手」のイメージを払拭するのはなかなか難しそうだ。
 
 
 
リリース形態は【CD+2DVD】、【CD+Blu-ray】、【CDのみ】で3種リリース
 
DVDとBlu-rayの収録内容は同じなので、内容は上位互換で複数買い促進ではない。
 
熱狂的な固定ファンがついていないので、この売り方で正解と思われる。
 
 
サウンドスキャンでは【CD+2DVD】が0.9万枚、【CDのみ】が0.4万枚で計1.3万枚。
 
TOP20圏外に【CD+Blu-ray】もランクインしていると想定するとオリコンとの乖離はほとんどない。
 
 
声優系アーティストあたりはDVD付とBlu-ray付を出すとBlu-ray付のほうが高くなるが、ファン層の違いでDVDとBlu-rayの普及度合いも違うということか。
 
 
 
以下、ピックアップ。
 
第5位 プランC -Cocco
 
News_thumb_cocco_planc_jk
 
女性シンガーソングライター、Coccoの8作目のオリジナルフルアルバムが初登場で5位にランクイン。
 
初動売上は0.9万枚。前作はミニアルバム『パ・ド・ブレ』の初動0.7万枚から上昇。
フルアルバムは2010年の『エメラルド』以来、約4年2ヶ月ぶり。
 
かなりのリリース間隔が開いたことで、多くのファンが離れたしまったようで、前作の1万割れはミニアルバムだからいうことではなく、固定ファン激減によるものだった様子。
 
 
 
リリース形態は【CD+DVD+写真集】、【CD+DVD】、【CDのみ】で3種リリース
 
内容は上位互換なので、1枚買えば事足りる仕様となっている。
  
 
サウンドスキャンでは【CD+DVD+写真集】が0.5万枚、【CD+DVD】が0.3万枚で計0.8万枚。
 
オリコンとの乖離はほぼなし。
 
 
 
~Today's Yasai Reccomend~
Melody (from「足音 ~Be Strong」) by Mr.Children

« 乃木坂46が自己最高初動で首位! DIVAラストシングルは4位! | トップページ | 関ジャニ、モー娘、三代目JSB…TOP3オール初動10万枚超え!! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 乃木坂46が自己最高初動で首位! DIVAラストシングルは4位! | トップページ | 関ジャニ、モー娘、三代目JSB…TOP3オール初動10万枚超え!! »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

-天気予報コム-
無料ブログはココログ