Twitter

  • 私服ツイート

« AAA、オリジナルAL最高初動で首位! プリンスが約17年10ヵ月ぶりのTOP10入り! | トップページ | 乃木坂46が自己最高初動で首位! DIVAラストシングルは4位! »

2014年11月 8日 (土)

2014年11月新譜チェック~ミスチル対Sexy Zone勃発!? AKB48は初動ミリオンなるか!~

ついに11月。
 
泣いても笑っても、2014年はあと2ヶ月。
 
 
そして、年末突入です。
 
年末はショーレースもあることで、リリースラッシュになるのが恒例。
 
今年もチャートは盛り上がりそうです。
 
 
 
ということで、本日は11月の新譜チェックです。
 
皆さんがひとつでも気になる新譜を見つけるきっかけになりますように。。
 
 
太字はその週の1位獲得本命曲。赤文字は管理人の個人的な注目曲です。
 
いつもどおり、発表される全作品は確認不可なのでメジャーなアーティスト中心となります。
 
 
それでは、Let's check!
 
 
11/5
  • らしくない - NMB48
  • Time Works Wonders - 東方神起
  • ハイタテキ! - 私立恵比寿中学
  • ワン・ウーマン・ショー~甘い幻~ - ポルノグラフィティ
  • きみ/ひとつ - 遊助
  • Never Ending Story - CODE-V
  • 百八円の恋 - クリープハイプ
  • ダーリン - dream
  • 笑顔の理由。/GIRIGIRI - Sonar Pocket
  • センセーション・シグナル - ぐるたみん
  • Shalala Ring - NU'EST
  • Enigmatic Feeling - 凛として時雨
11/12
  • 鍵のない箱 - KinKi Kids
  • あたしの向こう - aiko
  • BRIGHTER DAY - 安室奈美恵
  • 秋風のアンサー - Flower
  • 永久の歌/ロマンスを語って - Berryz工房
  • 希望の環(WA)/月食~winter moon~ - miwa
  • キミはどう? - BEAST
  • BREAK IT! - 宮野真守
  • ツナガルオモイ - 藍井エイル
  • GOLDEN GIRL - いきものがかり
  • SNOW SMILE - 清水翔太
  • ポートレイト - 豊崎愛生
  • 愛があるから!! - でんぱ組.inc×gdgd妖精s
  • ミラクル☆パラダイス - i☆Ris
11/19
  • 足音~Be Strong - Mr.Children
  • 君にHITOMEBORE - Sexy Zone
  • 愛をからだに吹き込んで - Superfly
  • Danger-Japanese Ver.- - 防弾少年団
  • Seek A Light - Happiness
  • I miss you/THE FUTURE - ℃-ute
  • Image - SCANDAL
  • Fallen - EGOIST
  • パラボラヴァ - スキマスイッチ
  • Silly - 家入レオ
  • believe - Kalafina
  • Fall - 槇原敬之
  • クリスマス・クワイア - ゴスペラーズ
  • キミノミライ - ROOT FIVE
  • ふたりで歩けば - 山崎あおい
  • Empty song - GRAPEVINE
  • CRY OUT - SuG
  • クリスマス・イブ (2014 Version) - 山下達郎
11/26
  • 希望的リフレイン - AKB48
  • Mr.Snowman - E-girls
  • でんぱーりーナイト - でんぱ組.inc
  • ジャポネスク×ロマネスク - アフィリア・サーガ
  • シルエット - KANA-BOON
  • サンキュー。 - 大原櫻子
  • 7-seven- - FLOW×GRANRODEO
  • 虎虎タイガー!! - ベイビーレイズ
  • ビバ!乙女の大冒険っ!! - 乙女新党
 
ざっとこんなラインナップ。
 
昨年の11月に比べると、リリース数は少ないですが、それでも特に2週目、3週目はチャート上位混戦必至。
 
 
では、週ごとの見どころチェックです。
 
  
まず、すでに開戦している1週目
 
首位筆頭はNMB48「らしくない」で決定。約8ヶ月ぶり、久々のCDシングル。
 
 
ただ、売上ペースは前作を下回っており、デイリー3日消化時点で累計34.7万枚。
 
まだ前作の初日売上36.9万枚にも及んでいない。
 
最終的にどこまで伸ばすことができるのか、注目。
 
 
また、同発には東方神起がスタンバイ。
 
1位、2位の初動10万超え達成は堅いだろう。
 
 
 
続いて、2週目にはKinKi Kidsの2014年初のシングルが登場。
 
前作「まだ涙にならない悲しみが/恋は匂へと散りぬるを」ではデビュー以来はじめて3種リリース(DVD2種)で勝負して数字を伸ばし、初動17.8万枚だった。
 
 
前作での成功で味をしめたか、今作もDVDを2種用意して3種リリース。
 
ただ、今回は両A面ではないため、MVの別Verで対応。
 
ジャニーズファンが映像に食い付きがいいのは周知の事実だが、前作並みの勢いを見せることはできるか、注目である。 
 
 
さらに2週目には、aikoや安室奈美恵、Flower、Berryz工房のラストシングルなどがスタンバイ。
 
この4者はすべて前作の初動が3~4万ラインなので、2位争いが激化する可能性あり。
 
なお、aikoと安室奈美恵は前作も同日のリリースだったが、そのときは安室奈美恵に軍配が上がっている。
 
 
 
 
そして、今月いちばんの注目週、3週目
 
ここではMr.Childrenの2年7か月ぶりのシングルが登場。
 
さらに、先日新体制を発表したジャニーズのアイドルグループ、Sexy Zoneも登場。
 
 
Mr.Childrenと若手ジャニーズが同日リリースとなることは非常に稀で、ミスチルが破れるのでは…と話題となっている。
 
なお、2001年の「優しい歌」が当時若手だった慎吾ママとぶつかって以来と思われる。
 
 
前作成績は、Mr.Childrenの前作「祈り~涙の軌道/End of the day/pieces」が初動17.4万枚
 
一方、Sexy Zoneの前作「男 never give up」が初動12.5万枚
 
 
これだけ見ればミスチルに軍配があがりそうだが、ミスチルには大きなリリース間隔がある。
 
前作は3年7か月ぶりのシングルだったが、そのときは前々作「HANABI」の初動26.0万枚から-8.6万枚と大幅減になっていた。(ただし、タイアップの違いもある)
 
  
今回も2年7か月というリリース間隔が空いており、CD市場の縮小もあるため、数万レベルで数字を落とす可能性がある。
 
なお、ミスチルは前作と同じく音楽一本勝負で、映像特典無しのCD1種リリースとなっている。
 
 
 
一方、Sexy Zoneは前作から商法を強化。
 
(前作)
【CD+DVD】が3種+【CDのみ】が1種+【イベント会場限定盤】が1種+【Sexy Zone Shop限定盤】が2種=7種リリース
 
(今作)
【CD+DVD】が4種+【CDのみ】が1種+【Sexy Zone Shop限定盤】が3種+【ミュージックカード】が2種=10種リリース(3種増)
 
 
デビュー以来初の【ミュージックカード】もリリースし、ミスチルとの対決に備えている。
 
 
KinKi Kidsの箇所でも書いたとおり、ジャニーズファンの映像に対する食いつきはかなり強いため、【CD+DVD】が1種増えているだけでも、大きく売上増となるはず。
 
そこに、先日V6の初動を持ち上げたと思われる【ミュージックカード】も投入ということで、前作から一気に数字を伸ばしてくる可能性が高い。
 
 
 
 
仮に、パッケージ数の増加率(7種→10種≒1.43倍)を前作初動に乗じると、12.5万枚×1.43≒17.87万枚で、ミスチルの前作初動を上回ることになる。
 
ミスチルが上記理由で、前作初動を割ってしまうと想定すると勝負は接戦にならざるをえない。
 
 
なお、ミスチルが週間首位を逃すと、20年前の1994年「innocent world」から続いていた連続首位記録がついに途絶えることになる。
 
 
果たして、週間首位の座に立つのはどちらだろうか。大注目のカードである。
 
まずは初日売上に大きな注目が集まりそうだ。
 
 
 
 
そして、11月最終週の4週目
 
ここでは今なお日本最強のセールスパワーを誇るAKB48の2014年4作目のシングルがスタンバイ。
 
 
前作「心のプラカード」の初動は100.6万枚
 
2011年5月の「Everyday、カチューシャ」から17作連続の初動ミリオンとなったが、デイリー売上の合計ではミリオン達成できず、本当にギリギリの初動ミリオン達成だった。
 
 
運営側がセールスパワー逓減を感じていないわけがなく、今回はMVに歴代センターメンバーを総動員。
 
「次の足跡」というアルバムを出して、いきなりの前の足跡頼りだが、初動大幅回復はあるのだろうか。
 
連続初動ミリオン記録の達成にも注目したいところだ。
 
 
 
 
~Today's Yasai Reccomend~
おしゃかしゃま (from『アルトコロニーの定理』) by RADWIMPS
群青日和 (from『教育』) by 東京事変

« AAA、オリジナルAL最高初動で首位! プリンスが約17年10ヵ月ぶりのTOP10入り! | トップページ | 乃木坂46が自己最高初動で首位! DIVAラストシングルは4位! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« AAA、オリジナルAL最高初動で首位! プリンスが約17年10ヵ月ぶりのTOP10入り! | トップページ | 乃木坂46が自己最高初動で首位! DIVAラストシングルは4位! »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

-天気予報コム-
無料ブログはココログ