Twitter

  • 私服ツイート

« 関ジャニ、モー娘、三代目JSB…TOP3オール初動10万枚超え!! | トップページ | スリップノットが初の首位! 週間売上1万枚超えの作品はたった3作! »

2014年11月25日 (火)

セカオワ、前作初動超えで好調! 水樹奈々は通算20作目のTOP10入り!

本日もチャートチェックを進めます。

 

前回記事で2014/10/27付シングルランキングのTOP3を見終わりましたので、本日は4位以下をチェックしていきます。

 
 
では、さっそく…
 
 
2014/10/27付オリコンウィークリーシングルランキング、第4位はこの曲!
 
 
第4位 Dragon Night -SEKAI NO OWARI
 
519yc6oqkl
 
SEKAI NO OWARIのメジャー7作目のシングルが初登場で4位にランクイン。
 
これで5作連続、通算6作目のTOP10入り。
 
 
初動売上は8.5万枚。前作「炎と森のカーニバル」の初動6.6万枚から上昇。
 
前作から+2万枚と好調。
 
ただ、前々作「スノーマジックファンタジー」の初動10.0万枚には及ばず。
 
 
普通の週なら余裕でTOP3入り、それどころか1位も狙える数字だったが、リリースラッシュ週にぶつかってTOP3入りならず。
 
前作で大きく下げたものの、すぐに復調し、まだ人気過熱が続いていることをアピールするチャートアクションに。
 
 
リリース形態は【CD+ライヴCD】が2種と【CDのみ】が1種で計3種リリース
 
本編CDはすべて同じ内容だが、ライヴCDは2種で内容が異なっているため、2種買い促進の複数買い促進商法
 
前作ではDVD付が2種だったが、2種買い促進は変わりなし。
 
 
今回も【CDのみ】には「謎のDVD」が当たるスクラッチカードを封入というプレゼント施策あり。
 
ただ、その他にアイドルのようなイベントなどはなし。
 
 
複数買い促進商法を使ってはいるものの、バンド編成のアーティストの中ではトップクラスのセールスパワーである。
 
 
サウンドスキャンでは【CD+ライヴCD】が2種が4.2万枚と3.0万枚、【CDのみ】が1.4万枚で計8.6万枚。
 
【CDのみ】がある程度売れているのは、前述の施策のためと思われる。
特殊販路商品などはないので、オリコンとの乖離はほとんどなし。
 
 
 
第5位 禁断のレジスタンス -水樹奈々
 
News_header_mizukinana_jk
 
声優、水樹奈々の30作目のシングルが初登場で5位にランクイン。
 
これで19作連続、通算20作目のTOP10入り
 
 
初動売上は4.0万枚。前作「Vitalization」の初動6.2万枚からダウン。
 
「魔法少女リリカルなのは」タイアップで、自己最高初動を記録した前々作「BRIGHT STREAM」の初動は7.5万枚だった。
 
自己最高から一転、2作連続の初動ダウン
 
 
今回のアニメ「クロスアンジュ 天使と竜の輪舞」タイアップ。
 
前作はアニメ「戦姫絶唱シンフォギアG」タイアップだったが、今回のタイアップは効果低めだったか。
 
 
初動が4万台となるのは2009年の「夢幻」以来で、約5年ぶり。 
 
逆に、2010年以降はずっと5万枚以上を守ってきていたので、少々心配な結果である。  
 
次回作で復調することができるか注目したいところだ。
 
 
 
リリース形態は今回も魂のCD1種リリース
 
周りの声優勢がどれだけ複数商法やイベント商法に手を染めても、この人はブレず。
 
 
また、4万枚でも普通の週なら余裕でTOP3入りできる数字である。
 
 
サウンドスキャンでは3.8万枚。
 
特殊販路商品などはないので、オリコンとの乖離は小さい。
 
 
 
第6位 百花繚乱/疾走れ!ミライ -GLAY
 
1411138903
 
GLAYの51作目のシングルが初登場で6位にランクイン。
 
通算44作目のTOP10入りとなる。
 
なお、GLAYがシングルでTOP5を逃すのは、2011年11月の「My Private"Jealousy"」以来、約3年ぶり。
 
 
初動売上は3.7万枚。前作「BLEEZE ~G4・Ⅲ~」の初動4.5万枚からダウン。
 
なお、前々作は初動3.8万枚だったので、ほぼ同水準。
 
 
リリース形態は【CD+DVD】、【CDのみ】で2種リリース
 
前作はチャリティ作品が【LAWSON・ミニストップ・HMV限定盤】として1種あって、3種リリースだった。
 
数字ダウンはパッケージ減の影響が大きいと思われる。
 
 
なお、ECサイト「G-DIRECT」で今作を予約購入すると、CD予約者限定ライヴのチケット抽選エントリー用の「シリアルナンバー」が付与された。
 
固定ファンはこちらに流れていると思われる。
 
 
なお、上の水樹奈々同様、普通の週ならTOP3入りは狙える数字だったが、運が悪かった。
 
 
サウンドスキャンでは【CD+DVD】が2.1万枚でランクイン。
 
オリコンとの乖離が大きいのは、多くのファンが先述のライヴチケットエントリーのためにECサイトで購入したためと思われる。
 
  
  
以下、ピックアップ。
 
 
第9位 好き -西野カナ
 
51zv0qrfiil
 
西野カナの25作目のシングルが初登場で9位にランクイン。
 
これで4作連続、通算18作目のTOP10入り。
 
 
初動売上は1.6万枚。前作「Darling」の初動2.3万枚からダウン。
 
前々作の初動2.1万枚よりも低い。
 
 
ここ数年では最も低調なスタートなったが、一方、iTunesチャートでは1位を独走
 
配信で強いのは着うたの時代から一貫している。
 
  
リリース形態は【CD+DVD】、【CDのみ】で2種リリース
 
前作までと同じ売り方。
 
 
なお、今作は6分を超えるバラードで、前回初動が1万台になったときも壮大系のバラードだった。
 
ロングヒットした前作はカントリー調の軽めな楽曲で、その前のドラマ主題歌もアップテンポ。
 
意外と壮大系のバラードはウケが悪いのだろうか。
 
 
サウンドスキャンでは、【CD+DVD】が1.4万枚でランクイン。
 
TOP20圏外に【CDのみ】も入っていると想定するとオリコンとの乖離はほとんどない。
 
 
 
第10位 熱情のスペクトラム/涙がきえるなら -いきものがかり
 
41dmb3vve3l
 
いきものがかりの28作目のシングルが初登場で10位にランクイン。
 
これで23作連続のTOP10入り。
 
 
初動売上は1.6万枚。前作「ラブソングはとまらないよ」の初動1.6万枚と同水準。
 
 
リリース形態は魂のCD1種リリース
 
前々作でタイアップのポケモン盤を出したが、基本的にいつも1種で音楽一本勝負。
 
それゆえに「CDじゃなくてもいい」というファンも多そうで、上の西野カナ同様、配信市場では好調な推移を見せていた。
 
 
ただ、パッケージの方はこれより初動が下がるとTOP10落ちの可能性も増す。
 
なんとか1万台半ば~後半を保っておきたいところだ。  
 
 
サウンドスキャンでは1.5万枚。
 
オリコンとの乖離はほぼなし。
 
 
 
~Today's Yasai Reccomend~
未完成交響曲 (from『Nicheシンドローム』) by ONE OK ROCK

« 関ジャニ、モー娘、三代目JSB…TOP3オール初動10万枚超え!! | トップページ | スリップノットが初の首位! 週間売上1万枚超えの作品はたった3作! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 関ジャニ、モー娘、三代目JSB…TOP3オール初動10万枚超え!! | トップページ | スリップノットが初の首位! 週間売上1万枚超えの作品はたった3作! »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

-天気予報コム-
無料ブログはココログ