Twitter

  • 私服ツイート

« 2014年12月新譜チェック~SKE48&スジュ、復調なるか!~ | トップページ | 生YAZAWA! »

2014年12月14日 (日)

「妖怪ウォッチ」関連作が1位2位独占! Dream5は初の首位!

本日もコツコツとチャートチェックを進めます。

 

前々回の記事で2014/11/3付ランキングを見終わりましたので、本日からは11/10付ランキングに突入です。

 
まずはいつも通り、シングルランキングからチェック。
 
 
全集のTOP3は、
 
第1位 Sky's The Limit -V6
第2位 INCUBUS -Acid Black Cherry
第3位 AROUND THE WORLD -GOT7
 
でした。
 
 
上位をキープする作品はあるのでしょうか。
 
 
では、さっそく…
 
 
2014/11/10付オリコンウィークリーシングルランキング、第1位はこの曲!
 
 
第1位 ダン・ダン ドゥビ・ズバー! -Dream5+ブリー隊長
 
61uda93bwil_sy300_
 
5人組男女グループ、Dream5と「妖怪ウォッチ」のキャラクター「ブリー隊長」によるシングルが初登場で首位を獲得。
 
Dream5のこれまでの最高位は、2013年8月にシングル「We are Dreamer」で記録した7位で、首位は2009年11月のデビューから5年にして初
 
 
また、先述の通り、Dream5は16~18歳の男女混合グループ。
 
10代の男女混合グループによる首位は、1974年1月に「恋のダイヤル6700」で首位を記録したフィンガー5以来となり、約40年10ヵ月ぶり、史上2組目の快挙となった。
 
 
 
初動売上は6.6万枚
 
前作「Break Out/ようかい体操第一」の初動1.7万枚から4倍近くとなる大幅上昇。
 
 
今作はアニメ『妖怪ウォッチ』エンディングテーマとなっており、前作に続き、「妖怪ウォッチ」タイアップ。
 
今回ここまで数字が高騰したのは「妖怪ウォッチ」関連アイテムである「妖怪メダル」を付属したためと思われる。
 
 
この「妖怪メダル」については、以前「コロコロコミック」に付属されたことがあり、その際、「コロコロコミック」が猛烈な勢いで即完となり、その威力の凄まじさが話題となっていた。
 
今回もメダルに対するその勢いは凄まじかったようで、6万を超える初動を付ける結果となった。
 
 
 
 
リリース形態は【CD+DVD+メダル】、【CDのみ】で2種リリース
 
加えて、【MUSIC CARD】も13種リリースされているが、Dream5メンバーが絵柄になっているものだけで、「妖怪ウォッチ」仕様はなし。
 
 
サウンドスキャンでは、【CD+DVD+メダル】が3.3万枚で首位。
 
mu-moショップ等のECサイトでの売上が高いためか、オリコンとの乖離が大きい。
 
ここまで乖離が大きいのは謎。
 
 
【CDのみ】はTOP20圏外となっており、売上のほとんどがあくまでも「メダル目当て」であることがわかる。
 
楽曲支持による売上ではないのは明白で、また運営側もそこまで推していないのか、年末の音楽特番では前作「ようかい体操第一」が披露されていた。
 
 
なお、次回作で「妖怪メダル」付属および「妖怪」タイアップがなくなったら、またいつもの初動1万ラインに戻ると思われる。
 
 
 
第2位 祭り囃子でゲラゲラポー/初恋峠でゲラゲラポー -キング・クリームソーダ
 
619s27ekk5l_sy300_
 
男女3人組ユニットのキング・クリームソーダの2作目のシングルが初登場で2位にランクイン。
 
これで前作に続き、2作連続のTOP10入り。2位は自己最高位
 
 
同一アニメのタイアップ作品が1位2位を独占するのは、2010年5月にアニメ「けいおん!!」内のキャラクターによるバンド、放課後ティータイムが「GO!GO!MANIAC」と「Listen!!」で記録して以来、約4年6ヶ月ぶりとなった。
 
 
 
初動売上は6.1万枚。前作「ゲラゲラポーのうた」の初動2.2万枚から3倍近くとなる大幅上昇。
 
アニメ「妖怪ウォッチ」オープニング・テーマ。
 
1位のドリ5同様に、こちらも6万を超えるハイペースに。
 
 
リリース形態は【CD+DVD+メダル】が2種、【CD+DVD】が2種、【CDのみ】が1種で計5種リリース
 
1位のドリ5と異なり、こちらはメダルを2種用意しており、メダルで複数買いを助長している。
 
収録曲などはすべて統一だが、これは複数買い促進商法と言わざるを得ない。
 
 
 
サウンドスキャンでは、【CD+DVD+メダル】の2種が3.2万枚(2位)と2.2万枚(3位)で計5.4万枚
 
1位同様に、メダルが付属されたパッケージしかチャートインしておらず、こちらもあくまでも「メダル目当て」だということがわかる。
 
なお、こちらはオリコンとの乖離は小さい。
 
 
 
メダルのことをとやかく言いたい人はいるかもしれないが、グッズを付けるなんてことはいまや大御所でもやっていて、当たり前化していること。
 
そのメダルがこれだけの需要を持っていることがポイントであって、1位2位独占は2014年の妖怪旋風を象徴する結果だといえる。
 
どこまでこの勢いが続くのか、来年も注目である。
 
 
 
 
第3位 Precious Love -EXILE ATSUSHI
 
Preciousloveexileatsushi
  
EXILE ATSUSHIのソロ6作目のシングルが初登場で3位にランクイン。
 
これで4作連続のTOP10入り。 
 
 
初動売上は4.2万枚。前作「青い龍」の初動3.5万枚から上昇。
 
リクルート「ゼクシィ」CMソング。
 
楽曲が王道バラードであり、タイアップ効果もあったのか、CD売上は1万枚足らずの上昇にとどまったが、iTunesをはじめとした配信ランキングでは首位も獲得して、前作より遥かに高い勢いを見せていた。
 
 
リリース形態は【CD+DVD】、【CDのみ】で2種リリース
 
CDの内容は統一なので、1枚買えば事足りる仕様。
 
 
また、「EX FAMILY OFFICIAL/CD・DVD SHOP」と「LDH official mobile CD/DVD SHOP」限定で【MUSIC CARD】3種もリリースされている。
 
 
サウンドスキャンでは、【CD+DVD】が1.4万枚、【CDのみ】が0.3万枚で計1.7万枚
 
オリコンとの乖離が大きく、2.5万枚ほど差がある。
 
「EX FAMILY OFFICIAL/CD・DVD SHOP」、「LDH official mobile CD/DVD SHOP」等のECサイトでの売上が大きいためと思われる。 
 
 
 
~Today's Yasai Reccomend~
大丈夫 (from『一つになれないなら、せめて二つだけでいよう』) by クリープハイプ

« 2014年12月新譜チェック~SKE48&スジュ、復調なるか!~ | トップページ | 生YAZAWA! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 2014年12月新譜チェック~SKE48&スジュ、復調なるか!~ | トップページ | 生YAZAWA! »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

-天気予報コム-
無料ブログはココログ