Twitter

  • 私服ツイート

« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »

2014年12月の記事

2014年12月31日 (水)

さよなら2014年

2014年も残すところあと数分。

 
 
今年も引き続き、人事でしたが、やることが変わって、また、職場が移転したことで自分も引っ越してみて。
 
環境が変わっていろいろと刺激を受けた一年でした。
 
 
ブログの更新頻度はなかなか上げられず、もどかしい気持ちがありましたが、来年もコツコツと頑張ります。
 
チャートブログがどんどんなくなる中で、しぶとくやっていきまっせ。
 
 
ということで、2014年も大変お世話になりました。
来年2015年、たくさんの音楽が世界を幸せにしてくれますように…。
 
 
======================================
 
 同じ過ち 僕等は繰り返し
 結局誰も 解けない宿題
 
 ねぇ 神様
 あなたは何人いて 一体誰が本物なの?
 僕にだけこっそり教えてよ
 
 もし優しさが 意味を無くして
 あらゆる人が 武器を取るなら
 
 ねぇ 神様
 僕を握り潰して そっと火を付けてくれないかなぁ
 煙になって 願いを空へと届けるから
 
僕等の前にもう少しだけ 楽しい未来が降るように
 あなたの前にもう少しだけ 無邪気な笑顔が降るように
 今日よりも 現在よりも
 
 君は拳を 堅く握って
 だけど誰にも 振り下ろせはしない
 
 ねぇ 神様
 僕等に課せられてる そんな使命があるとしたら
 進化むこと? それとも総てを終わらすこと?
 
 僕等の前にもう少しだけ まともな世界が降るように
 あなたの前にもう少しだけ 嬉しい知らせが降るように
 今日よりも 現在よりも
 
 毎月決まった日 振り込まれてくるお給料のように
 平和はもう僕等の前に 当たり前に存在はしてくれないけど
 
 毎月決まった日 振り込まれてくるサラリーのように
 平和はもう僕等の前に 当たり前に存在はしてくれないけど
 
 今年ことはきっとあなたに
 たくさんのいいことがありますように
 
 あなたの前に優しい声が響くように
 今年こそはきっとあなたに
 
 たくさんのいいことがありますように 
 今年こそはきっと世界に
 
 たくさんのいいことがありますように
 さよなら2014年
 
『さよなら2001年』 by Mr.Children

Dreamが自己最高位記録! アプガは初のTOP10入り!

ついに大晦日です。

 

大晦日はオール明けで、起きたらもう午前が終わっていました。

 

2014年ラストデイですが、切りのいいところまでチャートチェックを進めます。

前回記事で2014/11/17付シングルランキングのTOP3を見終わりましたので、本日は4位以降をチェックしていきます。

 
 
では、さっそく…
 
 
2014/11/17付オリコンウィークリーシングルランキング、第4位はこの曲!
 
 
第4位 ダーリン -Dream
 
37285572
 
E-girlsとしても活動する女性ダンスボーカルグループ、Dreamの4人体制となって2作目のシングルが初登場で4位にランクイン。
 
もともとは2000年デビューのグループが土台だが、2000年から通算して、4位は自己最高位となる。
 
 
 
初動売上は2.5万枚。前作「Only You」の初動2.1万枚から上昇。
 
今作は本人出演のリクルート「ゼクシィ」CMソング。
 
ただ、タイアップ効果はそれほど大きくないと思われ、商法の変化による上昇と思われる。
 
 
 
リリース形態は一般流通で【CD+DVD】、【CDのみ】の2種。
 
特殊販路商品で【LDHモバイル/イベントライブ会場限定(ワンコイン盤)】が1種あって、計3種リリース
 
CDの収録内容はインストの有無だけで他は共通なので、複数買い促進にはなっていない。
 
 
ただ、【MUSIC CARD】も5種リリースされており、パッケージと合わせると、合計8種リリースということになる。
 
前作では【MUSIC CARD】は1種だったので、パッケージは増えている。
 
 
イベント商法も活発で、リリース前から「予約取り」イベントを東京だけでなく京都や群馬など日本各地で大量に開催。
 
CD1枚予約するごとに「握手券」付与で、安価な【MUSIC CARD】もCDと同じように扱われている。
 
このイベントでかなりの売上を稼いでいるのは間違いない。
 
 
 
サウンドスキャンでは前作と同じく、1種もランクインできず。
 
イベント目当てで安価な【ワンコイン盤】や【MUSIC CARD】に売上が集中し、それらがすべて未集計になったためと思われる。
 
 
 
第5位 ワン・ウーマン・ショー ~甘い幻~ -ポルノグラフィティ
 
612lwiion9l
 
ポルノグラフィティの41作目のシングルが初登場で5位にランクイン。
 
これが通算40作目のTOP10入りとなる。
 
 
初動売上は2.1万枚。前作「俺たちのセレブレーション」の初動2.5万枚からダウン。
 
ブレイク後としては、自己最低のペースになっており、2万台もギリギリに。
 
 
アニメタイアップ等で浮上することはあっても、自力での3万台復活はもう難しいかもしれない。
 
 
リリース形態は【CD+DVD】、【CDのみ】で2種リリース
 
CDの内容は同じなので、1枚買えば事足りる仕様。
 
 
サウンドスキャンでは【CD+DVD】が2.1万枚でランクイン。
 
【CDのみ】はほとんど出ていないようで、また、アイドル的なことは全くしていないので、オリコンとの乖離はほとんどない。
 
 
 
第6位 きみ/ひとつ -遊助
 
41czqjq5atl_sx300_
 
遊助の17作目のシングルが初登場で6位にランクイン。
 
これで17作連続のTOP10入りとなる。
 
 
初動売上は1.9万枚。前作「Sunshine/メガV(メガボルト)」の初動1.8万枚から微増。
 
前々作の初動2.2万枚には及ばす。
 
 
前作でついに初動が1万台になっていたが、ここでなんとか下げ止まり。
 
 
リリース形態は【CD+DVD】が2種と【CDのみ】が1種で計3種リリース
 
【CDのみ】にだけ新曲追加で、3種買い促進の複数買い促進商法
 
商法は変わらず。
 
 
サウンドスキャンでは【CD+DVD】2種が0.7万枚、0.5万枚、【CDのみ】が0.5万枚で計1.7万枚
 
特殊販路商品などはないので、オリコンとの乖離はないが、売上はみごとに3種に分散されている。
 
 
 
第7位 Beautiful Dreamer/全力!Pump Up!!-ULTRA Mix-/イタダキを目指せ!  -アップアップガールズ(仮)
 
61wt6f0qwyl_sy300_
 
女性アイドルユニット・アップアップガールズ(仮)のシングルが初登場で7位にランクイン。
 
シングル・アルバムを通じて、初のTOP10入り
 
 
もともとはハロプロ出身だが、現在はハロプロ未所属で、かつインディーズとなっている。
 
 
初動売上は1.5万枚
 
前作「全力!Pump UP!!/このメロディを君と」の初動0.3万枚から大上昇。
 
自己最高初動を大幅に更新。
 
 
 
リリース形態は【CD+DVD】、【CDのみ】が通常盤と限定盤で2種あって計3種リリース
 
限定盤の【CDのみ】にだけリミックス音源を収録しており、2種買い促進の複数買い促進商法
 
 
もちろんイベント商法も組まれており、各地のタワーレコードでミニライブ&特典会を開催。
 
基本的に、CD1枚購入するたびに「特典券」を1枚付与。
 
タワレコHPに札幌店でのイベント情報で、「特典券」の使用例なるものが掲載されていたので、そちらを転載。
 
 
≪特典券使用例≫
特典券1枚→握手会1回
特典券2枚→アップアップガールズ(仮)特典BOXにご参加
特典券3枚→握手会3回 or 握手会1回 + アップアップガールズ(仮)特典BOXにご参加
特典券4枚→握手会4回 or アップアップガールズ(仮)特典BOXに2回ご参加 or 握手会2回 + アップアップガールズ(仮)特典BOXに1回ご参加
特典券5枚→握手会5回 or 握手会1回 + アップアップガールズ(仮)特典BOXに2回ご参加 or ご希望のメンバーとの2ショットチェキ会1回
 
 
なんだかよくわからないと思うが、とりあえず、握手会と特典BOX、2ショットチェキ会というイベントがパラレルで開催されているため、「特典券」が大量に必要になることはわかるだろう。
 
店舗によって「握手会」だけだったところもあるようだが、握手会だけでも何ループもするファンが多いと思われ、大量購入しているファンが多いのは変わらない。
 
今回の初動上昇はイベントの強度が大きく上がったためと見て良さそうで、ファンのひとりあたりの購入枚数は計り知れない
 
 
 
サウンドスキャンでは、通常盤の【CDのみ】が1.7万枚。
 
どのCDでも同じ「特典券」を付与のため、売上のほとんどが最も安価な【CDのみ】に偏っており、イベント参加のために大量購入が行われたことがよくわかる結果になっている。
 
 
第8位 Enigmatic Feeling -凛として時雨
 
40655andltahrefhttpwwwjpogr35
 
3ピースロックバンド、凛として時雨の4作目のシングルが初登場で8位にランクイン。
 
これで2作連続のTOP10入り。
 
8位は自己最高位タイとなる。
 
 
初動売上は1.2万枚。前作「abnormalize」の初動1.7万枚からダウン。
 
アニメ「PSYCHO-PASS サイコパス 2」オープニング・テーマ。
 
前作も同じく「サイコパス」タイアップだったので、連続での起用ということになる。
 
 
 
リリース形態は【CD+DVD】、【CDのみ】で2種リリース
 
【CD+DVD】にだけTVサイズを収録しているが、内容は上位互換なので、複数買いを助長するものではない。
 
 
ソニー系ということで、アニメとの連携ができるのは強み。
 
アニメ専属みたいな立ち位置でやっていけば、チャート上位の常連になれるかもしれない。
 
 
サウンドスキャンでは【CD+DVD】が1.1万枚でランクイン。
 
オリコンとの乖離はほとんどなし。
 
 
~Today's Yasai Reccomend~
R.Y.U.S.E.I. (from「R.Y.U.S.E.I.」) by 三代目 J Soul Brothers

2014年12月28日 (日)

NMB48、前作初動超えで首位! 東方神起は海外アーティスト歴代1位記録樹立!

日付変わって、今年も残すところついに4日。

 

務めている会社は29日(月)が仕事納めということもあり、まだ戦いの途中。

なので、年末感があまりなく、ふとカレンダーを見て驚愕です。

 

なお、年明けの記事からは「Yasai Reccomends 2014」と称して、管理人の2014年プッシュ曲を紹介する予定です。

そちらも覗いていただけると幸いです。

 

 

さて、本日もチャートチェックを進めます。

 

前回記事で2014/11/10付ランキングを見終わりましたので、本日からは11/17付ランキングに突入です。

 
まずはいつもどおり、シングルランキングから見ていきます。
 
 
前週のTOP3は、
 
第1位 ダン・ダン ドゥビ・ズバー! -Dream5+ブリー隊長
第2位 祭り囃子でゲラゲラポー/初恋峠でゲラゲラポー -キング・クリームソーダ
第3位 Precious Love -EXILE ATSUSHI
 
でした。
 
 
2014/11/17付オリコンウィークリーシングルランキング、第1位はこの曲!
 
 
第1位 らしくない -NMB48
 
07fdbdc6
 
大阪の難波を拠点に活動するAKB48の姉妹グループ、NMB48の10作目のシングルが初登場で首位を獲得。
 
これで6作連続、通算9作目の首位獲得となる。
 
 
初動売上は42.0万枚!
 
前作「高嶺の林檎」の初動40.7万枚から上昇。
 
前々作「カモネギックス」の初動37.5万枚よりも高く、これで2作連続の初動上昇
 
 
今作ではNMBの顔である山本彩と渡辺美優紀ではなく、白間美瑠と矢倉楓子が初センターを務めた。
 
センターが誰なのかは特に売上には影響なかった様子。
 
 
リリース形態は一般流通が【CD+DVD】3種と、「キャラアニ」限定発売の【劇場盤】が1種で計4種リリース
 
CDすべて収録内容が異なる、4種買い促進の複数買い促進商法
 
 
一般流通3種に「イベント参加券」を封入、【劇場盤】には「個別握手会参加券」を封入するオーソドックスなAKB商法。
 
 
サウンドスキャンでは、【CD+DVD】が2.8万枚、2.5万枚、2.2万枚で計7.5万枚
 
オリコンとの乖離は34.5万枚。
 
これがほぼ【劇場盤】の売上と思われる。
 
 
 
 
第2位 Time Works Wonders -東方神起
 
61fdz8bt52l_2
 
東方神起の42作目のシングルが初登場で2位にランクイン。
 
今作のランクインでランクインシングルは計43作となり、シングル総売上枚数は408.8万枚となり、アグネス・チャンの401.0万枚を上回って、海外アーティスト歴代1位となった
 
なお、東方神起は他にも海外アーティスト記録を持っており、「シングル通算TOP10獲得数」、「シングル通算首位獲得数」、「シングル初動売上記録」と続いて、今回で4冠目となった。
 
 
初動売上は10.7万枚。前作「Sweat/Answer」の初動11.9万枚からダウン。
 
前々作「Hide & Seek/Something」の初動10.7万枚と同水準。
 
 
リリース形態は一般流通で【CD+DVD】、【CDのみ】の2種。
 
これにECサイト限定の【ファンクラブ盤】が1種あって、計3種リリース
 
 
【CDのみ】にだけリミックス音源を追加収録。
 
【ファンクラブ盤】にだけ「+CD EXTRA」でオフショット映像を収録しており、3種買い促進の複数買い促進商法
 
 
商法は基本ずっと変わらず。
 
2013年夏頃までは13~14万枚で安定していたので、そこから比べると少しセールスパワーが下がっている様子。
 
 
とはいえ、週を選べば確実に首位を獲得できる高い数字で、韓国系の中ではやはりトップクラスである。
 
2015年も10万台をキープしていけるか注目だ。
 
サウンドスキャンでは【CD+DVD】が3.6万枚、【CDのみ】が0.7万枚で計4.3万枚
 
オリコンとの乖離6.4万枚は【ファンクラブ盤】の売上が高いのと、mu-moショップなどのECサイトでの売上が高く、それが未集計になっているためと思われる。
 
 
 
第3位 ハイタテキ! -私立恵比寿中学
 
Dfcl2093_2
 
ももいろクローバーの妹分グループ、私立恵比寿中学のメジャー7作目のシングルが初登場で3位にランクイン。
 
これで7作連続のTOP10入り。
 
なお、3位は自己最高位タイ
 
 
初動売上は5.9万枚。前作「バタフライエフェクト」の初動5.4万枚から上昇。
 
前々作が初動4.6万枚で自己最高だったが、そこからさらに連続で初動を上げて、これで3作連続で自己最高初動を更新している。
 
 
ドラマ「甲殻不動戦記 ロボサン」の主題歌となっているが、タイアップ効果による上昇ではなさそう。
 
 
リリース形態は【CD+DVD】が1種と【CDのみ】が2種で計3種リリース
 
【CDのみ】にはそれぞれ異なるカップリング曲を収録しているので、3種買い促進の複数買い促進商法
 
 
アイドルということで、イベント商法がもちろん組まれており、ECサイト「forTUNE music」で【CDのみ】を購入すると「個別握手会参加券」を付与。
 
AKB商法でファン一人あたりの購入枚数を大幅増させているのは確実。
 
 
サウンドスキャンでは、【CDのみ】の1種が0.6万枚でランクインしたのみ。
 
オリコンとの乖離は5.3万枚で、売上のほとんどがサウンドスキャンでは計上されていないといっていいレベル。
 
 
「握手会」目的によるECサイト売上が大半で、一般店舗での売上はほとんどない様子。
 
AKB商法の威力がどれだけ強力かがわかる結果に。
 
 
 
~Today's Yasai Reccomend~
神様 (from『実』) by FLOWER FLOWER

2014年12月23日 (火)

D-LITEが初の首位獲得! ゲス乙女は初のアルバムTOP10入り!

前回記事で、2014/11/10付シングルランキングを見終わりましたので、本日はアルバムランキングを見ていきます。

 
前週のTOP3は、
 
第1位 THE DIGITALIAN -嵐
第2位 THE BEST OF DETECTIVE CONAN 5~名探偵コナン テーマ曲集 5~ -Various Artists
第3位 Songs Of Innocence -U2
 
でした。 
 
上位を守る作品はあるのでしょうか。
 
では、さっそく…
 
 
2014/11/10付オリコンウィークリーアルバムランキング、第1位はこの作品!
 
 
第1位 でぃらいと -D-LITE(from BIGBANG)
 
F541a9f2f492a7
 
韓国の男性グループ、BIGBANGのD-LITEのソロミニアルバムが初登場で首位を獲得。
 
これまでソロアルバムは2作出ているが、2作とも2位が最高位だったので、ソロアルバムの首位は初となる。
 
 
 
初動売上は6.8万枚
 
オリジナルアルバムだった前作『D'slove』の初動3.8万枚から+3万枚となる大幅上昇。 
 
 
今作は「宴会企画ミニアルバム」と銘打たれている企画盤
 
一般的に、企画盤の売上はオリジナルを下回ることが通例で、今作の初動が不自然に高騰したのには商法上でのからくりが。
 
 
今作のリリース形態は【CD+DVD+GOODS(パジャマ)】、【CD+DVD】、【CDのみ】で3種リリース
 
CDとDVDの内容は上位互換なので、1枚買えば事足りる仕様。
 
 
ただ、今回はパッケージに加えて、【MUSIC CARD】を10形態リリース
 
この【MUSIC CARD】でイベント商法を仕掛けており、【MUSIC CARD 5形態同時購入セット】を販売。
 
このセットを購入することでのみ、先着で「ミニLIVE&トーク+サインEVENT」に参加可能。
 
 
先着ということで、ファンは我先にと予約に走ったのは間違いない。
 
かつ、V6の一件からチャートファンの間で話題になっているが、オリコン上では【MUSIC CARD】1枚はCD1枚と同じように集計されていると思われる。
 
 
 
その証拠として、今作のデイリー推移が不自然で、デイリー初日の火曜付こそ首位だったものの、水曜付では一気に20位まで急降下。
 
それ以降も低調な推移が続いており、つまり、週間売上のほとんどがデイリー初日(MUSIC CARD予約分)に計上されたためである。
 
今回ここまで初動が高騰したのは「MUSIC CARD×イベント」の効果が炸裂したためと考えていいだろう。
 
 
パッケージも合わせると多くのファンの1人あたり購入枚数は最低6枚といったところか。
 
それにしても、【MUSIC CARD】のオリコン集計上での最強具合が半端ない
 
 
オリコン側がルールを立て直さないなら、そこを攻めて、勝利を勝ち取るという流れは自然なので、D-LITE側に何も否はない。
 
 
なお、補足すると、さらにイベント施策として、3種すべてに「シリアルアクセスコード」が封入されており、「BIGBANG JAPAN DOME TOUR 2014~2015」に絡めたイベントや特典に応募可能。
 
「D-LITE」ソロではなく「BIGBANG」のツアーと連動しているところがポイントである。
 
 
サウンドスキャンでは、1種もTOP20内にランクインできず
 
イベント参加目当てでの【MUSIC CARD】の売上が大半で、通常のパッケージはほとんど出ていないことがわかる。
 
 
 
 
第2位 THE DIGITALIAN -嵐
 
Ede33aa4bf33793ee02f6366b45d28c4620 
前週の1位から1ランクダウン。
 
2週連続のTOP3入り。
 
 
 
週間売上は5.7万枚
 
前週の初動66.0万枚から10分の1以下となる大幅ダウン。
 
 
前作『LOVE』が初動67.0万枚から、2週目6.2万枚だったので、今回のほうが若干低調。
 
ただ、2週で累計は71.8万枚を突破しており、圧倒的なセールスパワーであるのは変わりない。
 
 
サウンドスキャンでは、【CD+DVD】が3.8万枚で、D-LITEがチャートインしていないため、2週連続の首位。
 
【CDのみ】も3.0万枚で3位で、合計6.8万枚
 
オリコンの数字を上回っている。
 
 
 
 
第3位 1989 -テイラー・スウィフト
 
F53f2f01647111
 
アメリカ出身の女性シンガーソングライター、テイラー・スウィフトの5作目のオリジナルアルバムが初登場で3位にランクイン。
 
週間3位は自己最高位タイ
 
TOP10入りは通算4作目。
 
 
 
初動売上は5.2万枚。前作『レッド』の初動3.2万枚から上昇。
 
自己最高初動を記録。
 
前作収録の「私たちは絶対に絶対にヨリを戻したりしない」が「テラスハウス」をはじめとして、メディアで大量オンエア&配信で大ヒットとなってからの最初の作品。
 
前作のヒットでファンは増えたようで、一気に数字を伸ばしてきた。
 
 
リリース形態は【CD+DVD】、【CDのみ】で2種リリース
 
CDの内容は同じなので、1種買えば事足りる仕様。
 
 
今作の躍進でガガやアヴリル・ラヴィーンらと並んで、洋楽の女性アーティストの中ではトップクラスの存在に。
 
ちなみに、ちょうど一年前くらいにガガとアヴリルが同発でアルバムをリリースしており、その初動が5.8万枚、4.8万枚だった。
 
なお、同日付の洋楽アルバムランキングでは首位になっている。
 
「テラスハウス」は放送終了しているが、今後どこまで人気を保っていけるか注目である。
 
 
サウンドスキャンでは、【CD+DVD】が3.1万枚、【CDのみ】が1.0万枚で計4.1万枚
 
 
 
第4位 魅力がすごいよ -ゲスの極み乙女。
 
61i1s3jhzpl
 
4人組ヒップホッププログレバンド、ゲスの極み乙女。の初のフルアルバムが初登場で4位にランクイン。
 
これまでアルバムの最高位は前作で記録した11位で、週間TOP10入りは初となる。
 
 
初動売上は3.8万枚
 
ミニアルバムだった前作『みんなノーマル』の初動1.1万枚から一気に3倍以上となる大幅上昇。  
 
人気上昇がわかりやすく、数字に反映されている。
 
 
2013年12月のミニアルバム『踊れないなら、ゲスになってしまえよ』が「CDショップ大賞」で入選したことから、一気に支持層を拡大し、今年4月にメジャーデビュー。
 
メジャーデビュー直前にいきなりCX「僕らの音楽」に出演して以降のメディア露出の量は半端なく、「CDTV」、「Mステ」、「SMAP×SMAP」等に次々に出演。
 
 
「ゴリ押し」と揶揄されておかしくないレベルだが、バンドの勢いが上回った印象。
 
異色のバンド名とともに一気に脚光を浴びて、普通にファンを増やしての初動上昇とみていいだろう。
 
 
リリース形態は【CD+グッズ(トートバッグ)】、【CDのみ】で2種リリース
 
CDの内容は統一なので、1種買えば事足りる仕様。
 
DVD付きのリリースはなし。
 
 
 
サウンドスキャンでは【CD+グッズ】が1.6万枚、【CDのみ】が2.6万枚で計4.2万枚
 
グッズの需要はやや低かったようで、【CDのみ】のほうが上になっている。
 
 
DVDを付属したパッケージがない中で【CDのみ】の売上が高いということで、音源を求めてCDを手にとった人が多くいたことに。
 
レンタルや違法DLに逃げられてもおかしくない内容で、ここまでの数字を出せたことが人気上昇の何よりの証拠だろう。
 
 
~Today's Yasai Reccomend~
Stay in my hand (from『有と無』) by ACIDMAN
秋風のアンサー (from「秋風のアンサー」) by Flower

2014年12月22日 (月)

中島みゆき、約11年3ヵ月ぶりのシングルTOP5入り!

2014年も残すところ、あと10日です。

 
年末に近づいて更新が滞るのももはや恒例行事ですな。
 
 
前々回記事で2014/11/3付シングルランキングのTOP3を見終わりましたので、本日は4位以降を見ていきます。
 
 
では、さっそく…
 
 
2014/11/10付オリコンウィークリーシングルランキング、第4位はこの曲!
 
 
第4位 さよならはエモーション/蓮の花 -サカナクション
 
61csvuey2ml_sy300_
 
サカナクションの10作目のシングルが初登場で4位にランクイン。
 
これで7作連続のTOP10入り。
 
 
初動売上は2.1万枚。前作「グッドバイ/ユリイカ」の初動2.2万枚から微減。
 
前々作「ミュージック」の初動3.5万枚をピークに、連続ダウン
 
 
2010年1月の「アルクアラウンド」から3年くらいで一気に人気を伸ばし、右肩上がりの成長を見せていたが、そのころの勢いは多少沈静してきている様子。
 
とはいえ、音楽勝負のバンド系としては2万台ならまだかなり高いほうである。
 
 
リリース形態は【CD+DVD】、【CDのみ】で2種リリース
 
CDの内容は統一なので、1枚買えば事足りる仕様。
 
 
サウンドスキャンでは【CD+DVD】が2.0万枚で4位。
 
特殊販路商品やイベント等はないので、オリコンとの乖離はほとんどない。
 
 
 
第5位 麦の唄 -中島みゆき
 
51sxoehbptl
 
中島みゆきの44作目のシングルが初登場で5位にランクイン。
 
シングルのTOP5入りは2003年8月に「銀の龍の背に乗って」で記録して以来、約11年3ヵ月ぶり
 
 
 
初動売上は1.5万枚。前作「恩知らず」の初動0.5万枚から3倍となる大幅上昇。
 
今作はNHK朝の連続テレビ小説『マッサン』の主題歌。
 
「朝ドラ」効果で一気に数字を伸ばしてきた。
 
 
どんなアイテムでもコンプするような熱狂的ファンは0.5万くらいと思われるが、タイアップ効果が稀に出て上位入りすることがあるタイプ。
 
なお、11年前の「銀の龍の背に乗って」もドラマ『Dr.コトー診療所』タイアップだった。
 
 
このご時世、楽曲がお茶の間に刺さってCDが売れるアーティストはかなり貴重な存在である。
 
 
リリース形態は魂のCD1種リリース
 
複数出しても複数買うファンは少ないと思われ、シンプルなこの売り方がいちばん無難だろう。
 
 
サウンドスキャンでは1.5万枚で5位。
 
特殊販路商品やイベント等、商業的な面がないので、オリコンとの乖離はなし。
 
 
 
第6位 あなたに…TRITOPS*
 
753
 
韓国の4人組男性ボーカルグループ、TRITOPS*(トゥリトップス)の日本デビューシングルが初登場で6位にランクイン。
 
デビューシングルでいきなりのTOP10入りを果たした。
 
 
初動売上は1.2万枚
 
 
 
リリース形態は【CD+DVD】、【CDのみ】、【メンバー仕様盤】が4種で合計6種リリース
 
CDの収録内容は統一なので、音源と映像だけなら複数買い促進になっていない。
 
 
ただ、韓国系ということで、もちろんイベント商法が過激に展開されており、発売の2ヶ月前の8月から「予約取りイベント」を開催。
 
CD1種買うごとに「握手券」を付与、また【CDのみ】と【メンバー仕様盤】4種を5種セットで買うことで「チェキ会参加券」と「握手券」を付与
 
 
また、リリース後には「発売記念イベント」も開催しており、ほとんどのファンが5種セット購入ないしは大量購入していると思われる。
 
ファンの数はまだ少数ながら、大量購入を促すことで、ここまで持ってきたといった感じ。
 
今後、チャート上位の常連になれるか注目。
 
 
サウンドスキャンでは【CDのみ】が0.3万枚でランクインしたのみ。
 
買うことがイベント参加要件となっているため【CDのみ】が入り、【メンバー盤】は売上が分散してTOP20できなかったものと思われる。
 
 
 
第8位 くやしいけど大事な人 -剛力彩芽
 
Kuyasiikedo
 
女優、剛力彩芽の3作目のシングルが初登場で8位にランクイン。
 
TOP10入りはデビュー作の「友達より大事な人」以来、2作ぶり通算2作目。
 
 
初動売上は0.9万枚。前作「あなたの100の嫌いなところ」の初動0.9万枚と同水準。
 
売上は変わっていないが、周りの売上レベルが下がったため、1万割れながらラッキーTOP10入りとなった。
 
 
前々作の初動2.0万枚から前作で一気に下げていたが、今回はなんとかキープ。
 
ただ、この水準だと週を選ばないとTOP10入りも厳しい。
 
 
 
リリース形態は【CD+DVD】、【CDのみ】が2種リリース
 
CDの内容は統一なので、1種買えば事足りる仕様。
 
 
デビュー作の「友達より大事な人」に続く「大事な人」三部作の第二作となっているが、第三作で一気に下がる可能性も秘めている。
 
何か施策を打ってくるのか注目である。
 
 
サウンドスキャンでは【CD+DVD】が0.5万枚、【CDのみ】が0.4万枚で計0.9万枚
 
特殊販路商品などはないので、オリコンとの乖離はなし。
 
 
 
~Today's Yasai Reccomend~
ボディ・スペシャルII(BODY SPECIAL) (from「ボディ・スペシャルII(BODY SPECIAL)」) by サザンオールスターズ

2014年12月18日 (木)

生YAZAWA!

本日はチャートチェックをお休みして、久しぶりのライヴレポです。

 

―12/16(火)

天候:ダイヤモンドの雨とは程遠い土砂降り。
  

昨日は部長にお誘いいただき、矢沢永吉の武道館ライヴに参戦してきました!

初・YAZAWA、そもそも初・武道館!
 
  
 
部長から「道中でメガネくらいはヤられる」と脅されていたので、びくびくしながら会場へ。
 
あいにくの雨ということもあり、話で聞いていた駅から会場の間でタムロしている人たちはあまりおらず。
 
20141216_18_33_02_2
 
ただ、入り口に近づくに連れて、目立ってきたには、白いスーツの人たち。
 
08_4
 
永ちゃんのモノマネをしている人はテレビでよく見ますが、同じ様相の人がうじゃうじゃ居らっしゃる。
 
 
さらに会場に入ると、そこには応援団長のように声を上げる白スーツのファンがいっぱい!
 
 
彼らが仕切って、もう開演前から終始「わっしょい、わっしょい」のリズムで「永ちゃん!! 永ちゃん!!」コールなわけです。
 
「永ちゃん!! 永ちゃん!!」コールに合わせて、右手を前→左手を前をエンドレス。
 
 
そして、さらには開演前から右へ左へウエーブなわけです。
 
ボルテージの上がり方が半端ないわけです。これはやばい。
 
 
今まで様々なアーティストのライヴに参戦してきましたが、開演前から会場が大盛り上がり。これは初体験。
 
普段押さえ込んでいるエネルギーを爆発させられる場なんだきっと。
 
 
 
 
そんな熱狂的なファンたちに向けて、デフォルメされた永ちゃんから映画上映の前のようなメッセージ。
 
20141217_2_08_10_5
 
「永ちゃんコールの強要、煽りはやめましょう」
 
かわゆす。
 
 
 
そして、ついに開演。
 
 
永ちゃんが登場するやいなや観客はさらにヒートアップ。
 
でも、永ちゃんが歌声を発する瞬間、ピタッとコールストップ。
 
 
んで、間奏になるとまたすぐに「永ちゃん!! 永ちゃん!!」コール、歌い始めるとピタッ。
 
また「永ちゃん!! 永ちゃん!!」コール、歌い始めるとピタッ。
 
メリハリが大人。
 
 
 
パフォーマンスで印象的だったのは、やはりマイクスタンドをぶんぶん振り回す姿。
 
そして、生YAZAWAを見て初めて体験したのは、歌い始めの時などマイクを握るたびに響く「ドゥン…」という音。
 
 
ふつう静かーに握るマイクを、ここまで攻撃的に握る人はいないから。
 
まるでYAZAWAの歌に興奮する観客の鼓動を表しているようでカッコ良し。
 
 
 
さらに、初体験だったのは観客がバラードで着席するということ。
 
バラードになるとあれだけ唸っていた「永ちゃん!! 永ちゃん!!」がしんと止み、スッと一同着席。
 
で、ロックな曲になると起立。
 
 
 
普通のアーティストのライヴではバラードでも観客は立ったまま聴くので、これまた新鮮。
 
部長曰く、ファンの年齢層が高いので、休むタイミングを考えてバラードを差し込んでいるんじゃないかと。
 
なるほど。
 
 
 
そして、アンコールでは矢沢ライヴの醍醐味、「止まらないHa~Ha」でのタオル投げも体験。
 
い、意外と、ちゃんとタイミング外さず、で、できてたはず。
 
20141217_0_59_23
ミニカーも買っていただきました。。
 
 
矢沢タオルは赤、青、黄色といろんな色があり、それが会場全体で宙を舞う光景は圧巻でした。
 
韓流アーティストなんかはファンたちが一色で揃えて一体感が出ていることもあるけど、カラフルなのも良い。
 
 
 
そんなこんなであっという間に2時間弱が過ぎ、「トラベリン・バス」で大盛り上がりのままライヴは終了。
 
 
 
矢沢永吉の凄さを実感できた時間でした。
 
まず、何と言っても、65歳の声じゃないということです。
 
 
ライヴ開始から最後まで、声が乱れることがない。
 
若手バンドなんかはライヴ後半になると声がかすれたり、辛そうになったりすることもあるけど、そういう兆候さえ感じさせない圧倒的な歌声でした。
 
 
 
そして、ファンの人達のパワーが凄い。
 
見た目はちょっと怖い人もいるのだけれど、そのコワモテの顔がまるでもう子供のようにほころぶわけです。 
 
ライヴを楽しみ人の気持ちは、見た目なんて関係なくてみんな同じなんだと実感。
 
 
 
 
そして、すっかり雨の上がった会場を後にし、食事に連れて行っていただき…
 
20141216_22_06_01_2馬刺し
 
20141216_22_12_05サクサクのお揚げ 
 
20141216_22_35_14見事なサシの入った但馬牛
 
 
YAZAWAもTAJIMAも堪能させていただきました。
 
 
 
幸せな時間にお声がけしてくださった部長には感謝しかないです。
 
また、機会を頂けたらそのときはもっとコアな曲も予習していきたい。。
 
 
 
皆さんもひとりの伝説が生きているうちに、偏見なしでぜひ体感してほしいと思います。
 
~Today's Yasai Reccomend~
サイコーなRockYou! (from『ALL TIME BEST ALBUM』) by 矢沢永吉
12月のカンガルー (from「12月のカンガルー」) by SKE48

2014年12月14日 (日)

「妖怪ウォッチ」関連作が1位2位独占! Dream5は初の首位!

本日もコツコツとチャートチェックを進めます。

 

前々回の記事で2014/11/3付ランキングを見終わりましたので、本日からは11/10付ランキングに突入です。

 
まずはいつも通り、シングルランキングからチェック。
 
 
全集のTOP3は、
 
第1位 Sky's The Limit -V6
第2位 INCUBUS -Acid Black Cherry
第3位 AROUND THE WORLD -GOT7
 
でした。
 
 
上位をキープする作品はあるのでしょうか。
 
 
では、さっそく…
 
 
2014/11/10付オリコンウィークリーシングルランキング、第1位はこの曲!
 
 
第1位 ダン・ダン ドゥビ・ズバー! -Dream5+ブリー隊長
 
61uda93bwil_sy300_
 
5人組男女グループ、Dream5と「妖怪ウォッチ」のキャラクター「ブリー隊長」によるシングルが初登場で首位を獲得。
 
Dream5のこれまでの最高位は、2013年8月にシングル「We are Dreamer」で記録した7位で、首位は2009年11月のデビューから5年にして初
 
 
また、先述の通り、Dream5は16~18歳の男女混合グループ。
 
10代の男女混合グループによる首位は、1974年1月に「恋のダイヤル6700」で首位を記録したフィンガー5以来となり、約40年10ヵ月ぶり、史上2組目の快挙となった。
 
 
 
初動売上は6.6万枚
 
前作「Break Out/ようかい体操第一」の初動1.7万枚から4倍近くとなる大幅上昇。
 
 
今作はアニメ『妖怪ウォッチ』エンディングテーマとなっており、前作に続き、「妖怪ウォッチ」タイアップ。
 
今回ここまで数字が高騰したのは「妖怪ウォッチ」関連アイテムである「妖怪メダル」を付属したためと思われる。
 
 
この「妖怪メダル」については、以前「コロコロコミック」に付属されたことがあり、その際、「コロコロコミック」が猛烈な勢いで即完となり、その威力の凄まじさが話題となっていた。
 
今回もメダルに対するその勢いは凄まじかったようで、6万を超える初動を付ける結果となった。
 
 
 
 
リリース形態は【CD+DVD+メダル】、【CDのみ】で2種リリース
 
加えて、【MUSIC CARD】も13種リリースされているが、Dream5メンバーが絵柄になっているものだけで、「妖怪ウォッチ」仕様はなし。
 
 
サウンドスキャンでは、【CD+DVD+メダル】が3.3万枚で首位。
 
mu-moショップ等のECサイトでの売上が高いためか、オリコンとの乖離が大きい。
 
ここまで乖離が大きいのは謎。
 
 
【CDのみ】はTOP20圏外となっており、売上のほとんどがあくまでも「メダル目当て」であることがわかる。
 
楽曲支持による売上ではないのは明白で、また運営側もそこまで推していないのか、年末の音楽特番では前作「ようかい体操第一」が披露されていた。
 
 
なお、次回作で「妖怪メダル」付属および「妖怪」タイアップがなくなったら、またいつもの初動1万ラインに戻ると思われる。
 
 
 
第2位 祭り囃子でゲラゲラポー/初恋峠でゲラゲラポー -キング・クリームソーダ
 
619s27ekk5l_sy300_
 
男女3人組ユニットのキング・クリームソーダの2作目のシングルが初登場で2位にランクイン。
 
これで前作に続き、2作連続のTOP10入り。2位は自己最高位
 
 
同一アニメのタイアップ作品が1位2位を独占するのは、2010年5月にアニメ「けいおん!!」内のキャラクターによるバンド、放課後ティータイムが「GO!GO!MANIAC」と「Listen!!」で記録して以来、約4年6ヶ月ぶりとなった。
 
 
 
初動売上は6.1万枚。前作「ゲラゲラポーのうた」の初動2.2万枚から3倍近くとなる大幅上昇。
 
アニメ「妖怪ウォッチ」オープニング・テーマ。
 
1位のドリ5同様に、こちらも6万を超えるハイペースに。
 
 
リリース形態は【CD+DVD+メダル】が2種、【CD+DVD】が2種、【CDのみ】が1種で計5種リリース
 
1位のドリ5と異なり、こちらはメダルを2種用意しており、メダルで複数買いを助長している。
 
収録曲などはすべて統一だが、これは複数買い促進商法と言わざるを得ない。
 
 
 
サウンドスキャンでは、【CD+DVD+メダル】の2種が3.2万枚(2位)と2.2万枚(3位)で計5.4万枚
 
1位同様に、メダルが付属されたパッケージしかチャートインしておらず、こちらもあくまでも「メダル目当て」だということがわかる。
 
なお、こちらはオリコンとの乖離は小さい。
 
 
 
メダルのことをとやかく言いたい人はいるかもしれないが、グッズを付けるなんてことはいまや大御所でもやっていて、当たり前化していること。
 
そのメダルがこれだけの需要を持っていることがポイントであって、1位2位独占は2014年の妖怪旋風を象徴する結果だといえる。
 
どこまでこの勢いが続くのか、来年も注目である。
 
 
 
 
第3位 Precious Love -EXILE ATSUSHI
 
Preciousloveexileatsushi
  
EXILE ATSUSHIのソロ6作目のシングルが初登場で3位にランクイン。
 
これで4作連続のTOP10入り。 
 
 
初動売上は4.2万枚。前作「青い龍」の初動3.5万枚から上昇。
 
リクルート「ゼクシィ」CMソング。
 
楽曲が王道バラードであり、タイアップ効果もあったのか、CD売上は1万枚足らずの上昇にとどまったが、iTunesをはじめとした配信ランキングでは首位も獲得して、前作より遥かに高い勢いを見せていた。
 
 
リリース形態は【CD+DVD】、【CDのみ】で2種リリース
 
CDの内容は統一なので、1枚買えば事足りる仕様。
 
 
また、「EX FAMILY OFFICIAL/CD・DVD SHOP」と「LDH official mobile CD/DVD SHOP」限定で【MUSIC CARD】3種もリリースされている。
 
 
サウンドスキャンでは、【CD+DVD】が1.4万枚、【CDのみ】が0.3万枚で計1.7万枚
 
オリコンとの乖離が大きく、2.5万枚ほど差がある。
 
「EX FAMILY OFFICIAL/CD・DVD SHOP」、「LDH official mobile CD/DVD SHOP」等のECサイトでの売上が大きいためと思われる。 
 
 
 
~Today's Yasai Reccomend~
大丈夫 (from『一つになれないなら、せめて二つだけでいよう』) by クリープハイプ

2014年12月10日 (水)

2014年12月新譜チェック~SKE48&スジュ、復調なるか!~

ついに、12月。
 
2014年も最後の月です。
 
 
今年も安定的に師走の勢いに飲み込まれ、すでに12月になって1週間以上経っていますが、本日は12月の新譜チェックです。
 
 
皆さんがひとつでも気になる新譜を見つけるきっかけになりますように。。
 
 
太字はその週の1位獲得本命曲。赤文字は管理人の個人的な注目曲です。
 
いつもどおり、発表される全作品は確認不可なのでメジャーなアーティスト中心となります。
 
 
それでは、Let's check!
 
 
12/3
  • がむしゃら行進曲 - 関ジャニ∞
  • ふれあうだけで~Always with you~/IT'S THE RIGHT TIME - 三浦大知
  • 恋い雪 - Silent Siren
  • REAL-リアル-/恋色パッション - Rev.from DVL
  • 変顔でバイバイ!! - DISH//
  • FLY - BoA
  • ラスト・グッバイ - DEEP
  • 星のうつわ - スキマスイッチ
  • 生きて - Aqua Timez
  • 未来へ - SHU-I
12/10
  • 12月のカンガルー - SKE48
  • O.R.I.O.N. - 三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE
  • シャンプーハット - チームしゃちほこ
  • ソレデモシタイ/おんなじさみしさ - 平井堅
  • SNOW DISTANCE - palet
  • Say long goodbye/ヒマワリと星屑 -English Ver.-  - 東京女子流
  • シルシ - LiSA
  • 生命のワルツ - 9mm Parabellum Bullet
  • White tree - シド
  • Mysterious Magic - Do As Infinity
12/17
  • MAMACITA-AYAYA-  - SUPER JUNIOR
  • Sweetie - U-KISS
  • broKen NIGHT/holLow wORlD - Aimer
  • COME PARTY! - 板野友美
  • 美しき孤独たち - predia
  • Oh Lord Featuring Fabolous - AK-69
  • 「There is(always light)/Liberty & Gravity」Special Edition - くるり
  • セルリアン/Silent Trigger - BACK-ON
  • Star Shine Story - GEM
  • 光へ -classical & crossover-  - 安倍なつみ
  • ing - 藤巻亮太
12/24
  • Thank youじゃん! - Kis-My-Ft2
  • やさしくするよりキスをして - 渡辺美優紀
  • Zutto.../Last minute/Walk - 浜崎あゆみ
  • ユキウサギ - アイドリング!!!
  • あのね Love me Do - 田村ゆかり
  • さよならベル - indigo la End
  • こきゅうとす - 花澤香菜
  • 夜 - vistlip
  • Sweet Track - やなぎなぎ
 
ざっとこんなラインナップ。
 
いよいよもって年末…ということで流通の関係もあってか、10月&11月に比べて、一気にチャートを賑わす作品のリリースは減少。
 
 
週ごとの見どころは、簡略ヴァージョンでお送りします。
 
すでに結果の出た1週目は割愛で、2週目
週間1位はSKE48の2014年第三弾シングル「12月のカンガルー」で確定。
 
 
前作「不器用太陽」の初動は32.4万枚。
 
前々作の初動39.8万枚から大きくダウンし、人気メンバー卒業多発でのセールスパワーダウンを露呈していた。
 
Ske5_2_2
 
今作は久しぶりにSKE48らしいポップでカラフルなアップテンポ楽曲。
 
ここらで下げとめて、初動を回復させておきたい。
 
今回初のセンターを務めている北川、宮前らの若手人気の上昇がキーだが、固定ファンは増えているのか。
 
まずは初日売上に注目したいところだ。
 
 
 
また、2週目にはSKE48以外にも、チームしゃちほこ、palet、東京女子流と女性グループが多くスタンバイ。
 
チャート上位は女性で占拠されそうだ。
 
 
 
 
次に、3週目
 
週間1位筆頭は、SUPER JUNIORの1年ぶりのシングル「MAMACITA-AYAYA-」で内定。
 
リーダーのイトゥクが軍服務からカムバックして初のシングル。
 
 
前作「Blue World」の初動は6.9万枚。
 
前作では、K-POPブームの収束もあり、前々作の初動11.0万枚から大きく数字を落としていた。
 
今回はメンバーの復帰とともに復調となるか注目だ。
 
 
 
そして、2014年最終週の4週目
 
首位筆頭はKis-My-Ft2の2014年3作目のシングル「Thank youじゃん!」。
 
前作「Another Future」の初動は21.5万枚。
 
 
今回は【セブン&アイ盤】を1種増やしており、これにより初動は上昇する可能性がある。
 
前作超えで、デビューから12作連続の首位獲得となるか注目である。
 
 
同発には、NMB48 兼 SKE48の渡辺美優紀のソロデビューシングル「やさしくするよりキスをして」が登場。
 
「じゃんけん大会」で優勝したご褒美という立て付けになっている。
 
カップリングには「じゃんけん大会」で2位~16位となったメンバーによる楽曲が収録されているが、48グループにとって肝心の「(個別)握手会」が開催されない様子
 
 
通常のAKB勢のシングルのように「(個別)握手会」があれば、キスマイと首位争いもできたかもしれないが、「握手会」なしでは苦戦を強いられるのは確実。
 
果たして初動はどのあたりで落ち着くのだろうか、みるきー人気を計るうえでも注目である。
 
 
~Today's Yasai Reccomend~
ラストバージン from (『RADWIMPS Live & Document 2014「×と○と君と」』) by RADWIMPS

2014年12月 7日 (日)

嵐、圧倒的売上で首位! 11年連続のアルバム首位獲得に!

本日チャートチェックを進めます。

 

前回記事で2014/11/03付シングルランキングを見終わりましたので、本日はアルバムランキングを見ていきます。

 
前週のTOP3は、
 
第1位 .5:ザ・グレイ・チャプター -スリップノット
第2位 THE BEST -少女時代
第3位 FIGHT BACK -Da-iCE
 
でした。
 
 
前週は週間売上が1万枚を超えたのはたったの3作のみという低レベル週でした。
 
この週もその「リリースの穴」は続いていて…。
 
 
 
では、さっそく…
 
 
2014/11/03付オリコンウィークリーアルバムランキング、第1位はこの作品!
 
 
第1位 THE DIGITALIAN -嵐
 
Ede33aa4bf33793ee02f6366b45d28c4620
 
嵐の13作目のオリジナルアルバムが初登場で首位を獲得。
 
嵐のアルバム首位獲得は、2004年から「11年連続」に。
 
これは2003~2013年で首位獲得を続けているEXILEに並び、「男性アーティスト」および「グループ」の歴代1位タイ記録。
 
 
初動売上は66.0万枚!!
 
前作『LOVE』の初動67.0万枚とほぼ同水準。
 
 
相変わらず、他の追随を一切許さない圧倒的な数字
 
前々作『Popcorn』の初動70.1万枚から連続ダウンしているものの、そのひとつ前の『Beautiful World』の初動63.1万枚よりは高く、人気のピークが過ぎない
 
 
これで5作連続の初動60万枚オーバーで、握手会等イベントありきのアイドル勢を除けば、日本最強のセールスパワーである。
 
 
リリース形態は【CD+DVD】、【CDのみ】で2種リリース
 
【CDのみ】にだけ収録の新曲があるため、2種買い促進の複数買い促進商法
 
前作までと変わらず。
 
 
商法等がそのままで、数字がほぼそのままなので、固定ファンをがっちりと掴んでいることがわかる。
 
なお、今作は初動売上だけで、2014年年間アルバムランキング暫定3位に登場
 
上に控えるはAKB48と「アナ雪」だけとなっている。
 
 
 
サウンドスキャンでは【CD+DVD】が52.3万枚、【CDのみ】が15.9万枚で計68.2万枚
 
アイドルではあるが握手会等と無縁のため、オリコンとの乖離は小さい。
 
なお、サウンドスキャン売上のほうが高い珍しい結果になっている。
 
 
 
第2位 THE BEST OF DETECTIVE CONAN 5~名探偵コナン テーマ曲集 5~ -Various Artists
 
4582283798219
 
アニメ『名探偵コナン』の主題歌集第5弾が初登場で2位にランクイン。
 
前回の主題歌集から約3年ぶりのリリース。
 
 
初動売上は1.2万枚
 
前作『THE BEST OF DETECTIVE CONAN 4 ~名探偵コナン テーマ曲集4~』の初動2.0万枚からダウン。
 
第3弾の前々作が初動2.5万枚だったので、リリースの度にダウンしてしまっている。
 
 
コナンの主題歌集はその当時のビーイングの中心アーティスト集に近いが、今回はB'z、倉木麻衣、DAIGO(BREAKERZ)、GARNET CROWらの楽曲を収録。
 
メンツ的に前回からレベルダウンした印象はないが、前作と前々作は2枚組だった。
 
今回は2枚組ではないのが多少響いたか。
 
 
アニメ自体は夕方帯に放送時間が変わってもそれなりの視聴率を保っているようなので、「CDを買う」ということがマニアックになっていることが何よりの数字ダウンの原因なのかもしれない。
 
 
リリース形態は【CD+DVD】、【CDのみ】で2種リリース
 
CDの内容は同じなので、1枚買えば事足りる仕様。
 
 
 
順位は2位だが、売上は1.2万枚なので、これ以上下がってしまうと次回以降、TOP10入りできない可能性も高まってくる。
 
 
 
サウンドスキャンでは【CD+DVD】が1.1万枚。
 
オリコンとの乖離はほとんどない。
 
 
 
第3位 Songs Of Innocence -U2
 
U2_songs_of_innocence_physical_cove
  
アイルランド出身の4人組ロックバンド、U2の約5年7か月ぶりのオリジナルアルバムが3位にランクイン。
 
前週、輸入盤が一足早くランクインして17位だったので、そこから14ランクアップでTOP3入り。
 
シングル・アルバムを通じてTOP3入りは、2002年11月に『ザ・ベスト・オブU2 1990-2000』で3位を記録して以来、約12年ぶりとなる。
 
 
週間売上は1.1万枚。(2週計で1.4万枚
 
前作『ノー・ライン・オン・ザ・ホライゾン』の初動3.2万枚から半減以下となる大幅ダウン。
 
 
今作はパッケージリリースの前にiTunesで無料配信かつ「いつのまにかライブラリに勝手に入っている」という前代未聞のリリース戦略を展開。
 
そのため音源だけなら無料で手に入るため、パッケージ購入を控えた層が多くいた様子。
 
CDに音源以外も求める熱狂的な固定ファンは1万弱といったところか。
 
 
リリース形態は【2CD(デラックスエディション)】と【CDのみ】で2種リリース
 
上位互換の内容なので、1枚買えば事足りる仕様。
 
 
サウンドスキャンでは【2CD(デラックスエディション)】が0.8万枚。
 
TOP20圏外に【CDのみ】にもランクインしていると想定すると、オリコンとの乖離は大きくない。
 
 
 
 
以下、ピックアップ。
 
第4位 Behind The Scene -ストレイテナー
 
141000tr0901
 
4人組ロックバンド、ストレイテナーのメジャー8作目のオリジナルアルバムが初登場で4位にランクイン。
 
オリジナルアルバムは2作ぶり、通算4作目のTOP10入りとなる。
 
 
初動売上は1.0万枚。前作『STRAIGHTENER』の初動1.1万枚から微減。
 
四捨五入すると1.0万枚だが、実際は1万割れとなっている(0.96万枚)。
 
 
大ブレイクはしていないが、ロックファンからは長きにわたって支持を得ているバンド。
 
フルアルバムでは初動1万以上を守ってきていたが、ここでとうとう1万割れ
 
ただ、オリジナルアルバムは約3年ぶりで、それだけリリース間隔があったにしては、粘っている。
 
 
リリース形態は【CD+DVD】、【CDのみ】で2種リリース。
 
CDの内容は統一なので、1枚買えば事足りる仕様。
 
 
サウンドスキャンでは【CD+DVD】が0.9万枚
 
オリコンとの乖離はほとんどなし。 
 
 
なお、この4位のストレイテナーが1万割れということで、前週に続き、「週間売上が1万枚を超えたのはたった3作のみ」だったことに。
 
 
このリリースの穴に当たったことで、5位にはthe pillowsが初登場し、初動0.9万枚ながら自己最高位を更新
 
また、若手ロックバンド「グドモ」こと、グッドモーニングアメリカも初のTOP10入りを果たしている。
 
 
 
■次回予告
~12月新譜チェック
 
~Today's Yasai Reccomend~
ハイタテキ! (from「ハイタテキ!」) by 私立恵比寿中学

2014年12月 5日 (金)

APink日本デビューSGは4位! DOG inThe PWOは2作連続のTOP10入り!

本日もチャートチェックを進めます。

 

前回記事で2014/11/03付シングルランキングのTOP3を見終わりましたので、本日は4位以降を見ていきます。

 
 
では、さっそく…
 
 
2014/11/03付オリコンウィークリーシングルランキング、第4位はこの曲!
 
 
第4位 NoNoNo(Japanese ver.) -APink
 
39677andltahrefhttpwwwjpoh08m
 
韓国の女性6人組グループ、APink(エーピンク)の日本デビューシングルが初登場で4位にランクイン。
 
日本デビューシングルでTOP5入りを果たした。
 
 
初動売上は3.3万枚
 
同じく日本デビューシングルで3位となったGOT7とほぼ同じ水準の数字に。
 
 
リリース形態は【CD+DVD】が2種と【CDのみ】が1種、6人のメンバー仕様の【CDのみ】も6種あって、合計9種リリース
 
CDの内容は9種統一で、DVDは内容が異なるため、2種買い促進の複数買い促進商法
 
メンバー仕様盤に手を出しているファンもいると思われ、1人あたりの購入枚数は多いと思われる。
 
 
 
韓国系ということでイベント商法も組まれており、「メンバー別メッセージカード手渡し会」などを開催。
 
9種すべてに「イベント参加抽選券」が封入されており、それが参加要件となっている。
 
 
また、TSUTAYA独自のイベントもあり、【CD+DVD】2種と【CDのみ】(メンバー仕様も可)を3枚買うことで応募はがきを付与。
 
こちらでは3種買い促進をしている。
 
デビューシングルから商法フルスロットルといった感じ。
 
サウンドスキャンでは【CD+DVD】2種がそれぞれ0.6万枚で計1.2万枚。
 
鬼の9種リリースで売上が分散してTOP20圏外になった形態が多く発生したためか、オリコンとの乖離がかなり大きくなっている。
 
 
 
第5位 The One -EXILE SHOKICHI
 
F6a9bb423ab58a44e483a42a01c1d9d6
 
EXILEのメンバー、SHOKICHIのソロ2作目のシングルが初登場で5位にランクイン。
 
これで2作連続のTOP3入り。
 
 
初動売上は2.9万枚。前作「BACK TO THE FUTURE」の初動6.2万枚から半減以下にダウン。
 
EXILEのヴォーカルの中では地味な存在ながら、デビュー作では6万枚超えのスタートを見せていたが、2作目で早くも失速。
 
 
 
リリース形態は一般流通で【CD+DVD】、【CDのみ】の2種。
 
特殊販路商品は、LDH official mobileやmu-moショップ、イベント会場限定で【MUSIC CARD】3種と【CDのみ(ワンコイン盤)】が1種存在。
 
すべて合わせると6種リリースとなる。前作と同じ。
 
なお、LDH official mobileやmu-moショップなどで購入すると特典が付属される。
 
 
 
前作と大きく変わったのはイベント商法。
 
前作時はデビューシングルということもあって、全国で購入者を対象に「握手会」を開催していた。
 
今回は目立ったイベントは発表されておらず、これがそのまま大きな数字ダウンに繋がったと思われる。
 
 
サウンドスキャンでは【CD+DVD】だけが0.8万枚でランクイン。
 
オリコンとの乖離が大きく、多くのファンが特典目当てでECサイトに流れているためと思われる。
 
   
  
以下、ピックアップ。
 
 
第8位 TOKYOエレクトリックパレード(エレクトリックパレード) -DOG inTheパラレルワールドオーケストラ
 
20141004_1b55e8
 
V系バンド、DOG in Theパラレルワールドオーケストラの2014年2作目のシングルが初登場で8位にランクイン。
 
これで2作連続のTOP10入りとなる。
 
 
初動売上は1.6万枚。前作「魁!!祭izm」の初動1.4万枚から上昇。
 
 
リリース形態は【CD+DVD】が2種と【CDのみ】が1種で計3種リリース
 
DVDの内容は異なり、【CDのみ】にだけ新曲を追加収録しているので、3種買い促進の複数買い促進商法
 
3種リリースは前作と同じ。
 
 
V系ということでイベント商法ががっちり組まれており、V系に特化したECサイト「fiveStars」で3形態セットで購入した人には「トーク&チェキ撮影参加券」を付与。
 
「チェキ撮影」は2ショットと6ショットが用意されている。
2形態なら「チェキ撮影参加券」、【CDのみ】1形態だけの購入なら【握手会参加券】をそれぞれ付与。
 
 
よって、トーク、チェキ(2ショット&6ショット)、握手、すべて参加したいファンは最低でも6枚以上買っていると思われる。
 
前作時よりもイベントの強度が上がったための初動上昇とみてよさそう。
 
 
サウンドスキャンでは1種もランクインできず。
 
 
第9位 Dragon Night -SEKAI NO OWARI
 
519yc6oqkl
 
前週の4位から5ランクダウン。
 
週間売上は1.5万枚
 
前週の初動8.5万枚からダウン。
 
 
配信では大ヒットとなっているが、パッケージでは粘りは感じられず。
 
ただ、前週破れた三代目JSB(10位)を地味に逆転している。
 
 
累計は10万枚を突破。
 
もはや累計で10万枚を越えられた時点で、アイドル以外ではトップクラスのセールスパワーだといえる。
 
 
 
~Today's Yasai Reccomend~
哀しみはきっと (album ver.) (from『LAST』) by UVERworld

« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

-天気予報コム-
無料ブログはココログ