Twitter

  • 私服ツイート

« 中島みゆき、約11年3ヵ月ぶりのシングルTOP5入り! | トップページ | NMB48、前作初動超えで首位! 東方神起は海外アーティスト歴代1位記録樹立! »

2014年12月23日 (火)

D-LITEが初の首位獲得! ゲス乙女は初のアルバムTOP10入り!

前回記事で、2014/11/10付シングルランキングを見終わりましたので、本日はアルバムランキングを見ていきます。

 
前週のTOP3は、
 
第1位 THE DIGITALIAN -嵐
第2位 THE BEST OF DETECTIVE CONAN 5~名探偵コナン テーマ曲集 5~ -Various Artists
第3位 Songs Of Innocence -U2
 
でした。 
 
上位を守る作品はあるのでしょうか。
 
では、さっそく…
 
 
2014/11/10付オリコンウィークリーアルバムランキング、第1位はこの作品!
 
 
第1位 でぃらいと -D-LITE(from BIGBANG)
 
F541a9f2f492a7
 
韓国の男性グループ、BIGBANGのD-LITEのソロミニアルバムが初登場で首位を獲得。
 
これまでソロアルバムは2作出ているが、2作とも2位が最高位だったので、ソロアルバムの首位は初となる。
 
 
 
初動売上は6.8万枚
 
オリジナルアルバムだった前作『D'slove』の初動3.8万枚から+3万枚となる大幅上昇。 
 
 
今作は「宴会企画ミニアルバム」と銘打たれている企画盤
 
一般的に、企画盤の売上はオリジナルを下回ることが通例で、今作の初動が不自然に高騰したのには商法上でのからくりが。
 
 
今作のリリース形態は【CD+DVD+GOODS(パジャマ)】、【CD+DVD】、【CDのみ】で3種リリース
 
CDとDVDの内容は上位互換なので、1枚買えば事足りる仕様。
 
 
ただ、今回はパッケージに加えて、【MUSIC CARD】を10形態リリース
 
この【MUSIC CARD】でイベント商法を仕掛けており、【MUSIC CARD 5形態同時購入セット】を販売。
 
このセットを購入することでのみ、先着で「ミニLIVE&トーク+サインEVENT」に参加可能。
 
 
先着ということで、ファンは我先にと予約に走ったのは間違いない。
 
かつ、V6の一件からチャートファンの間で話題になっているが、オリコン上では【MUSIC CARD】1枚はCD1枚と同じように集計されていると思われる。
 
 
 
その証拠として、今作のデイリー推移が不自然で、デイリー初日の火曜付こそ首位だったものの、水曜付では一気に20位まで急降下。
 
それ以降も低調な推移が続いており、つまり、週間売上のほとんどがデイリー初日(MUSIC CARD予約分)に計上されたためである。
 
今回ここまで初動が高騰したのは「MUSIC CARD×イベント」の効果が炸裂したためと考えていいだろう。
 
 
パッケージも合わせると多くのファンの1人あたり購入枚数は最低6枚といったところか。
 
それにしても、【MUSIC CARD】のオリコン集計上での最強具合が半端ない
 
 
オリコン側がルールを立て直さないなら、そこを攻めて、勝利を勝ち取るという流れは自然なので、D-LITE側に何も否はない。
 
 
なお、補足すると、さらにイベント施策として、3種すべてに「シリアルアクセスコード」が封入されており、「BIGBANG JAPAN DOME TOUR 2014~2015」に絡めたイベントや特典に応募可能。
 
「D-LITE」ソロではなく「BIGBANG」のツアーと連動しているところがポイントである。
 
 
サウンドスキャンでは、1種もTOP20内にランクインできず
 
イベント参加目当てでの【MUSIC CARD】の売上が大半で、通常のパッケージはほとんど出ていないことがわかる。
 
 
 
 
第2位 THE DIGITALIAN -嵐
 
Ede33aa4bf33793ee02f6366b45d28c4620 
前週の1位から1ランクダウン。
 
2週連続のTOP3入り。
 
 
 
週間売上は5.7万枚
 
前週の初動66.0万枚から10分の1以下となる大幅ダウン。
 
 
前作『LOVE』が初動67.0万枚から、2週目6.2万枚だったので、今回のほうが若干低調。
 
ただ、2週で累計は71.8万枚を突破しており、圧倒的なセールスパワーであるのは変わりない。
 
 
サウンドスキャンでは、【CD+DVD】が3.8万枚で、D-LITEがチャートインしていないため、2週連続の首位。
 
【CDのみ】も3.0万枚で3位で、合計6.8万枚
 
オリコンの数字を上回っている。
 
 
 
 
第3位 1989 -テイラー・スウィフト
 
F53f2f01647111
 
アメリカ出身の女性シンガーソングライター、テイラー・スウィフトの5作目のオリジナルアルバムが初登場で3位にランクイン。
 
週間3位は自己最高位タイ
 
TOP10入りは通算4作目。
 
 
 
初動売上は5.2万枚。前作『レッド』の初動3.2万枚から上昇。
 
自己最高初動を記録。
 
前作収録の「私たちは絶対に絶対にヨリを戻したりしない」が「テラスハウス」をはじめとして、メディアで大量オンエア&配信で大ヒットとなってからの最初の作品。
 
前作のヒットでファンは増えたようで、一気に数字を伸ばしてきた。
 
 
リリース形態は【CD+DVD】、【CDのみ】で2種リリース
 
CDの内容は同じなので、1種買えば事足りる仕様。
 
 
今作の躍進でガガやアヴリル・ラヴィーンらと並んで、洋楽の女性アーティストの中ではトップクラスの存在に。
 
ちなみに、ちょうど一年前くらいにガガとアヴリルが同発でアルバムをリリースしており、その初動が5.8万枚、4.8万枚だった。
 
なお、同日付の洋楽アルバムランキングでは首位になっている。
 
「テラスハウス」は放送終了しているが、今後どこまで人気を保っていけるか注目である。
 
 
サウンドスキャンでは、【CD+DVD】が3.1万枚、【CDのみ】が1.0万枚で計4.1万枚
 
 
 
第4位 魅力がすごいよ -ゲスの極み乙女。
 
61i1s3jhzpl
 
4人組ヒップホッププログレバンド、ゲスの極み乙女。の初のフルアルバムが初登場で4位にランクイン。
 
これまでアルバムの最高位は前作で記録した11位で、週間TOP10入りは初となる。
 
 
初動売上は3.8万枚
 
ミニアルバムだった前作『みんなノーマル』の初動1.1万枚から一気に3倍以上となる大幅上昇。  
 
人気上昇がわかりやすく、数字に反映されている。
 
 
2013年12月のミニアルバム『踊れないなら、ゲスになってしまえよ』が「CDショップ大賞」で入選したことから、一気に支持層を拡大し、今年4月にメジャーデビュー。
 
メジャーデビュー直前にいきなりCX「僕らの音楽」に出演して以降のメディア露出の量は半端なく、「CDTV」、「Mステ」、「SMAP×SMAP」等に次々に出演。
 
 
「ゴリ押し」と揶揄されておかしくないレベルだが、バンドの勢いが上回った印象。
 
異色のバンド名とともに一気に脚光を浴びて、普通にファンを増やしての初動上昇とみていいだろう。
 
 
リリース形態は【CD+グッズ(トートバッグ)】、【CDのみ】で2種リリース
 
CDの内容は統一なので、1種買えば事足りる仕様。
 
DVD付きのリリースはなし。
 
 
 
サウンドスキャンでは【CD+グッズ】が1.6万枚、【CDのみ】が2.6万枚で計4.2万枚
 
グッズの需要はやや低かったようで、【CDのみ】のほうが上になっている。
 
 
DVDを付属したパッケージがない中で【CDのみ】の売上が高いということで、音源を求めてCDを手にとった人が多くいたことに。
 
レンタルや違法DLに逃げられてもおかしくない内容で、ここまでの数字を出せたことが人気上昇の何よりの証拠だろう。
 
 
~Today's Yasai Reccomend~
Stay in my hand (from『有と無』) by ACIDMAN
秋風のアンサー (from「秋風のアンサー」) by Flower

« 中島みゆき、約11年3ヵ月ぶりのシングルTOP5入り! | トップページ | NMB48、前作初動超えで首位! 東方神起は海外アーティスト歴代1位記録樹立! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 中島みゆき、約11年3ヵ月ぶりのシングルTOP5入り! | トップページ | NMB48、前作初動超えで首位! 東方神起は海外アーティスト歴代1位記録樹立! »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

-天気予報コム-
無料ブログはココログ