Twitter

  • 私服ツイート

« Negiccoが初のTOP10入り! 三浦大知は自己最高位を更新! | トップページ | SKE48が12作連続首位! 三代目JSBは自己最高初動をマーク! »

2015年2月14日 (土)

EXILE ATSUSHIが首位獲得! 大滝詠一は約17年ぶりのTOP3入り!

本日もチャートチェックを進めます。

前回記事で2014/12/15付シングルランキングを見終わったので、本日はアルバムランキングを見ていきます。

 

前週のTOP3は、

第1位 THE BEST OF BIGBANG 2006-2014 -BIGBANG
第2位 with LOVE -西野カナ
第3位 BEST -SPYAIR

でした。 

連続TOP3を続ける西野カナは果たして。

 
 
では、さっそく…
 
 
2014/12/15付オリコンウィークリーアルバムランキング、第1位はこの作品!
 
 
第1位 Love Ballade  -EXILE ATSUSHI
 
51hyacy0bl_sy300_
 
EXILE ATSUSHIのソロ3作目のアルバムが初登場で首位を獲得。
 
ATSUSHIのソロでの首位はシングル・アルバムを通じてこれが初
 
これまではシングル「MELROSE ~愛さない約束~」、アルバム『Music』で記録した2位が最高だった。
 
 
 
初動売上は8.1万枚。前作『Music』の初動17.4万枚から半減以下にダウン。
 
前作ではかなり高い初動を叩きだしたが、BUMP OF CHICKENにわずかに敗れて2位だった。
 
今回、首位を獲得したものの初動売上は大きく下がってしまっている。
 
 
前作は先行シングル&タイアップ曲多数で、清木場俊介とのコラボ曲収録など話題性があったが、今回は若干弱めだったか。
 
また、2014年はEXILEと距離を置いての活動がメインだったので、EXILEファンの流入が減ったのも売上ダウンの要因と思われる。
 
 
リリース形態は【CD+Blu-ray】、【CD+DVD】、【CDのみ】で3種リリース
 
CDの内容は統一、Blu-rayとDVDも同じ内容なので、3種出ているが上位互換で複数買い促進ではない。
 
ECサイト「LDH official mobile CD/DVD SHOP」で購入すると特典があった様子。
 
 
サウンドスキャンでは【CD+DVD】が3.9万枚、【CDのみ】が1.4万枚、【CD+Blu-ray】が0.7万枚で計6.0万枚
 
オリコンとの乖離がやや大きいのはECサイトでの売上がある程度あるためと思われる。
 
 
 
第2位 Best Always -大滝詠一
 
61famsmfel_sx425__2
 
2013年12月30日の突然の死去から約1年、大滝詠一の初のオールタイムベストが初登場で2位にランクイン。
 
大滝詠一のオリコンTOP3入りは約17年ぶり。
 
1997年に月9ドラマ『ラブ ジェネレーション』の主題歌で大ヒットしたシングル「幸せな結末」で2位となって以来となる。
 
 
アルバムランキングでは、1984年にLP盤『EACHTIME』が2位を記録して以来、約30年8ヵ月ぶり。
 
なお、「CDアルバム」では初のTOP3入りとなった。 
 
 
初動売上は3.7万枚
 
もともとランキング上位に入ることも少なかった中、これだけの数字が出たということで、ベスト需要はある程度あった様子。
 
 
リリース形態は【CD+DVD】、【CDのみ】で2種リリース
 
CDの内容は共通なので1枚買えば事足りる仕様。
 
まあ、複数買い促進の商法を使ったところで、商法に掛かるタイプのファンはいないだろう。
 
 
サウンドスキャンでは【CD+DVD】が3.1万枚、【CDのみ】が0.7万枚で計3.8万枚
 
オリコンとの乖離はほとんどない。
 
 
 
第3位 HELLO WORLD -SCANDAL
 
F54508a83e0edb
 
ガールズロックバンド、SCANDALの6作目のアルバムが初登場で3位にランクイン。
 
オリジナルアルバムは2作連続のTOP3入りとなる。
 
 
初動売上は3.6万枚。前作『STANDARD』の初動4.3万枚からダウン。
 
前々作の初動3.5万枚とほぼ同水準。
 
 
お茶の間まで広がるようなヒットは出ずとも固定ファンをつかんでおり、シングルではだいたい3万前後の初動をキープ。
 
一応「シングル<アルバム」にはなっているので、完全にアイドル的な売り方にはなっていない。
 
ただ、今回はシングルの売上にかなり近づいている。
 
 
リリース形態は【CD+Tシャツ】、【CD+DVD】、【CDのみ】、【アナログ盤】で計4種リリース
 
【アナログ盤】がリリースされるのは今回が初だったが、それほど売上に影響はなかったと思われる。
 
他の3種は前回までと同じ売り方。
 
今後も3万台を守っていければ上位常連の地位が揺らぐことはないだろう。
 
 
サウンドスキャンでは【CD+DVD】が2.2万枚、【CDのみ】が0.8万枚で計3.0万枚
 
【CD+Tシャツ】もTOP20圏外にランクインしていると想定すると、オリコンとの乖離は小さい。
 
 
 
第4位 Request Ⅱ -JUJU
 
51enq7bzbll_sx300_
 
女性シンガー、JUJUのカバーアルバム第2弾が初登場で4位にランクイン。
 
 
初動売上は3.4万枚
 
前作はオリジナルアルバム『DOOR』で初動は4.0万枚だったのでダウン。  
 
 
カバーアルバム第1弾『Request』は2010年にリリースされ、初動12.9万枚という猛烈な勢いを見せていたので、それに比べるとかなり劣る出足となった。
 
なお、第1弾は2週目でも11.1万枚を売り上げ、ほとんど数字を落とさない驚異のチャートアクションで累計50万オーバーと大ヒットとなっていた。
 
 
リリース形態は初回仕様が豪華パッケージだが、実質CD1種リリース
 
第1弾も同じだった。
 
 
この初動からだとロングヒットとなっても、前作の5分の1がいいとこだろう。
 
とはいえ、この人のシングルの初動を考えると、企画盤であろうとアルバムでは強い。
 
 
 
サウンドスキャンでは3.7万枚で2位。
 
アイドル的なことはやっていないので、オリコンとの乖離は小さい。
 
 
 
~Today's Yasai Reccomend~
Stuck in the middle (from『35xxxv』) by ONE OK ROCK

« Negiccoが初のTOP10入り! 三浦大知は自己最高位を更新! | トップページ | SKE48が12作連続首位! 三代目JSBは自己最高初動をマーク! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« Negiccoが初のTOP10入り! 三浦大知は自己最高位を更新! | トップページ | SKE48が12作連続首位! 三代目JSBは自己最高初動をマーク! »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

-天気予報コム-
無料ブログはココログ