Twitter

  • 私服ツイート

2012年12月31日 (月)

さよなら2012年

2012年もあと3分ほどでさよならですね。

今年も無事、こうして北海道の実家で記事を書けていることを幸せに思います。

 

今年は春先にインフルエンザにかかりましたが、それ以外は健康に過ごせた一年でした。

それが何よりです。

 

人の心に刺さる音、世の中を明るく照らす音。

2013年、たくさんの幸せな音楽で世界が溢れますように。。

-------------------

同じ過ち 僕等は繰り返し
結局誰も 解けない宿題

ねぇ 神様
あなたは何人いて 一体誰が本物なの?
僕にだけこっそり教えてよ

もし優しさが 意味を無くして
あらゆる人が 武器を取るなら

ねぇ 神様
僕を握り潰して そっと火を付けてくれないかなぁ
煙になって 願いを空へと届けるから

僕等の前にもう少しだけ 楽しい未来が降るように
あなたの前にもう少しだけ 無邪気な笑顔が降るように
今日よりも 現在よりも

君は拳を 堅く握って
だけど誰にも 振り下ろせはしない

ねぇ 神様
僕等に課せられてる そんな使命があるとしたら
進化むこと? それとも総てを終わらすこと?

僕等の前にもう少しだけ まともな世界が降るように
あなたの前にもう少しだけ 嬉しい知らせが降るように
今日よりも 現在よりも

毎月決まった日 振り込まれてくるお給料のように
平和はもう僕等の前に 当たり前に存在はしてくれないけど

毎月決まった日 振り込まれてくるサラリーのように
平和はもう僕等の前に 当たり前に存在はしてくれないけど

今年ことはきっとあなたに
たくさんのいいことがありますように

あなたの前に優しい声が響くように

今年こそはきっとあなたに
たくさんのいいことがありますように

今年こそはきっと世界に
たくさんのいいことがありますように

さよなら2012年

 

『さよなら2001年』 by Mr.Children

2012年7月26日 (木)

オフィスがスイーツパラダイス

スカッとしない暑い日が続きますね。

せめてこのジメジメが弱まればいいんですが、北海道生まれの私には厳しい気候です。。

 

 

そんな夏の風物詩といえば、


20120719_202706_5


スイカ
でございます!

果肉や種子に含まれるカリウムは疲労回復ならびに利尿作用があるため、暑さで体力を消耗し水分を過剰摂取することで起こりがちな夏バテに効果があるとされている。(by Wikipedia)

だそうです。

 

麦わら帽子かぶって虫かご隣に携えて、蝉の鳴き声する軒下なんかでシャリシャリってね。

んー、まさに夏。

 

 

会社のデスクや。

なかなかない光景だよね、これ。

 

部長さんが何処からともなく持ってきて、夜遅くまで残っている人たちに配給してくれました。

うう、ありがたやー (ノω・、)

 

スイカって実家にいた子供の頃はよく食べたけど、独り暮らしするようになってからなかなか食べる機会ないのよね。

2012年初スイカをまさかオフィスで食べられるとは…テンション上がりました。

 

ちなみに、赤いところは極限まで食べる派です。

幼いころ、弟とどれだけ赤いところをギリギリまで食べられるか競った記憶があります。ボンビーエピソード。

いやぁ、美味しかった、ご馳走様でした。

 

 

 

そんなスイカデーからちょうど1週間経った今日。

今宵、部長が繰り出したフルーツは…

20120725_221129_4


メロンじゃー!w(゚o゚)w

スイカと同様に、水分が多いウリ科の植物であり、カリウムが多く含まれ、腎臓病や高血圧の予防・体内温度を下げる成分も含まれており、夏バテによる食欲不振の予防も、効果的である。(by Wikipedia)

 

 

これが甘いのなんのって。

スイカ同様、メロンも独り暮らしではすでにツチノコ化している代物だけに、ゆたーりまたーり味わって食べてたら、ゴミ回収待ちの後輩さんにじーっと見られてました。

 

 

部長さんがどこから調達してきているのか謎ですが、聞いたところ「会社の裏のオヤジから奪ってきた」と仰ってました。

 

えー、弊社にとても美味しいフルーツを送ってくださる得意先の皆様、、

こんな音楽チャートヲタが食べてます。ご了承ください。

 

来週は何かなぁ~?←

 

~今日のふといいなぁ~
ロマンス・プライバシー (from『ロマンス・プライバシー』) by フレンチ・キス

2011年11月16日 (水)

JUJUが驚異的な粘りで2週連続1位獲得!

JUJUの前に…

 
 
前々回、前回に引き続き、先日の九州旅行の写真から。

サッカーボールを片足で留めながら、巨大なサムライジャパンのユニフォームを着ている龍馬に別れを告げて、船で島原から博多へ。

 
博多はやはり美味しい食べ物ということで、もつと悩みましたが、海鮮にすることに。

20111107_201749

20111107_210656

訪れたのは中洲の「ふじけん」という海鮮居酒屋です。

赤身が美味しかったので追加注文しまくっていたら、結構な値段に。

それでも6,000~7,000円くらいだったと思います。まぁ、リーズナブルだね。
 
 
たらふく食べて飲んだあとでしたが、博多といえば屋台ということで満腹ながら参戦。

20111107_215916_2

店名も確認せず、ふらっと屋台に立ち寄って酒飲んで豚骨ラーメン食べて、ホテルに帰りました。

 
で、翌朝は胃がもたれて何もやることがないということで、ホークスファン念願の…

20111108_104652_2

Yahoo!ドーム!

ついに…きました。

で、たんまりホークスグッズを見て回って買って友達を1時間放置しました。

20111108_105938

お父さんもいました。

20111108_114948

NMB48もいました。

HKT48ができたのに。どうすんだろ。

 
ホークスをたっぷり堪能して、再び天神まで戻り…

20111108_124903_2

もういっちょラーメン!

ラーメンDBでチェーン化している店を除いて、もっともポイントの高かった「鳳凛(ほうりん)」というお店です。

何やら日本で初めて豚骨ラーメンに唐辛子を入れたお店を元祖としたお店とのこと。 

もやしは乗っていますが、味は「一蘭」にかなり近く、美味しかったです。

 
こうして九州旅行は幕を閉じましたとさ。

ちゃんぽんからはじまり麺類ばっか食べましたとさ。
 

九州いい。やっぱり旅行は食べ物が美味しいところに限るね。

さて、チャートチェックに移ります。

前回記事で8/1付シングルチャートを見終わったので、本日は8/1付アルバムチャートを観ていきます。

ではでは、さっそく…

8/1付オリコンウィークリーアルバムチャート、第1位はこの作品!

 
第1位 YOU -JUJU

YOU

2週連続1位!

アルバムの2週連続1位獲得作品は、5月に安室奈美恵「Checkmate!」が達成して以来。

カバー集だった前作「Request」に続き、2作連続での2週連続1位獲得となる。

 
週間売上げは7.1万枚

前週の初動11.2万枚からダウンではあるが、2週目に半減以上となっており、尋常じゃないレベルの粘りを見せてきた。

ここ数年は、2週目に初動の半減以上で粘れる作品が激減。

CD自体が一部の人間しか手を出さないものになっているため、固定ファンが発売週に買い終わるとアイドル以外でも2週目には急落するケースばかりになっている。

そのため、初動で20万枚以上出しても2週目には5~6万枚まで落ちるのが普通になってしまっている中でこのキープは奇跡に近い。

前作の結果からしても、JUJUというアーティストのライト層への訴求度が物凄いということになる。

 
累積売上は2週で18.3万枚を突破。

この猛烈な粘りで、一気に年間チャート上位入りが見えてきた。

シングルだけでなく今年はアルバムも韓国勢含めてアイドルが強いので、そんな中でのアーティストの奮闘は明るいニュースである。
 

第2位 ボーン・ディス・ウェイ -レディー・ガガ

ボーン・ディス・ウェイ

前週の3位から1ランクアップ。

これで発売からひと月ほど経ってから、4週連続のTOP3入りとなる。

JUJUの項で先述した背景があるため、今作のこのロングヒットぶりもかなりの快挙である。

 
週間売上げは3.1万枚。前週の4.7万枚からダウン。

やや大きめに数字を落としたが、それでも発売9週目の数字とは思えない
 

累積はついに50万枚を突破(510,234枚)。

この週の売上をもって少女時代「GIRLS' GENERATION」を上回り、2011年海外アーティストのアルバム売上でトップに立った。

これで年末に怪物アルバムが出なければ、年間TOP5入りはほぼ確定といった感じ。

  
第3位 RE-CREATION -TUBE

RE-CREATION

TUBEの33枚目のオリジナルアルバムが初登場で3位にランクイン。

これでアルバムは36作目のTOP10入りとなる。

初動売上げは2.6万枚。前作「Surprise!」の初動3.3万枚からダウン。

前作では前々作から若干数字を回復させて見せたが、今回はダウン。

ついに初動は3万枚を割ってしまった。

 
リリース形態はDVDの有無で2種リリース。CDに収録内容違いはなし。

前作と同じ売り方だが、数字は下がっているのであまりいい状況ではない。
 

シングルでは数年前からずっと同じラインを保っているのに、アルバムで下がるという結果に。

そもそもすべてのアイテムに手を出すような強固な固定ファンしか残っていないと思われ、ここで下がるとは予想外。

シングルは下がってアルバムは不変ならまだ納得なんだけど、今回その逆になったのは若干謎である。

 
以下、ピックアップ。

第7位 ラブ・ソングス -シェネル

ラブ・ソングス

LA在住のR&Bシンガー、シェネルのカバーアルバムが初登場で7位にランクイン。

TOP10入りは自身初となる。

初動売上げは1.0万枚。前作「フィール・グッド」の初動0.3万枚から大幅上昇。

07年デビューで、そのデビュー作は初動1.1万枚出ていたが、そこから約3年経ってリリースされた前作は0.3万枚と撃沈していた。

 
今回は邦楽も洋楽も関係なく選曲した有名曲のカバー集で、CDリリース前からTEE『ベイビー・アイラブユー』のカバーが配信(着うた)市場でヒットになっていた。

洋楽ファンが付いてきたというよりは、着うた層に訴求できた効果でCDでも一気に売上を回復させたようだ。

 
リリース形態はCD1種リリース

固定ファンがほぼいないので複数出す必要性はない。

 
TEE『ベイビー・アイラブユー』以外には、久保田利伸の『Missing』やいきものがかりの『SAKURA』などもカバーしている。

久保田利伸やいきものがかりは原曲の印象が強いけど、『ベイビー・アイラブユー』は原曲の知名度が高くないままカバーされたので、シェネルの曲になってしまいそうな気がする…。

 
~今日のふといいなぁ~
こぼれ落ちて (from「スーパースター」) by back number

2011年11月13日 (日)

遊助&GReeeeN下げ止まらず…サカナはバッハで好調!

遊助の前に…
 
 
 

前回記事に引き続き、旅の写真の続きから…

 
長崎市内で龍馬を見た後は、ホテルに一泊して、

翌朝、軍艦島へ!

20111106_094300

20111106_094831

2年半前くらいに上陸できるようになった軍艦島。

心の中で、B'z『MY LONELY TOWN』を高らかに歌いました。

 
20111106_170037_2

軍艦島を見たあとは、雲仙温泉に移動

草津ほど商業的になっていないけど、ザ・温泉街な感じ。

おじいさん、おばあさんばかり。のほほん。

ちょっと酸性の強いお湯ですが、いい湯でした。

  
温泉でゆったりして翌日は島原へ。

20111107_131315

島原城。

コスプレしたお姉さんがいたり、商業的になっていますが、いちばん上の展望台からの景色はなかなかよかったです。

 
そして、島原ではこの度最強のモヤモヤが。

20111107_141337

サムライブルー龍馬さん。

いや、アディダス龍馬さん、ちぃーっす。

 
言葉はいらない。いや、言葉にならない。

 
そんなモヤモヤ島原のあとは博多に移動。

それはまた次回。

 

さて、チャートチェックに移ります。

前回記事で8/1付シングルチャートのTOP3までを見終わったので、本日は4位以降をチェックしていきます。

ではでは、さっそく…
 

8/1付オリコンウィークリーシングルチャート、第4位はこの曲!

 
第4位 全部好き。 -遊助

全部好き。(初回生産限定盤)(DVD付)

遊助こと上地雄輔の7枚目のシングルが初登場で4位にランクイン。

これで7作連続のTOP10入りとなる。
 

初動売上げは4.4万枚。前作『ひと』の初動6.0万枚からダウン。

まったく下げ止まる気配なく、ついにこれでデビューから6作連続ダウンとなってしまった。
 

リリース形態は【CD+DVD】、【CDのみ】で2種リリース

【CDのみ】にだけカップリングを1曲追加収録している。

購入で全音源、映像をコンプするためには絶対に2枚以上買わなくてはならない複数買い促進商法

前作とほぼ同じ売り方なので、数字が下がるということは単純にファンが離れていると捉えられる。

 
ヘキサゴン勢が目に見えて失速しており、今回の遊助のダウンも順当ではある。

ただ、数字はかなり低くなってしまったものの、これでもヘキサゴン勢の中ではトップであることは変わらない。

今作リリースの約1ヵ月後、島田紳助があんなことになってしまったので、今後は自力で何とかしていくしかないが、方向性の変化はあるのだろうか。
 

第5位 笑ってたいんだ/NEW WORLD MUSIC -いきものがかり

笑ってたいんだ/NEW WORLD MUSIC

いきものがかりの20枚目のシングルが初登場で5位にランクイン。

これで15作連続のTOP10入りとなる。

約1年ぶりのシングル。

 
初動売上げは3.3万枚。前作『キミがいる』の初動3.6万枚からダウン。

昨年11月に初のベスト盤をリリースしてからは制作活動に専念ということで、メディア露出はほとんどなく、先述の通り、かなりのリリース間隔が開くことになった。

ベストが大ヒットになっていたので、新規ファンを獲得し、さらに伸ばしてくるかとも思われたが、数字はダウン。

CMソングと「めざましテレビ」テーマソングのダブルタイアップだったが、前作のドラマ「ホタルノヒカリ2」タイアップのほうが強かったか。
 

まぁ、ベストでファンに見切りをつけられて寿命を縮めるアーティストも少なくないので(最近は不発パターンの方が多い)、ほぼキープなら最悪の事態は免れたといった感じか。

もともとアルバムで真価を発揮するアルバム型アーティストなので、ベストでファンが増えていたとしても、シングルに手を出すコアなファンには変化がなかったのかもしれない。
 

リリース形態は魂のCD1種リリース。前作までと同じ売り方。

ソニーなのにDVD付さえリリースしない姿勢はベスト後も変わらないようだ。

 
第6位 Re:make/NO SCARED -ONE OK ROCK

Re:make / NO SCARED

4人組ロックバンド、ONE OK ROCKの6枚目のシングルが初登場で6位にランクイン。

これで3作連続、通算3作目のTOP10入りとなる。
 

初動売上げは2.9万枚。前作『アンサイズニア』の初動2.3万枚から上昇。

これで2連続上昇となる。

昨年の2年半ぶりのシングルでいきなり1万台に乗せ、前々作の29位を大きく上回る9位をマーク。初のTOP10入りを達成していた。

そこから前作でいきなり売上を2倍以上に伸ばし、今回も上昇。

  
リリース形態は魂のCD1種リリース。前作と変わらず。

商法を強化したわけではなく、数字は上がっているので単純に人気が上がっていると捉えていいだろう。

ジャニーズ時代のファンがまだ付いているとは到底思えないので、ちゃんとバンドにファンがついている様子。

ここからどこまで伸ばしていけるか注目したいところだ。

 
なお、所属事務所はアミューズ。

ここのアーティストは晩成型が多くアーティスト寿命が長いタイプが多いのが特徴。

ワンオクも見事その成功例のひとつになろうとしている。
 

第7位 マジLOVE1000% -ST☆RISH

マジLOVE1000%

アニメ「うたの☆プリンスさまっ♪マジLOVE1000%」からの企画ユニット、ST☆RISHのシングルが初登場で7位にランクイン。

「うたの☆プリンスさまっ♪」はもともとPSPの女性向け恋愛アドベンチャーゲームで、そこからのアニメ化となっている。

ST☆RISHはアニメで主要キャラを演じる声優たちによるユニット。

 
初動売上げは1.9万枚

女性向けということで男性声優だけで6人のユニット。

もともと男性声優には熱狂的な固定ファンがついていることが多く、人気に差はあるだろうが6人いるのだからセールスパワーはかなり高かった様子。

一般層にはほとんど広まっていないアニメと思われるが、その関連作で2万枚近い数字を初動で出すのはかなり凄い。

 
リリース形態は魂のCD1種リリース

相手が強固な固定ファンなので、いっぱい種類を出せばそれだけ売れた可能性があるが、ファンに批判的に捉えられると終わりな世界でもあるので、これは慎重な手とも捉えられる。

ただ、この週の翌週からキャラごとのシングルを連発することに。

1つのタイトルでいっぱい出すのではなく、異なる名義で異なる作品をいっぱい出すほうを選んだとも取れる。

その辺は、アイドル・アニメで滅法強いキングレコードなので、こなれたものである。
 

第8位 『バッハの旋律を夜に聴いたせいです。』 -サカナクション

サカナクション  / 『バッハの旋律を夜に聴いたせいです。』  〔CD Maxi〕  
 
 
 
 

5人組バンド、サカナクションの5枚目のシングルが初登場で8位にランクイン。

これで2作連続のTOP10入りとなる。

 
初動売上げは1.5万枚。前作『ルーキー』の初動0.9万枚から大きく上昇。

前作は3/16リリースで震災の影響をもろに受けていたが、今回はそこからリリース背景が通常に戻ったので売上は回復した。

なお、前々作『アイデンティティ』の初動1.2万枚も超えており、依然人気は上り調子であると思われる。

ただ、爆発的ではない。

 
リリース形態はCD EXTRAの有無で2種リリース

CDの収録内容に違いはないので、実質1種リリース。

 
今回ははじめて「Mステ」に出演するなどメディアにも積極的に顔を出していたので、その影響も売上増に多少貢献しているのかも。

これがプロモーション効果による一時的な好調なのか、人気が伸びているのかは次回作の様子で判断したいところ。

 
以下、ピックアップ。

第10位 ソラシド -GReeeeN

ソラシド (初回限定盤)(DVD付き)

GReeeeNの13枚目のシングルが初登場で10位にランクイン。

TOP10入りは11作連続となる。
 

初動売上げは1.3万枚。前作「花唄」の初動1.7万枚からダウン。

前作が約2年ぶりのシングルとなっており、そこで数字は大暴落となっていたが、続く今作でも数字はダウン。

ちょっと手が付けられないくらいファン離れが加速している。

 
リリース形態はDVDの有無で2種リリース。CDの収録内容に違いはなし。前作と同じ売り方。

この結果を見ると、2年ほど前のあの猛烈な勢いは「一時の盛り上がり」で、実際GReeeeNというアーティスト自体にはほとんどファンは付いていなかったのだと想定できる。

 
なおかつ、いきものがかりの欄でも書いたが、最近はベストリリースが失敗に終わることが多い。

この人たちはその最たる例になってしまっている。
 

今週、すでに配信では好調な新曲「恋文~ラブレター~」のリリースを控えているが、ここからの挽回はあるのだろうか。

 
~今日のふといいなぁ~
ヒカリナ (from「新呼吸」) by Base Ball Bear
シーソーゲーム ~勇敢な恋の歌~ (from「BOLERO」) by Mr.Children

2011年11月 8日 (火)

NMB48鮮烈デビュー!

NMB48の前に…

ご無沙汰しております。

約1週間ぶりの更新です。

 
今年はじめて有休をいただいて旅に出ておりました。

昨年は屋久島を訪れ、鹿児島経由で帰ってきましたが、今年は長崎。

九州シリーズ第2弾です。

 
それでは、少しだけ旅の思い出をお裾分け。。。

20111105_142813_2

長崎といったらカステラ。カステラといった3時のおやつは文明堂。総本店です。

「カステラ巻」なるものを大量に買ったので明日会社でばら撒いてやります。

20111105_153118

20111105_153403

念願の本場のちゃんぽん&皿うどん。中華街の江山楼というお店でいただきました。

やっぱ某チェーン店とは一味違ってめちゃくちゃ美味しかった…。

麺とかスープ以上に、ひとつひとつの具材のクオリティがハンパなし。

写真にも写っているつみれとか肉の団子だけで白飯何杯もいける感じ。

20111105_165022

龍馬さん。長崎の街を一望できるかなり高いところにいらっしゃいました。

いまは何を見ているのでしょうね。

 
長ったらしくなってしまうので、本日はここまで。

続きはまた次回に。。。
 

さて、チャートチェックに移ります。

本日からは8/1付チャートに突入です。

まずはいつも通り、シ ングルチャートからチェックです。
 

では、さっそく…

8/1付オリコンウィークリーシングルチャート、第1位はこの曲!

 
第1位 絶滅黒髪少女 -NMB48

絶滅黒髪少女(Type-A)(DVD付)

大阪の難波を拠点に活動するAKB48の姉妹ユニット、NMB48のデビューシングルが初登場で1位を獲得!

名古屋(栄)拠点のSKE48と同じ立ち位置となり、AKB48のメンバーはいないが、NMBのメンバーはAKB48としても活動できるとのこと。

女性グループによるメジャーデビューシングルでの初登場1位獲得は、今年5月に同じく女性アイドルグループの「ぱすぽ☆」が達成して次いで史上2組目の快挙となる。

 
初動売上げは21.8万枚

デビューシングルから初動で20万枚を超える猛烈な数字となった。

 
06年のKaoru Amane(沢尻エリカ)『タイヨウのうた』の初動15万枚を抜いて、女性アーティスト・アイドルのデビューシングル歴代最高初動を4年11ヵ月ぶりに更新

Nmb48_2

順位面でも数字面でも、いきなり記録尽くめのスタートとなった。

なお、AKB関連としても、派生ユニットで初動20万台スタートはいないし、姉妹ユニットのSKE48もはじめは数万レベルのスタートだったため、AKB勢で過去最高の滑り出しとなったことになる。

ちなみに、今作がリリースされた時点ではSKE48の最新作の初動は20.7万枚だったので、いきなり姉妹ユニットNo.1の位置につけたことにもなる。
 
 
 
リリース形態は一般流通【CD+DVD】が2種と【劇場盤】が1種で合計3種リリース

一般流通はカップリングとDVDの内容が異なっており、【劇場盤】には一般流通に未収録の楽曲を追加収録している。

全音源・映像を購入でコンプするためには絶対に3枚買わなくてはならない複数買い促進商法

 
かつ、AKB勢お得意のイベント商法も活発で、一派流通の2種には全国握手会参加券を封入し、劇場盤には個別握手会参加券を封入している。

サウンドスキャンでは一般流通の2種だけがTOP20にランクインし、3.3万枚と2.3万枚で合計わずか5.6万枚オリコンとの誤差は16万枚以上になっている。

 
少なくとも13万枚くらいは劇場盤の売上という計算になり、かなり購入層が偏っているのがもろ出ている。

デビュー曲ということでお茶の間レベルへの広まりはほとんどないようで、今後ここからAKBのように一部の層を超えた人気になっていくのかどうかは注目したいところである。

 
 
第2位 Superstar -東方神起

Superstar (初回限定盤)(DVD付)

東方神起の32枚目のシングルが初登場で2位にランクイン。

これで13作連続のTOP10入り。
 

初動売上げは15.9万枚。前作『Why?(Keep Ypur Head Down)』の初動23.1万枚から大幅ダウン。

2人体制となってからは2枚目のシングルだったが、一気に数字を下げてしまった。

前作並みの数字を出せていればNMB48にも勝てたが、やはり1作目は祝儀的に購入に走った熱狂的なファンがいたのか。

もしくは、今年になってどかどかと新たな韓国男性グループがデビューしているので、そっちにファンを持っていかれているのか。

 
リリース形態は一般流通が【CD+DVD】、【CDのみ】で2種。

これに【セブン&アイ盤】と【mu-mo盤】が加わって合計4種リリースとなっている。

一般流通は【CDのみ】にタイトル曲のリミックスを収録しており、【セブン&アイ盤】のDVDは一般流通のものと内容が異なっている。

 
すべての音源と映像を購入でコンプするには絶対に3枚購入しなくてはならない複数買い促進商法

2種類の形態を購入した人に抽選でプレゼントが当たる施策があり、mu-mo特典もあるので、狂信的なファンは3枚以上買っている可能性がある。

 
サウンドスキャンでは一般流通の2種がランクインしており、1位6.4万枚と9位1.6万枚で合計8.0万枚

NMBほどオリコンとの乖離はないものの、こちらもオリコンの半分になってしまっている。

売上の半分近くはセブン&アイだったりmu-moだったりで購入されている様子。

CDがCDショップに出向いて買うものではなくなっている様子が読み取れる。
 

第3位 マル・マル・モリ・モリ! -薫と友樹、たまにムック。

マル・マル・モリ・モリ!((フルサイズ)薫と友樹の振り付き映像(スペシャル・バージョン)DVD付)

前週の2位から1ランクダウン。

発売から2ヵ月経って、2週連続のTOP3入り。

そして、これでついに9週連続TOP10入り

 
週間売上げは4.9万枚

前週の6.7万枚からダウン。

前週リリースされたDVD付パッケージが好調なようで、若干勢いが収まっていたところで息を吹き返している。

 
累積はDVD付での猛チャージで一気に29.8万枚を突破し、30万枚を目前に。

初動3.5万枚だったシングルとしては異例のロングヒット。

今年の年末特番にはこぞって顔を出すことになるんだろうな。

 
~今日のふといいなぁ~
Get Back Home (from「HOW CRAZY YOUR LOVE」) by YUI

2011年9月17日 (土)

シースー マイウー イン ギロッポン!

本日はいつもと趣向を変えて…
 

 

先週、会社の部長さんにお声掛けいただき、会食に行ってまいりました。

 

なんと、

「回らない寿司屋」。

しかも六本木、いやギロッポンの。

 

北海道生まれ、北海道育ち、「なまらなまら」いう奴はだいたい友達な私ですが、お寿司は回転寿司オンリー。

 

なので、店に入った瞬間ド緊張。

カウンターしかない席に座り、きょろきょろ。

 
最初に目の前に登場したのは「ガリ」でまずそれが普通の寿司屋の味とぜんぜん違う。

眉がぴくんとなるような酸味がない。

うわぁ、これは大変なことになる予感。

 

 
そして、知ったのはこういうちゃんとしたお寿司屋さんでは、はじめ握りが出てこないということ。

さて、ここからは私の下手な言葉ではなく写真メインで。

 
こちらからは何もオーダーはせず、おまかせ。

20110908_191533_3 

20110908_193959_3

20110908_195225_2

あぁ、なんて上品な味なんや。

無駄な味付けはいっさいせずに、素材の味を楽しむ。大人や。

あと写真以外には、カツオやイカのお刺身が出てきました。
 

 
実は、何がいちばん美味かったって聞かれたら…

イカです。

写真なし、文中さらっと書いたイカです。

あまりに衝撃的で、写真なんてまったく撮れませんでした。
 

食感が普段食べているイカとまったく違うの。

味はたしかにイカなんだけど、噛まなくていいくらい柔らかい。

トロとかならね、そういう表現をよく見かけるけど、イカでもあるのか。イカす( ̄ー+ ̄)
 
 

会もはじまって1時間弱が経とうとしているところ、ついに握り(シャリあり)パートへ突入。
 
20110908_201527

20110908_201958

20110908_202204

20110908_203810

20110908_210842

20110908_211532

 
至福の時。

この記事が最新でアップされている間だけ「至福ノート」に変更すべきか。

 
何がうまいって、ネタはどれもうまいんですが、それ以上に「脇役たち」がこんなに普通とは違うのかと。
 

ちょっと固めに炊かれた薄味のシャリ

ツーンとしない食べているとふわっと香るわさび。などなど…。

 
どの握りを食べても立ち返ってここに注目しちゃう。

逆に、脇役たちが生きているからこそどの握りも美味しいでしょう。

 
自分も会社では脇役な部署にいるので勇気貰いました。寿司に。

おまいら…頑張ろうな…。

 

そして、「次はなに出てくるんだろう!?」とか「え、それを次どう調理すんの?」っていうワクテカ感がハンパない!+(0゚・∀・) + ワクテカ +

右に部長がいることも忘れて、おやっさんの動きや手元を観察しまくりでした。

 
 
お酒をいっさい飲まず、出てくるものを食べまくっていたので、満腹。うぷ。

ちなみに、この日のシャリは私たちが食べ尽くしてしまいました。

 
ギロッポンで満腹になるほどマイウーなシースーを食べれるなんて。

声をかけてくださった部長さんにただただ感謝です。

 
おれもこのお店のシャリやわさびのように、自分の仕事をちゃんとできる、目立たなくても存在をアピールできるようにならなくちゃ。

そんなことを思った会食でした。
 

※注 グルメブログになったわけではありません。

 
 
~今日のふといいなぁ~
ピストル by Acid Black Cherry

2011年7月24日 (日)

吉井和哉、約13年ぶりのアルバム首位!

吉井和哉の前に…

 

今更ながら、「ap bank fes '10」のDVDを観ていますが、

ん~例年に比べて微妙。

 
阿部真央とDragon Ashのパフォーマンスが未収録の時点で、個人的にはかなりショックだったのですが。

何よりバンドアクトのダイジェスト収録が許せない…。

 
レミオも世界の終わりもフラカンもほとんどサビだけで、ぶつぶつ途切れて堪能できない。

特に、世界の終わりなんて絶対ダイジェストにしちゃダメだよ。世界観が台無し。

これなら1曲をフルで収録してくれたほうが数倍よかった。
 

好きだからこそ出る不満。

来年のDVDでピロウズがダイジェストにならないことを願います。
 

でも、スキマの『旅人』とRHYMESTERは新鮮でよかった。

  

さて、チャートチェックに移ります。

前回記事で4/25付シングルチャートを見終わったので、本日はアルバムチャートを見ていきます。

ではでは、さっそく…

4/25付オリコンウィークリーアルバムチャート、第1位はこの作品!
 

第1位 The Apples -吉井和哉

The Apples (初回限定盤)(DVD付)

吉井和哉の6枚目のアルバムが初登場で1位を獲得!

シングル、アルバム通じてソロでの首位獲得は初。

イエモン時代を含めても1998年の「PUNCH DRUNKARD」で記録して以来、約13年ぶりの首位獲得となる。これは意外。

イエモン解散前にはベスト等も出ているがすべて2位止まりだった。
 

初動売上げは3.8万枚。前作「VOLT」の初動4.6万枚からダウン。

1stから4thまで3連続で初動を落とし、5thである前作でいったん下げ止まっていたが、今回再びダウン。

キャリアからしても新規のファンをどんどん獲得していける状況ではなく、イエモン時代からの固定ファンがジリ貧しているといった感じか。

なお、前作は4.6万枚で7位だったので、今回は数字を下げて順位を6つも上げ、おまけに1位までゲットしたかたち。かなりラッキー。

 
リリース形態はDVDの有無で2種と、アナログ盤で計3種リリース

ただ、CDの収録内容は統一なので、通常複数買いは起こらない仕様。

 
iTunesでの配信も積極的に行っているので、そっちに取られている可能性もあるが、パッケージ売上もそろそろ下げ止めたいところ。

果たしてどのあたりで安定するのだろうか。
 

第2位 願いの塔 -EXILE

願いの塔(AL2枚組+DVD2枚組)

前週の5位から3ランクアップ。

週間売上げは1.4万枚

新譜がなさすぎたため、前週の2.3万枚から数字を落としながら、再びTOP3に戻ってきた。

なお、1.4万枚での2位獲得は歴代最低レベルである。

累積は65.4万枚を突破したが、まだ前作の初動にも及んでいない。
 

第3位 グッバイ・ララバイ -アヴリル・ラヴィーン

グッバイ・ララバイ(初回生産限定盤)(DVD付)

前週の9位から6ランクアップ。

周りの低レベルが手伝い、一気に順位を上げ、TOP3返り咲き。

ただ、上のEXILE同様、この順位の売上としては過去最低レベルである。

 
週間売上げは1.2万枚

前週の1.5万枚からダウン。

 
累積は27.9万枚を突破。

なお、この週の洋楽ランキングでは発売から1ヵ月半経っていながら、週間1位を獲得している。

 
以下、ピックアップ。

第6位 guitarissimo -miwa

guitarissimo

前週の1位から5ランクダウン。

週間売上げは1.0万枚

前週の初動4.0万枚からダウン。

いきなりの週間1位獲得による話題性で粘りを見せる展開も想定されたが、普通にダウン。

数字自体の落ち込みもそうだが、若手の作品が一般層に広がっていかないのも、このご時世のひとつの特徴になっている。
 

なお、前週の週間1位もかなりラッキーだったが、当週の6位もかなりラッキー。

この週、売上が1万枚を超えたのはこの6位miwaまでだった。
 

第9位 心 -北乃きい

心 (DVD付) (ジャケットA)

女優、北乃きいの初のアルバムが初登場で9位にランクイン。

 
初動売上げは0.9万枚

先行でリリースされているシングルは3作。

直近のシングルの初動0.7万枚は何とか超えてきたが、前2作の初動には及ばず。

 
デビューシングル『サクラサク』は初動1.6万枚から累積も3万枚を超えるヒットになっていた。

しかし、その後の「路チュー報道」でかなりのファンが離れたようで、CD売上はガクッと落ちてしまっていた。

 
リリース形態は【CD+DVD+写真集】、【CD+DVD】、【CDのみ】で全3種リリース

ただし、全音源、映像をコンプするだけなら、一番豪華なタイプ1枚の購入で事足りる仕様。

 
「路チュー」がなければもう少し出ていたかもしれないが、爆発的なセールスになっていたとは思えない。

こうして見ると、女優の歌手活動としては、柴咲コウって本当に成功している例なんだなと実感できる。
 

~今日のふといいなぁ~
パレオはエメラルド by SKE48
爪痕 by The Birthday

2011年5月 5日 (木)

嵐が4作連続初動50万突破! ELTがチャン・グンソク効果でヒット!

嵐の前に…
 

  
北海道ステイ3日目。

今日はベタに旭山動物園にいってきました。

 
こどもの日ということもあって、園内はちびっこだらけ。

本物の猿に負けないくらい、ちょろちょろして、まるでるーさーでした。

 
ただ、動物よりも子どもが好きなので、動物じゃなくずっと子どもたちを見て癒されてました。
 

動物も見ました。

20110505_132140_2

ニルヴァーナのジャケ写っぽいアングル。

20110505_160553_2

熱視線。かわいい。
 

 
うん、癒された。

ベタだけど、人気あるわけはわかる。
 

 

チャートチェックに移ります。

前々回の記事で、2/28付チャートを見終わったので、本日は3/7付チャートに突入。

まずはいつも通り、シングルチャートからチェックです。

 
通常、二記事に分けてチェックしているシングルチャートですが、

今回は一気にTOP10すべてチェックしちゃいますよ。
 

ではでは、さっそく…

2/28付オリコンウィークリーシングルチャート、第1位はこの曲!

 
第1位 Lotus  -嵐

Lotus

嵐の35枚目のシングルが初登場で1位を獲得!

1位獲得は、04年2月『PIKA★★NCHI DOUBLE』以来、24作連続となる。
 

初動売上げは54.1万枚!!

前作『果てない空』の初動57.2万枚からダウン。

 
前作がデビュー曲『A・RA・SHI』を超えて自己最高初動だったが、今回はそこから少し下がった。

とはいっても、これも自己3番目に高い初動であり、昨年年間上位にランクインした『Troublemaker』や『Monster』を超える出足となっている。

また、これで「Løve Rainbow」から4作連続初動50万枚突破

08年からジャニーズの中でもぶっちぎりの存在となり、それから物凄い高い位置で安定している。

AKBさえいなければ、はっきり言って無敵である。

タイアップは前作同様、メンバー主演ドラマの主題歌。

前回がフジ系列で、今回はドラマタイアップ効果が低いことで有名なテレ朝系。

ただ、どちらにせよ、ジャニーズはタイアップが売上に直結するケースはほぼないので、度外視して考えてよさそう。
 

リリース形態はDVDの有無で2種リリース

CDのみにだけ収録の楽曲があるため、全音源・映像を購入でコンプするためには絶対に2枚買わなくてはならない複数買い促進商法

しかし、他のジャニーズやAKB勢なんかと比べるとシンプルな商法。

それでもこの数字が出るのだから、もしAKBみたいに握手券なんか付け始めたら…なんて想像はタブーか。
 

なお、この発売週の売上だけで2011年年間暫定2位に登場。

2011年5月現在も、年間2位をキープしている。

今年も年間シングルはAKB48と嵐だけになりそうだ。
 

第2位 友達の唄 -BUMP OF CHICKEN

即発送!★連購応募券封入■BUMP OF CHICKEN CD【友達の唄】11/2/23発売

BUMP OF CHICKENの19枚目のシングルが初登場で2位にランクイン。

これで17作連続でTOP10入りとなる。
 

初動売上げは8.2万枚。前作『宇宙飛行士への手紙/モーターサイクル』の初動9.3万枚からダウン。

連続ダウン。
 

2010年から一気に勢いがなくなり、初動10万台も遠くなりつつある。

もともとメディア露出が少なく、現在の地位も商業的に手に入れたものではないため、一過性のものではないかなり強固な固定ファンを付けていたが、ここにきてファン離れが加速している様子。

 
リリース形態は魂のCD1種リリース

ずっとこの売り方。まわりでは当たり前になっているDVD付さえリリースせず音楽だけで勝負するスタンスは変わらず。

映画「映画ドラえもん 新・のび太と鉄人兵団 ~はばたけ天使たち~」主題歌だったが、リリース日時点ではまだ公開すらされておらず、タイアップ効果は微妙。

そもそも、「ドラえもん」のファン層と彼らのファン層がかぶっているとは思えない。
 

アルバムでも大きく数字を落としていたが、さらにそのアルバムで見切りをつけたファンもいたのかも。

BUMPは今月、はやくもNewシングルのリリースが決まっており、キャリア初のDVD付シングルとなっている。

この売り方で数字は回復するのだろうか。注目したいところ。
 

第3位 桜の木になろう  -AKB48

 桜の木になろう(初回限定盤Type-A)【オリジナル生写真特典付き】   

  
  

前週の1位から2ランクダウン。

週間売上げは5.5万枚

前週の驚異の初動94.2万枚から一気に17分の1になるビッグバン大暴落。

 
初動で90万以上売ったシングルがその翌週に5万しか売れないというのは日本初、いや世界初なんじゃ…。

珍記録樹立。

 
なお、今作とほぼ同じリリース状況だった前々作『Beginner』は初動82.7万枚から2週目で6.4万枚出ていた。

初動は上がっているが、下落率はさらに酷いことになっているのがわかる。

 
累積は99.8万枚

なんと2週でミリオン達成できなかった。

初動90万台の作品が翌週にミリオン達成できないのは日本初、いや世界初だと思われる。しつこいか。

 
とりあえず、この時点で3週目でのミリオン突破が確定した。
 

第4位 Kiss me 愛してる -℃-ute

 Kiss me 愛してる(初回生産限定盤A)  

 
 

ハロプロ系アイドルユニット、℃-uteのメジャー15枚目のシングルが初登場で4位にランクイン。

初動売上げは2.2万枚。前作『会いたいロンリークリスマス』の初動2.4万枚から微減。

一度、1万台まで落としたあと、復調し連続で上昇していたが、ここでまたダウン。

 
リリース形態は【CD+DVD】が2種と【CDのみ】が1種で計3種リリース

DVDは内容違いで、CDの収録内容はすべて同じ。

いずれにもイベント抽選シリアルナンバーカード封入。複数買い促進商法

いつもと同じ商法。

 
目立ったタイアップはないし、商法もいつも通りなので、今回のダウンはただ単に固定ファン内の動きの範囲内か。

 
第5位 卒業 -サーターアンダギー

 卒業(初回限定盤)  

 
 

「クイズ!ヘキサゴンⅡ」からのユニット、サーターアンダギーの4枚目のシングルが初登場で5位にランクイン。

これで4作連続TOP10入り。週間5位は自己最高位となる。
 

初動売上げは1.8万枚。前作『大切な人』の初動0.9万枚から倍増!

デビュー曲以降、一度も上昇することなく、周りのヘキサゴン勢の人気低下に引っ張られるように連続ダウンしていたが、ここで一気に売上回復。

 
上昇の要因は明確ではないが、まずは商法の違いひとつ。

前回はCD1種リリースだったが、今回は2種リリース

初回盤にはDVDとフォトブック、そして発売記念イベント握手会参加券が封入されている。

単純に1種増えており、この商法は今作とほぼ同じ初動だった前々作と同じ。

 
なお、イベント商法に関しては発売日から5日連続で握手会を含むイベントを開催し、最終日3/27には東京マラソンに参加後イベントを敢行し、会場で即売も展開している。

数千枚はこのイベント効果によると思われる。
 

また、今作のMVにはAKB48の横山由依が出演。

横山由依は今、AKBの中で不自然なほど激プッシュされているメンバーで、現在放映中のAKBメンバー出演ドラマでも前田敦子や大島優子を超える尺で出演している。

もしかすると、そこからの流れもありえるが、MVは今作付属のDVDに収録されていないので、そこまで大きな効果はなかったと思われる。

 
今回はいろいろとプラス要因があったようなので、次回作でも同じ売り方で同じレベルの数字を出せるか注目だ。

なお、「ヘキサゴン」関連のユニットが4枚目のシングルをリリースするのは、羞恥心の3枚を上回って初のことになる。

  
以下、6位と7位は一気にチェック。

第6位 STAR  -Every Little Thing

2011年02月23日発売【CD】Every Little Thing/STAR【通常盤】

第7位 MOON  -Every Little Thing

■通常盤■Every Little Thing CD【MOON】11/2/23発売

Every Little Thingの約1年ぶり、39枚目と40枚目のシングルがそれぞれ6位と7位に初登場。

ELTがシングルを2枚同時でリリースするのは15年目で初のこととなる。
 

初動売上げはそれぞれ1.64万枚1.63万枚。ほぼ同じ数字。

前作『Change』の初動0.6万枚からともに3倍近くになる大上昇。
 

ここ数作は初動1万台が難しくなり、順位もTOP20がやっとのところまで衰退していたが、ここで2枚同時リリースという一般的にはさらに下がってもおかしくない状況下で、一気に復調。

この不自然な上昇の理由は、最新の週間チャート(5/9付)においてデビュー曲でいきなり初動10万越えで1位を獲得しメディアで取り上げられている、韓国の人気俳優、チャン・グンソクにある。

今回の『STAR』、『MOON』の2曲のMVにはともに、そのチャン・グンソクが出演しているのである。
 

リリース形態は2作とも【CD+DVD】と【CDのみ】の2種リリース

DVDにはそのチャン・グンソクが出演したMV(ショートドラマ)を収録。

今回の上昇に関しては、それがすべてで、ELTの人気が回復したとか楽曲が世間に支持されたといったことはほぼないものと思われる。
 

この2作がランクインした当初は「チャンってどんだけ人気あるんだよ…」と半ば半信半疑なところがあったが、最新のシングルチャートでのチャンの暴走を見てしまうと、逆に、「なんでこれくらいの数字しか出なかったんだ」とさえ思ってしまう。

とりあえず、次回作でチャン効果がなくなると、いつものELTに戻ると思われ、TOP10外に沈むと思われる。
  

以下、ピックアップ。

第10位 何かひとつ feat.JAY'ED & 若旦那  -JAMOSA

■JAMOSA CD【何かひとつ feat.JAY'ED & 若旦那】11/2/23発売  

06年メジャーデビューの女性R&Bシンガー、JAMOSAの8枚目のシングルが初登場で10位にランクイン。

これが自身初のTOP10入りとなる。
 

初動売上げは1.1万枚。前作『BOND~キズナ~feat.若旦那』の681枚から爆上げ!

言うまでもなく自己最高初動。

 
今作は日本テレ系ドラマ「美咲ナンバーワン!!」主題歌となっている。

ただ、ドラマの視聴率はお世辞にも高くなく、10%弱。

しかし、このタイアップ効果以外にここまで上昇してくる要因が見当たらない。

配信で高い位置につけていたので、ドラマの視聴層とこの楽曲の支持層がマッチした結果なのだろう。

 
リリース形態は魂のCD1種リリース

それで、これだけの数字が出ればなかなかの成功例といえる。
 

ただ、問題は次回以降続くかどうか。

これで終われば、一発屋のレッテルが貼られることになる。

というか、この数字では世間は「一発」さえ認めてくれないか…。

 

~今日のふといいなぁ~
make it happen  by 安室奈美恵 feat. AFTERSCHOOL
FLOWER   by 吉井和哉

2011年3月16日 (水)

「ボーカロイド」作品、史上2作目の週間1位獲得!

「ボーカロイド」の前に…。
 
 

 
依然として非常事態が続く日本。
 

放射能に関する報道がメディアを踊る中、
 

今度は静岡で震度6強…。

地球、踏ん張ってくれ。

 
 
私の会社では自宅待機命令が下りました。

東京なんて全然平気なのに。
 

会社にいて仕事しているほうが気が紛れてずっとマシ。

テレビ見てても不安ばかり募るし。福島の友人ばかり頭に浮かぶし。

 
そして、なんか急に気温が下がってきた。

風が猛烈に強くなってきた。

人の目に見えないところで何か起こっている。

もうこれ以上、被害が大きくならないことを切に願います。
 

 
今回の災害に伴う音楽業界への影響は「私服ツイート」内で一通り、RTしたりつぶやいたりしときました。

どうぞご参考に。

 
とりあえずチャートチェックを進めます。

意地でもいつも通り、進めます。
 

前回記事で1/31付シングルチャートを見終わったので、本日はアルバムチャートを見ていきます。

では、さっそく…

1/31付オリコンウィークリーアルバムチャート、第1位はこの作品!

 
第1位 EXIT TUNES PRESENTS Vocalonexus feat.初音ミク  -V.A.

EXIT TUNES PRESENTS Vocalonexus (ボカロネクサス) feat.初音ミク(ジャケットイラストレーター 左) 【数量限定オリジナルストラップ付き】

音声合成ソフト「ボーカロイド」を用いたボーカロイドアルバムが初登場で1位を獲得!

「ボーカロイド」作品の週間1位獲得はこれが史上2作目となる。
 

初動売上げは3.1万枚

前作「EXIT TUNES PRESENTS Vocaloanthems feat.初音ミク」の初動2.7万枚から上昇。

なお、「ボーカロイド」作品初の週間1位を獲得したのが前々作「EXIT TUNES PRESENTS Vocalogenesis feat.初音ミク」で、その初動が2.3万枚だった。

 
前々作のときほどではないにしろ、今回もリリース過少の穴場週にぶつかったための1位獲得だが、売上は連続上昇しており、「EXIT TUNES」シリーズがある程度の固定ファンを付けてきているのがわかる。

 
リリース形態はCD1種リリース

購入層は複数商法を嫌いそうな層と思われるので、この売り方で正解か。

そもそも、アイドルではないので複数出してそれをすべて買うような層はほとんどないと思われる。

 
数年前なら機械が歌う歌が売れるなんて想像できなかったことであるが、ニコニコ動画等を中心に新たな文化が形成されたといった感じ。

なお、タイトルにはfeat.初音ミクと記載があるが「鏡音リン」や、GACKTの声をもとにした「がくっぽいど」による楽曲も収録されている。
 

第2位 いきものばかり~メンバーズBESTセレクション~ -いきものがかり

いきものばかり~メンバーズBESTセレクション~

前週の2位をキープ。

週間売上げは1.9万枚。前週の2.4万枚からダウン。

 
発売12週目にして、ついに売上は1万台になったものの、周りの低レベルも手伝い、依然としてTOP3をキープ。

累積売上は112.3万枚を突破。

ミリオンからさらに10万枚以上売れており、2010年末最強のヒット作なのは間違いない。

 
第3位 ガールズトーク  -KARA

ガールズトーク

前週の3位をキープ。

週間売上げは1.9万枚。前週の1.4万枚から上昇。

 
発売9週目のなんとこのタイミングで売上回復。

ちょうどこの週は「解散報道」がなされて盛り上がっていたタイミングであり、その報道の効果の大きさを物語っている。

報道はマイナスな印象を受けるものだったが、セールスではプラスに転じている。
 

累積売上は27.7万枚を突破。

上のいきものがかりに次いで、2010年末代表的ヒット作と言える。
 

第4位 EIGHT  -Do As Infinity

EIGHT

Do As Infinityの8枚目のオリジナルアルバムが初登場で4位にランクイン。
 

初動売上げは1.2万枚。前作「ETERNAL FLAME」の初動1.9万枚から大幅ダウン。

再結成後、2枚目のアルバムとなるが、またしても…。


解散前最後のオリジナルアルバムである05年「NEED YOUR LOVE」は初動で8.2万枚出ていた。

そこから前作が4分の1以下になる大暴落で、再結成後にファンがほとんどついてきていないことが露わに。

 
さらに、今回は前作の1.9万枚から1.2万枚までダウンし、一気に1万台ギリギリのラインまできてしまった。

シングルでも再結成後、『∞1』初動1.2万枚→『君がいない未来』初動0.9万枚→『∞2』初動0.8万枚と下がる一方だったので、アルバムでのダウンは自然な流れではある。
 

リリース形態はDVDの有無で2種リリース

収録曲の違い等はない、このご時世だとかなりやさしい売り方。

 
ここまで目に見えて人気下降してしまうと、なかなか下げ止めるのは難しそう。

複数商法に頼る手もあるが、そもそもの固定ファンが1万程度だとすると、それさえも長期的に見て逆効果になりえる。

再結成前のファンとは違う新規ファンを獲得していくことが最大の目標になりそう。

 
以下、ピックアップ。

第6位 ティン・パン・アレイ -毛皮のマリーズ

ティン・パン・アレイ

03年結成、2010年メジャーデビューの4人組ロックバンド、毛皮のマリーズの通算6枚目のアルバムが初登場で6位にランクイン。

メジャー2枚目のアルバムにして、自身初の週間TOP10入り。
 

初動売上げは1.1万枚。前作「毛皮のマリーズ」の初動0.5万枚から倍以上の上昇。 

ここ数年、ロックファンの中で注目を集めているロックバンドであり、タワーレコードとの連携も印象的だった。

今作に関してはリード曲の『愛のテーマ』がラジオをはじめとするメディアで大量オンエアされ、一気にプッシュされていた。

もともと人気・注目度上昇中だったので、メディアのプッシュはかなり効いた様子。
 

リリース形態はDVDの有無で2種リリース。収録曲違い等はなし。

今後も音楽メディアでのプッシュは続いていきそうなバンドなので、まだ伸びしろがある。

シングルでもTOP10ヒットを飛ばせるか、注目である。

 

~今日のふといいなぁ~
透明人間18号  by RADWIMPS
誰かのせいにはしない  by SKE48

2011年3月14日 (月)

「けいおん!!」キャラソン、脇役勢が3作同時TOP10入り!

「けいおん!」の前に…

 
福島の友達から2日ぶりにメール返ってきた。

 
相変らず断水で、電車は走っていないし、ガソリンもない。

でも、仕事は行かなきゃならないんだ。

原発から30kmの職場にな…。

 
そんな内容。
 

なんだよ、東京にいるおれらなんか何も恐れることないじゃないか!!

 
そんな中、ついにRADWIMPSも動き出しました!

http://radwimps.jp/

「糸色」で「いとしき」か。

アルバムの「絶体絶命」って、

「いとしき体 いとしき命」って意味だったのか。

なんとも洋次郎らしい。

そして、ラッドファンのメッセージは威力あるなー。

 

無事な人間は可能な限り、普通の生活をして、社会を経済を回す。そして、希望を作る。

それが一番の貢献だと思う。

 
おれも普通にチャートチェックして、節電のために早く寝よう。

 
~ 

てことで、チャートチェックに移ります。 

前回記事で1/31付の4位までをチェックしたので本日は5位以降をピックアップしていきます。

解説の都合上、この週は5位、8位、9位を一気に見ていきます。
 

ではでは、さっそく…
 

1/31付オリコンウィークリーシングルチャート、第5位はこの曲!

第5位 TVアニメ「けいおん!!」キャラクターイメージソング 平沢憂(ウキウキNew! My Way) -平沢憂(米澤円)

TVアニメ「けいおん!!」キャラクターイメージCDシリーズ 「けいおん!!」イメージソング 平沢憂  

第8位 TVアニメ「けいおん!!」キャラクターイメージソング 鈴木純(純情Bomber!!) -鈴木純(永田依子)

TVアニメ「けいおん!!」キャラクターイメージCDシリーズ 「けいおん!!」イメージソング 鈴木純

第9位 TVアニメ「けいおん!!」キャラクターイメージソング 真鍋和(Jump) -真鍋和(藤東知夏)

TVアニメ「けいおん!!」キャラクターイメージCDシリーズ 「けいおん!!」イメージソング 真鍋和

人気アニメ「けいおん!!」のキャラクターソングが3作同時リリースで5位、8位、9位に初登場。

初動売上げはそれぞれ1.3万枚1.2万枚1.2万枚

 
5位の平沢憂、9位の真鍋和はアニメ第1期でもキャラソンをリリースしており、それぞれ1.3万枚、1.2万枚だった。ほぼ変化なし。

逆に、8位の鈴木純は今回が初のキャラソン化だが、他のキャラと引けを取らない売上を出してきた。
 

OPやEDは第2期が第1期を圧倒的に上回る数字を見せていたが、キャラソンになると一転、主要キャラのキャラソンは第1期を下回る成績になっていた。

そんな経緯がありながらの、脇役3キャラのキャラソンリリースだったが、こちらは第1期と変わらぬ売上。

脇役のキャラソンにまで手を伸ばす熱狂的固定ファンがだいたい1万弱で、それは第1期から変わっていないということなのだろうか。

 
リリース形態は3作とも、CD1種リリース

主要キャラでなく、この売り方で、かつアニメは昨年9月に終わっているにも関わらず、余裕の1万台。

最近はいろいろなアニメが出てきているが、やはりこの「けいおん!」の人気は半端ない。
 

以下、ピックアップ。

第6位 「夢」~ムゲンノカナタ~ -ViViD

夢~ムゲンノカナタ~ 通常盤-スペシャルボーナストラック盤-

5人組V系バンド、ViViDのメジャー第1弾、通算5作目のシングルが初登場で6位にランクイン。

週間6位は自己最高位。
 

初動売上げは1.2万枚。前作『PRECIOUS』の初動0.7万枚から大幅増

わかりやすく大きな売上アップと来れば大概がアニメタイアップで、今作はアニメ「レベルE」タイアップ。

またV系バンドで、いきなりアニメタイアップとくれば案の定ソニー系となっている。

 
インディーズだった前作も自己最高初動・最高位を更新しており、人気は上昇中だった中でのメジャーデビュー&アニメタイアップだったので一気にガツンときた様子。

 
リリース形態は【DVD付】が2種と【CDのみ】が1種で合計3種リリース

パッケージ数は前作と同じだが、今回は【CDのみ】だけカップリング追加。

前作は【DVD付】の1種もカップリング追加されていたので、商法は若干だが弱まっている。

 
それでも、全音源・映像を購入でコンプするためには絶対に3枚買わなくてはならない複数買い促進商法なのは変わらず、典型的なV系商法である。

 
ルックスもいいので、今後もっとメジャーなアニメタイアップがついたり大々的に宣伝されれば、シドのようなラインをたどることもできそう。

というか、ソニーはそれを狙って契約したはず。今後の活躍に期待である。
 

第7位 春の雪  -徳永英明

春の雪

徳永英明の47枚目のシングルが初登場で7位にランクイン。

デビュー25周年記念第1弾シングルとなり、3作ぶりにTOP10入り。

 
初動売上げは1.2万枚。前作『時の流れに身をまかせ』の初動0.6万枚から倍増

前作はカバーシングルで、前々作はオリジナル曲だったが初動は0.7万枚だったので、ここにきて一気に復調。

リリース形態はDVDの有無で2種リリースで、これは前回も前々回も同じだったので、商法による上昇ではない。
 

今作は昼ドラ「さくら心中」主題歌となっている。

08年にも昼ドラ主題歌で上々な成績を残しているので、相性がいい様子。

また、25周年記念でデビュー曲であり代表作の「レイニーブルー」のセルフカバーをc/wに収録したのもよかったか。

 
ここ数年はカバーのイメージが強いがまだオリジナルでもTOP10ヒットを出せるセールスパワーは残っている。

さて、この勢いは25周年記念第2弾以降も続くのだろうか。

~今日のふといいなぁ~
君と羊と青 by RADWIMPS
HAMO  by ゆず

より以前の記事一覧

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

-天気予報コム-
無料ブログはココログ