Twitter

  • 私服ツイート

2016年2月27日 (土)

MGN29 Reccomends 2015 Part④~2015年オススメ曲紹介~

前回からまた時間が開いてしまいましたが、管理人の2015年オススメ曲を紹介する「MGN29 Reccomends 2015」の続きを発表。
 
 
せめて2015年が終わるまでには、発表し終えなければ笑。
 
さて、本日は夏まっさかり2015年7~8月リリース部門です。
 
もし、まだ耳にしたことのない曲がありましたら、ぜひチェックしてみてください!
 
なお、音楽配信サービス「AWA」で配信されている楽曲は、曲名の横にMusicapp_3を付けておきます。
 
「AWA」は初回3ヵ月無料ですので、これを機会に一度楽しんでみてくださいね。
(「AWA」Official HP: https://awa.fm/)
 
 
I LOVE THE WORLD (from「I LOVE THE WORLD」) by UVERworld Musicapp_3
 
~UVERworldの2015年2作目のシングル。EDMの要素を強く取り入れたロックチューン。電子音メインなので、楽器隊の音はいつもより控えめだけど、EDMとロックバンドの融合が改めてかっこいいことを教えてくれた1曲。8年前くらいの「UNKNOWN ORCHESTRA」でもEDM的なアプローチをしていてそれも抜群だったので、TAKUYA∞の声との相性もいいのかも。「単調」と言われるとそうなんだけど、シンプル故に中毒性が高くて何度もリピートしました。c/wの「PRAYING RUN」もTAKUTA∞らしい熱いメッセージが込められててかっこいい。
 
 
 
ハッピーポンコツ (from「MEGA SHAKE IT!/ ハッピーポンコツ」) by キュウソネコカミ Musicapp_3
 
~5人組バンド、キュウソネコカミのメジャー初のシングルより。1作前のミニAL『ハッピーポンコツランド』が個人的にハマらなかったんだけど、この曲はばっちり。ポンコツと呼ばれる人って不思議と周りを幸せにしてる、みんなもっと気楽にポンコツに生きてもいいんじゃね?っていうキュウソ的応援歌。何か失敗した直後に聴いたら不覚にも涙出そう、キュウソに泣かされるなんて悔しいんだけど。
 
 
 
羽根の記憶 (from「太陽ノック」) by 乃木坂46 Musicapp_3
 
~乃木坂46の12thシングルより。CDでは「セブンイレブン限定盤」にだけ収録された楽曲。作曲は「君の名は希望」という乃木坂の記念碑的楽曲を創った杉山勝彦。運営が"「君の名は希望」みたいな曲を"とオーダーしたんじゃないかと思うくらい、そっくりな楽曲なんだけど、歌詞もメロディもすばらしいとしか言えない。控えめでひたむきな乃木坂像があるからこそ、こういう曲がガチッとハマる。次の乃木坂×杉山作品にも期待してしまいます。
 
 
 
徹頭徹尾夜な夜なドライブ (from『DUGOUT ACCIDENT』) by UNISON SQUARE GARDEN
 
~UNISON SQUARE GARDENの結成10週年記念アルバムより。大ヒットした「シュガーソングとビターステップ」のようなオシャレでスマートな感じは皆無。サビの「ワタシドコ ココハダレ ダアレ?」など意味がありそうでなさそうな歌詞がインパクト大なロックナンバー。ある意味、田淵氏の真骨頂。ちょっとダサいんだけどかっこよくて中毒性あり。なお、このアルバムでは「未完成デイジー (D.A mix)」もすばらしい。"呼吸のような幸福"ってフレーズは逸品だと思います。
 
 
 
Run Run (from『A Mirage In The Sun』) by MONOEYES
 
~ELLEGARDENのVo.細美武士の新バンド、MONOEYESの1stアルバムのリードトラック。疾走感溢れるロックナンバーで、ただカッコいい。エルレの音にかなり近くて、エルレが好きだった人なら確実に刺さる音。北海道帰省中に「RSR2015」で彼らのパフォーマンスを見て、ホント楽しくてその後このアルバムをヘビロテ。
先行シングル曲「My Instant Song」、日本語詞の「グラニート」&「明日公園で」も細見さんのポップセンスが溢れていて抜群。「My Instant Song」はMVも音を出している楽しさが伝わってきてワクワクします。
 
 
 
 
Yeah! Yeah! Yeah! (from『androp』) by androp Musicapp_3
 
~バンド名をタイトルに掲げた7thアルバムより、「三ツ矢サイダー」のCMに起用されたさわやか青春ポップチューン。"君はまっすぐ前に進んでる 君の向く方向が前になる"など前向きになれるフレーズが散りばめられた応援ソング。Vo.内澤の透き通るような歌声がメロディにとても合っていて聴いていて心地いい。アルバムも良い作品で、尖ったロックナンバー「From here」、優しいバラード曲「Star」など名曲満載です。
 
 
Awaawea_2
走り出す想いを とめられない《DREAM編》  
 
 
 
以上、いかがでしたか?
 
皆さんの新たな音との出会いのきっかけになったなら、この上ない喜びです。
 
 
さて、次回は秋の気配を感じた、9月~10月部門を発表します。
 
引き続き、ご贔屓に!
 
 

2016年1月30日 (土)

MGN29 Reccomends 2015 Part③~2015年オススメ曲紹介~

前回から時間が開いてしまいましたが、本日も管理人の2015年オススメ曲を紹介する「MGN29 Reccomends 2015」の続きを発表。

 
本日は2015年5~6月リリース部門です。
 
もし、まだ耳にしたことのない曲がありましたら、ぜひチェックしてみてください!
 
なお、音楽配信サービス「AWA」で配信されている楽曲は、曲名の横にMusicapp_3を付けておきます。
 
「AWA」は初回3ヵ月無料ですので、これを機会に一度楽しんでみてくださいね。
(「AWA」Official HP: https://awa.fm/)
 
 
RED (from「RED」) by B'z
 
~B'zの2015年第2弾シングル。昨年日本球界に復活した黒田博樹投手のホームでの登場曲として書き下ろされたロックナンバー。はじまりの「オーオーオー」という合唱から鳥肌モノ。また、「R」(楽はしない)「E」(偉ぶらない)「D」(誰のせいにもしない)という、曲名で韻を踏んだサビはまさに黒田そのもの。REDということでMVでは炎をまとっていてそれもひたすらかっこいい。昨年リリースされたB'z楽曲では断トツでこの曲がお気に入りでした。
 
 
 
シュガーソングとビターステップ (from「シュガーソングとビターステップ」) by UNISON SQUARE GARDEN
 
~3ピースバンド、UNISON SQUARE GARDENの2015年唯一のシングル作品。じわじわ人気を拡大してきて、ついにここで爆発。CDは自身最大のヒットとなり、iTunesでも年間5位を獲得し、一気に彼らの代表曲に。個人的にここまで「朝に聴きたい!」と思った曲は初で、暗い気分も一気に吹っ飛び、心が弾みます。MVもコミカルでかわいくて、c/wの「シグナルABC」も「らしさ全開」で、全体として否のつけようがない作品。人気絶頂で迎えた2016年。どんな音を聴かせてくれるのか、楽しみで仕方ありません!
 
 
 
SUN (from「SUN」) by 星野源
 
~星野源の8作目のシングル。曲名がそのまま歌になったようなひたすら明るいポップナンバー。上のUNISONと少しタイプは違うけど、これも聴いていて心が踊った曲でした。ポップなだけでなく、洋楽的な要素と派手すぎない彼の素朴さのバランスが、今最もいい状態にあると思います。ここ2~3年で瞬く間に人気を獲得し、その結果、昨年の年末にはアルバムも大ヒットし、紅白含むほぼ全ての音楽特番に出演して人気絶頂、破竹の勢いといった感じ。今年はどんな活躍を見せてくれるのか、注目です。
 
  
 
Stranger (from『_genic』) by 安室奈美恵
 
~安室奈美恵の約2年ぶりのアルバムより。ビート効きまくりのダンスナンバー。サビのたたみかける感じがたまらない。ただただかっこいい、それだけ。EDM全開なこのアルバム『_genic』は、「BRIGHTER DAY」など先行でヒットしたミディアムナンバーの収録を一切見送り、全曲新曲で勝負。音もプロモーションも攻めの姿勢で一貫し、安室奈美恵の存在をあらためて知らしめる名盤だと思います。
 
 
 
泡と羊 (from「SISTER」) by back number
 
~back numberの2015年第2弾シングルのカップリング曲。「SUNSTAR TONIC」タイアップで、疾走感溢れる爽やかなロックナンバー。意外とback numberには少ない応援ソングだったりして、「SISTER」よりもこっちをヘビロテ。「空気を読んだつもりが これじゃ僕が空気だよな」って歌詞が依与吏さんらしくて好き。
 
※「泡と羊」が流れるのは、38:27あたりから。
 
 
桜花爛漫 (from『HOT!』) by KEYTALK Musicapp_3
 
~KEYTALKのメジャー2ndアルバム収録、4月に先行シングルとしてもリリースされた楽曲。和を感じるメロディが美しい、彼らの強みであるツインボーカルも生きるロックナンバー。ビクターに移籍して、「MONSTER DANCE」あたりから自分がほしい音と違ってきて…。そんな中、この曲はちゃんと刺さりました。今年はできれば「fiction escape」の頃のような音がもう一回聴きたいな、なんて。
 
 
 
オワラセナイト(from「OWARASE NIGHT」) by フレデリック
 
~フレデリックのメジャー2作目のアルバムのリードトラック。2014年A-Sketch(アミューズ)からメジャーデビューした若手。"中毒性"がバンドのテーマらしく、それが遺憾なく発揮された1曲。サビの"終わらせないと OH~"のフレーズがずーっとループ。。「純情環状線外回り」、「終焉最終戦争の夜」など歌詞も遊び要素満載。
 
 
  
Starting Over (from『REFLECTION』) by Mr.Children
 
~Mr.Childrenの前作から2年7ヶ月ぶりにリリースされたオリジナルアルバムより。映画『バケモノの子』の主題歌にもなった、次の一歩を踏み出す人の背中を押す力強いロックナンバー。映画も良くて、映画観てから一気に好きな曲に。ちょうど仕事でも「肥大したモンスター」みたいな社員と戦っていて、勇気をもらった笑。
 
デビューから23年経って、ついに小林武史の手を離れてほとんどがセルフプロデュースのアルバム。前作『[(an imitation) blood orange]』でコバヤーシルドレンくらい侵食されていて、個人的にちょっとキツくなっていたので、今作でロックバンド・Mr.Childrenが帰ってきた感触で凄く嬉しかった。次のアルバムはいつになるのやら…次のMr.Childrenの音にも期待。
 
 
 
以上、いかがでしたでしょうか??
 
皆さんに新たな音との出会いがあったなら、この上ない喜びです。
 
 
次回は夏まっさかりの7~8月部門を発表します。
 
引き続き、ご贔屓に!
 
 

2016年1月 4日 (月)

MGN29 Reccomends 2015 Part②~2015年オススメ曲紹介~

前回記事からスタートした管理人の2015年オススメ曲を紹介する「MGN29 Reccomends 2015」ですが、本日は2015年3~4月リリース部門です。
 
もし、まだ耳にしたことのない曲がありましたら、ぜひチェックしてみてください!
 
 
なお、音楽配信サービス「AWA」で配信されている楽曲は、曲名の横にMusicapp_3マークを付けておきます。
 
「AWA」は初回3ヵ月無料ですので、これを機会に一度楽しんでみてくださいね。
 
 
Twilight (from「奇跡」) by コブクロ
 
~コブクロの2015年第一弾SGより。映画「トワイライト ささらさや」主題歌。大泉洋目当てで観に行って、EDで流れたのがこの曲。映画の内容ともマッチしていて思わず涙が溢れました。「愛してた」とか「好きだった」とか直接的な表現はないけれど、大切な人を失った主人公の想いが傘やTシャツなどの細かい描写で痛いほど伝わってきます。
 
 
 
命は美しい (from「命は美しい」) by 乃木坂46 Musicapp_3
 
~乃木坂46、初のアルバムを経て最初のシングル。全編に渡ってピアノが際立つ、「命」をテーマにしたシリアスなバラード。サビのピアノの旋律は耳から離れなくなります。「僕がいる場所」もそうだけど、歌詞が重めでも不自然じゃないのは、結成から3年以上かけて形成したイメージのおかげだろう。センターは西野七瀬で彼女のか細いイメージも曲に合っていました。オリコンでは初の初動50万オーバーで年間8位にランクイン。
 
 
Awaawea_2
 
 
Easter / 復活祭 (from「Easter」) by ASIAN KUNG-FU GENERATION Musicapp_3
 
~アジカン復活。約2年ぶりのシングル。昔のキャッチーなロックとは一味違う、渋い大人のロックナンバー。サビはシンプルだけどそれ故耳に残り、聴けば聴くほど味が出ます。YoutubeにMVが公開されたのが2015.3.11で、この曲の演奏時間も3:11になっています。Vo.ゴッチからの震災からの復活のサインなのかもしれません。
 
 
Awaawea_2
 
 
アロエ (from『葡萄』) by サザンオールスターズ
 
~サザンオールスターズの約9年半ぶりのオリジナルアルバムのリードトラック。昔の楽曲に比べれば弾け度合いは弱いけど、アルバムのオープニングを飾るには十分なハイテンションナンバー。サビは「ショッ、ショッ、ショッ、出ろ!」だと思っていたけど、正しくは「勝負、勝負、勝負、出ろ!」で、還暦近いメンバーが奏でてると思うと、最高にカッコいい。アルバム全体としても快作で、和テイスト強めで円熟したサザンを感じることができます。
 
  
Terminal by (from『CAVU』) by 04 Limited Sazabys Musicapp_3
 
~4人組ロックバンド、04 Limited Sazabys(フォーリミテッドサザビーズ)のメジャーデビューアルバムより。バンド名は少し前から見かけていて、「AWA」で配信されているのを発見して一気に聴きあさりました。どの曲もメロディがしっかりしていて疾走感抜群。この曲もアルバムのリードトラックで、疾走感溢れるロックナンバー。ラストのサビで転調するのが好き。
 
 
Awaawea_2
 
 
I Can't Stop Fall in Love (from『二律背反』) by 伊東歌詞太郎
 
~「ニコ動」で歌い手として活動し、デビューした男性シンガーソングライターの2ndアルバムより。曲名の通り、恋に落ちた主人公を描いた曲だけど、男性アーティストのこんなにキラキラした曲を聴いたのはいつぶりだろう。伸びのある力強い歌声もカッコいい。上のフォーリミ同様、昨年、1曲聴いて過去曲を振り返ったアーティストの1人です。同アルバムの「金曜日のおはよう」も、自作曲ではないですがキラキラが凄くてオススメ。
 
 
 
Hello,world! (from「Hello,world!/コロニー」) by BUMP OF CHICKEN
 
~BUMP OF CHICKENの2年7ヶ月ぶりにリリースされたCDシングル。久々の光を感じる疾走感溢れるロックナンバー。「ハロー どうも 僕はここ」の部分が2つの目のサビのような役割を果たし、盛り上がりに追い打ちをかけるような構成がツボでした。来月2月にはNEWアルバムのリリースも決まっていますが、こういう曲をもっと聴きたいなあ。
 
 
 
私以外私じゃないの (from「私以外私じゃないの」) by ゲスの極み乙女。 Musicapp_3
 
~4人組バンド、ゲスの極み乙女。の2ndシングル。コカ・コーラCMソングと起用され、お茶の間にも広く浸透。メジャー1st『魅力がすごいよ』で一気にポップに振れたけど、トリッキーでマニアックでファンキーな曲展開がこのバンドの魅力だと思っていて、それが戻ってきたような印象。それにしても、2013年にオススメ曲紹介で「キラーボール」をPick Upした頃には周りで知ってる人はほとんどいなかったのに、いまや紅白出場バンド。こういう音楽がウケるのもリスナーの趣向が多様化した現在ならではなのかも。
 
 
Awaawea_2
 
 
Blue Sky Blue (from「Blue Sky Blue」) by Flower Musicapp_3
 
~E-girlsとしても活動するFlowerの10作目のシングル。遠距離恋愛中の主人公が相手を思い空を眺めている情景が浮かぶ、爽やかなメロディのバラード。そのメロディにVo.鷲尾の透き通った歌声がマッチしていて、聴いていてとても心地いい一曲。なお、鷲尾とともにVo.を務めていた市來杏香が脱退。今のところツインボーカル最後のシングルに。
 
 
 
以上、いかがだったでしょうか?
 
次回は5~6月部門を発表します。お楽しみに!
 

2016年1月 1日 (金)

MGN29 Reccomends 2015 Part①~2015年オススメ曲紹介~

明けましておめでとうございます
 
2016年になりました。
 
 
突然ですが、新年となったタイミングで管理人名を「Yasai」から「MGN29」に変更させていただきます。どうでもいいですが、「MGN」はメガネです。
 
音楽配信サービス「AWA」でも「MGN29」でプレイリストを公開していますので、ぜひ覗いていただければ幸いです。
 
 
さて、地元の北海道に帰ってきていますが、時間がゆったりと流れてしあわせ。。
 
久しぶりに時間があるので、2015年の音楽の棚卸しも兼ねて、今年も管理人のオススメ曲紹介をしていきたいと思います。
 
 
音楽の聴き方も楽しみ方も多様化した現在。
 
昨年末の記事でも触れましたが、「巷で流行っている曲」はオリコンランキングを見てもわからなくなりました。
 
自分の聴きたい音楽は待っていても勝手に耳には入ってきてくれません。
 
そう、自分で探しに行かなくてはならないのです!
 
 
 
てことで、このブログを覗いてくれている皆さまに、自分好みの音を見つけてもらうお手伝いをしたい。
 
というコンセプトのもと、「MGN29 Reccomends 2015」と称して管理人の2015年オススメ楽曲紹介をさせていただきます。
 
 
 
では、さっそく本日は2015年1月~2月リリース部門からスタートです。
 
言っても、自分もオリコン大好きなミーハーですから、ほとんどがメジャーな曲ですが…。
 
もし、まだ耳にしたことのない曲がありましたら、ぜひチェックしてみてください!
 
 
なお、音楽配信サービス「AWA」で配信されている楽曲は、曲名の横にMusicapp_3マークを付けておきます。
 
「AWA」は初回3ヵ月無料ですので、これを機会に一度楽しんでみてくださいね。
 
 
 
瞳 (from「瞳」) by 大原櫻子 Musicapp_3
 
~2013年公開の映画『カノジョは嘘を愛しすぎてる』で主演に大抜擢され、一気に人気女優となった大原櫻子の2ndシングル。「第93回全国高等学校サッカー選手権大会」応援歌。当時18歳ながら伸びやかで透明感ある歌声とタイアップにマッチした歌詞が話題に。紅白歌合戦で目を潤ませながらこの曲を一生懸命に歌う姿も印象的でした。2015年は1stAL『HAPPY』もヒットし、大活躍の1年に。2016年も期待です。
 
 
 
 
僕がいる場所 (from『透明な色』) by 乃木坂46 Musicapp_3
 
~乃木坂46の初アルバム『透明な色』収録の新曲。作曲はこれまで「制服のマネキン」や「君の名は希望」等の人気曲を手掛けてきた杉山勝彦氏。ピアノイントロで一気に引き込まれて、"君のことを考えた 僕が死んだ日のことを…"という歌い出しでノックアウト。メロディはサビよりもAメロが抜群。「地縛霊」目線のような歌詞も凄い。昨年の乃木坂楽曲では一番のヒットでした。今年も乃木坂×杉山勝彦の楽曲が聴けたらいいなぁ
 
 
 
 
マーメイドラプソディー (from『Tree』) by SEKAI NO OWARI
 
~小中学生にも人気となった「セカオワ」ことSEKAI NO OWARIの3rdアルバムより。海外旅行の飛行機で『海月姫』を観て改めて聴き直しました。コポコポコポという水の音だったり、人魚姫目線の歌詞が曲の世界観を引き出していてリラックスできる音。アルバム自体はシングル曲が多くてそれほど聴き込まなかったけれど、ファンタジー路線になったセカオワの世界観はお腹いっぱい堪能できると思う。
 
 
 
スノーグローブ (from『TIME』) by KANA-BOON Musicapp_3
 
~KANA-BOONの2ndアルバムより。雪をテーマにしたちょっぴり切ないロックナンバーだけど、前作までのKANA-BOONでは表現できなかっただろう繊細さがある。北国生まれの管理人には刺さりまくりました。アルバムは2014年に一気にブレイクした勢いをそのままぶち込んだような快作で、前作から1年3ヵ月の間にバンドってこんなに成長できるものかと驚いたのを覚えています。初回盤付属のライヴDVDも見応え十分。
 
※「スノーグローブ」は5:45~
 
 
ヒロイン (from「ヒロイン」) by back number
 
~勢いに乗る3ピースバンド、back numberの2015年第一弾SG。小林武史をプロデューサーに迎えて、王道感漂う冬のバラードに。JR東日本『JR SKI SKI』タイアップでリリース前から話題になり、CD売上も去ることながらiTunesチャートでもロングヒットを記録し、お茶の間にも広がりました。
 
 
 
Seven Deadly Sins (from「Seven Deadly Sins」) by MAN WITH A MISSION Musicapp_3
 
~狼バンド、MAN WITH A MISSIONの2015年第一弾。ロックでアガる曲を多く持つ彼らですが、今作は少し緩急を使っている印象。正直はじめ聴いた時はもっとゴツい曲を聴きたいなと思いましたが、夏に北海道の夏フェス「RSG2015」でパフォーマンスを見てぞっこん。C/Wの「Dive」もカッコいい。ライヴではこっちのほうが映えるかも。
 
 
Awaawea_2
 
 
フユコイ (from『金八』) by 私立恵比寿中学
 
~ももクロの妹分、私立恵比寿中学の2ndアルバムから1曲ピックアップ。リードトラックの「金八」をはじめトリッキーな楽曲が多い中で王道のバラード。初登場のMステでは廣田あいかの声が話題になったり、弾けている曲が多かったりと何かとイロモノ感が目立つけど、口パクが当たり前になりつつある業界で、口パクなしでいける実力派。今年は1stアルバム以前のようにアイドルらしい曲をもっと歌ってほしいな。
 
 
  
Cry out (from『35xxxv』) by ONE OK ROCK
 
~いま日本で最も勢いのあるロックバンドと言っても過言でない、ONE OK ROCKの7thアルバムのリードトラック。アルバムは前作までのキャッチーさが弱まって、もはやほぼ洋楽。その中では聴きやすいのがこの曲。ただただカッコいい。この音を日本人が出しているということが驚きだったり。
 
 
 
さて、いかがだったでしょうか。
 
1~2月部門はざっとこんな感じ。季節柄、冬うたが多いです。
 
次回は3~4月部門を発表します。お楽しみに!
 
 

2015年12月31日 (木)

さよなら2015年 ~チャートチェック一時終了について

2015年も残すところあと数分。
 
皆さんにとってはどんな1年になったでしょうか…?
 
 
今年は途中からチャートチェック記事の更新をやめ、過去最低記事数となりました。
 
そうなった理由をしっかりまとめておこうと思うのです。
 
 
さて、今年の音楽業界は、サブスクリプション元年と言わんばかりに、「AWA」や「Apple Music」、「LINE MUSIC」、「Google Play Music」と様々な音楽配信サービスがスタート。
 
 
Musicapp_2
 
 
"定額で聴き放題"というサービスがスタートすることで、オリコンランキングは「CDでしか聴かれていない曲たち」の羅列という側面がより強まり、陳腐化がさらに加速すると思われます。
 
Photo
 
2015年オリコン年間ランキングのTOP30は、AKB48などの48グループ、ジャニーズ、EXILEなどのEXILE一族という3派閥が完全に占拠…。
 
 
この3派閥を除くと、28位のBUMP OF CHICKENが筆頭
 
ただ、このバンプもライヴチケットの応募券だったり、アニメタイアップ、3種リリースなどの効果によって数字が高騰したわけで、世間に楽曲が広まっての数字とは少し違う。
 
 
 
 
数年前からすでにオリコンランキングは音質が良く、売る側としては利益率の高いCDに拘り、「配信」というサービスを避けるアイドル、一部のアーティストだけの独壇場になっていましたが、サブスクサービスはそれに拍車をかけそう。
 
今にはじまったことではないですが、昔はいま世間で流行っている曲が一目でわかる指標だったオリコンランキングは、今や音楽業界を俯瞰したものではなくなりました。
 
 
 
私自身も職場でのポジションが変わってより時間が取れなくなったことも相まって、こちらのブログでチャートチェックをすることを停止させていただきました。
 
(記事は更新していませんが、まだデイリーベースでウォッチはしています。)
 
 
私も今年の春からサブスクサービスをいじり倒しまして、いまは「AWA」に落ち着いたのですが、AWA内の人気ランキングの曲のほうがオリコンの数倍、街で流れているような昔でいう「流行りの曲」、「人の心に刺さっている曲」に近いのです。
 
そもそも、人の心に刺さっているかどうかは「売れた枚数」ではなくて、「聴かれた回数(再生数)」で図るべきなのでしょう。
 
 
どんな音楽でもすぐネットで聴ける世の中になり、人の価値観も多様化した今、「CD」という音楽を聴くひとつの手段だけを集計したランキングにあまり意味がないのはたしか。
 
ただ、私はオリコンランキングやCDが嫌いになったわけではありません。
 
最高の音質で聴きたい音楽はやはりCDを買って聴きますし、「CDがどれだけ売れたのか」という指標で今後もオリコンランキングをウォッチしていきます。
 
 
少なくともこのブログでオリコンランキングを扱っても、逆に「流行っていない音楽を流行っているように誤解させる」ことに繋がる気がします。
 
それなら、アーティストにちゃんとお金が回ることも踏まえて、違法配信ではなく、サブスクサービスの普及を願い、「AWA」などサブスクサービス内でいい音楽を紹介していくほうが健全だと思った次第です。
 
「AWA」では「MGN29」というアカウント名でプレイリストを公開していますので、興味があったらぜひ覗いてみてくださいね。
 
「AWA」と出会い、チャートチェックをする意義に疑問を持ち、一見何となくのようにチャートチェックを停滞していましたが、やっと頭を整理することができて、文字にすることができました。
 
このブログでチャートチェックをすることは減るかもしれませんが、音楽の情報は定期的に更新していきたいと思っています。
 
さっそくですが、年明けからは管理人の2015年オススメ曲の紹介も行いますので、どうか今後もご贔屓に。
 
 
ということで、2015年も大変お世話になりました。
 
2016年、たくさんの音楽が世界を幸せにしてくれますように…。
 
 
 
======================================
 
同じ過ち 僕等は繰り返し
結局誰も 解けない宿題
 
ねぇ 神様
あなたは何人いて 一体誰が本物なの?
僕にだけこっそり教えてよ
 
もし優しさが 意味を無くして
あらゆる人が 武器を取るなら
 
ねぇ 神様
僕を握り潰して そっと火を付けてくれないかなぁ
煙になって 願いを空へと届けるから
 
僕等の前にもう少しだけ 楽しい未来が降るように
あなたの前にもう少しだけ 無邪気な笑顔が降るように
今日よりも 現在よりも
 
君は拳を 堅く握って
だけど誰にも 振り下ろせはしない
 
ねぇ 神様
僕等に課せられてる そんな使命があるとしたら
進化むこと? それとも総てを終わらすこと?
 
僕等の前にもう少しだけ まともな世界が降るように
あなたの前にもう少しだけ 嬉しい知らせが降るように
今日よりも 現在よりも
 
毎月決まった日 振り込まれてくるお給料のように
平和はもう僕等の前に 当たり前に存在はしてくれないけど
 
毎月決まった日 振り込まれてくるサラリーのように
平和はもう僕等の前に 当たり前に存在はしてくれないけど
 
今年ことはきっとあなたに
たくさんのいいことがありますように
 
あなたの前に優しい声が響くように
今年こそはきっとあなたに
 
たくさんのいいことがありますように
今年こそはきっと世界に
 
たくさんのいいことがありますように
さよなら2015年
 
『さよなら2001年』 by Mr.Children

2015年11月29日 (日)

2015年12月新譜チェック~AKB総監督ラスト、ラルクは4年ぶりシングル!~

本日11/29は、「いい肉の日」だそうで。
 
そんなこと全く知らず、「いい肉の日」イブに浅草の「米久」で、すき焼きを頂いてきました。
 
20151128_18_39_07
 
20151128_19_08_02
 
ここ数週間で、一気に鍋料理が恋しい季節になってしまいました。
 
で、気づけば、明後日はもう12月なわけです。
 
 
今年は新譜チェックも先取りできず、その月になってしまってから…になってしまいがちでしたので、最後くらいは! 
 
ということで、本日は2015年音楽シーン総仕上げの12月の新譜チェックです!
 
太字はその週の1位獲得本命曲。赤文字は管理人の個人的な注目曲です。
いつもどおり、発表される全作品は確認不可なのでメジャーなアーティスト中心となります。
 
 
12/2
  • 侍唄(さむらいソング) - 関ジャニ∞
  • Red Carpet - 安室奈美恵
  • 黒い雫 & Coupling Songs: 'Side B' - Superfly
  • Girl A - [Alexandros]
  • グロリアスデイズ - THREE LIGHTS DOWN KINGS
  • アイノネ - YEN TOWN BAND
  • 君とゲレンデ - SHISHAMO
  • お前しかいねぇ 遊turing RED RICE (from 湘南乃風) - 遊助
  • リスタート - Honey L Days
  • EAST OF THE SUN/UNOMI - GRAPEVINE
12/9
  • Ki・mi・ni・mu・chu - EXILE
  • 唇にBe My Baby - AKB48
  • I NEED U(Japanese ver.) - 防弾少年団
  • 我ら思う、故に我ら在り - 氣志團
  • SUNDAY MONDAY (Japanese Ver.) - Apink
  • XXX - XOX
  • 嘘をつく唇 - 東京スカパラダイスオーケストラ
  • LOVE & LIFE - Goose house
  • Heatup Dreamer - 愛乙女★DOLL
  • YAIBA - BREAKERZ
  • クライマー - Galileo Galilei
12/16
  • カラフル Eyes - Sexy Zone
  • 瞳の奥の銀河(ミルキーウェイ) - Flower
  • 未来 - コブクロ
  • Aching Horns - OLDCODEX
  • なんでやねんねん - 浜田ばみゅばみゅ
  • Be With You - キム・ヒョンジュン
  • Lookbook - BoA
  • 灯台 - TUBE
  • Prom Night - 降谷建志
  • SOLUTION E.P. - cinema staff
  • Make a Wish - TETSUYA
  • Time goes on~泡のように~ - TETSUYA
  • Breathing - ROOKiEZ is PUNK'D
  • Restart - DOROTHY LITTLE HAPPY
  • 僕が雪を嫌うわけ/私が雪を待つ理由 - 空想委員会
  • Speaking - Mrs. GREEN APPLE
  • 大切な人/8分前の僕ら - 藤巻亮太
12/23
  • Wings Flap - L'Arc~en~Ciel
  • Merry×Merry Xmas★ - E-girls
  • 絶対☆アイシテル! - MAG!C☆PRINCE
  • 冷たい風と片思い/ENDLESS SKY/One and Only - モーニング娘。'15 【12/29 Release】
ざっとこんなラインナップ。
年末ということで全体的なリリースが縮小し、かつ中堅以上のリリースも少なめ。
 
 
その中で注目は、第2週目に登場するAKB48の2015年4作目となるシングル。
 
今作は卒業を発表している総監督の高橋みなみがセンターとなるラストシングル。
 
前作「ハロウィン・ナイト」の初動売上は127.8万枚
 
総選挙投票券が封入されていた前々作からは大きく数字を落としたものの、総選挙1位の指原センターで「恋するフォーチュンクッキー」路線を狙った楽曲で、いつもよりやや高めに出ていた。
 
 
卒業が来年まで持ち越されたことは気になるが、総監督ファンが普段以上に買い増しする可能性はある。
 
総選挙が関係なかったのは「Green Flash」でその初動が100.1万枚だったが、それより高い数字を残せるか注目だ。
 
 
そして、4週目にはL'Arc~en~Ciel、約4年ぶりのシングルが登場。
 
通常のシングルとしては約4年ぶりだが、完全受注生産で「EVERLASTING」(CD+PHOTOBOOK)を2014年にリリースしている。
 
「EVERLASTING」の初動は5.5万枚で、2011年12月の前々作「CHASE」の初動7.2万枚からダウンしていた。
 
 
今回は久しぶりに一般市場で販売されるCDということで、数字は回復する可能性が高いが、約4年前と同水準を出せるものだろうか。
 
ここ数年でCD市場はまた一気に縮小し、アイドル・アニメ・声優関連以外はなかなかチャート上位に入り込めなくなった。
 
そんなチャートに風穴を開けることができるか、注目である。
 
 
―さて、最後に。
 
管理人、CDも買いますが、サブスクリプションサービスの「AWA」も活発に使っております。
 
最新曲は少ないけれど、はじめて出会う曲や懐かしい曲はたくさん聞けますし、プレイリストを作るのも楽しくて、おすすめです。
 
 
自分は「MGN29」というアカウントでAWAってるので、ご興味があったら、ぜひ探してみてください!
 
よろしくです。
 
 
~Today's Yasai Reccomends~
スーパーヒーロー (from「スーパーヒーロー」) by 私立恵比寿中学

2015年11月 7日 (土)

2015年11月新譜チェック~EXO日本デビュー作! KinKi Kidsは約1年ぶりに登場!~

気づけば、11月
 
2015年も残すところ、あと2ヶ月。早い早すぎる。
 
 
「2015年のヒット曲」という面では今月でほぼ出揃うことになるかな。
 
12月のヒット曲はあまり「2015年のヒット曲」として扱われることはないので。
 
さて、本日はそんな2015年音楽シーン仕上げの1ヶ月となりそうな11月の新譜チェックです!
 
 
太字はその週の1位獲得本命曲。赤文字は管理人の個人的な注目曲です。
いつもどおり、発表される全作品は確認不可なのでメジャーなアーティスト中心となります。
 
 
それでは、Let's check!
11/3~4
  • Love Me Right ~romantic universe~ -EXO
  • ラブとピース!/夢題~遠くへ~ - いきものがかり
  • HELLO - Da-iCE
  • 俺たちルーキーズ - DISH
  • キミを忘れないよ - 大原櫻子
  • alarm - Silent Siren
  • アシンメトリー - 堀江由衣
  • Little*Lion*Heart - 竹達彩奈
  • tonight - YUKI
  • KIRA KIRA/AKARI - Every Little Thing
  • 負けるな小さきものよ - 若旦那
11/11
  • 最後もやっぱり君 - Kis-My-Ft2
  • THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS ANIMATION PROJECT 2nd Season06 - THE IDOLM@STER シンデレラガールズ/CINDERELLA PROJECT
  • リローデッド - EGOIST
  • あなたがここにいて抱きしめることができるなら - miwa
  • 出すぎた杭は打たれない/ドンデンガエシ/わたし - アンジュルム
  • LINE - スキマスイッチ
  • talking/ナナヒツジ - KANA-BOON/シナリオアート
  • 狂乱 Hey Kids!! - THE ORAL CIGARETTES
  • DAY TO DAY - ストレイテナー
  • DEAD OR ALIVE - angela
  • あしたいろ - 安田レイ
  • Story/akari - fumika
11/18
  • 夢を見れば傷つくこともある - KinKi Kids
  • クリスマスソング - back number
  • プラマイ - aiko
  • THE IDOLM@STER CINDERELLA MASTER 036 橘ありす - THE IDOLM@STER シンデレラガールズ/橘ありす(CV:佐藤亜美菜)
  • THE IDOLM@STER CINDERELLA MASTER 037 片桐早苗 - THE IDOLM@STER シンデレラガールズ/片桐早苗(CV:和氣あず未)
  • THE IDOLM@STER CINDERELLA MASTER 038 一ノ瀬志希 - THE IDOLM@STER シンデレラガールズ/一ノ瀬志希(CV:藍原ことみ)
  • THE IDOLM@STER CINDERELLA MASTER 039 - THE IDOLM@STER シンデレラガールズ/塩見周子(CV:ルウ・ティン)
  • THE IDOLM@STER CINDERELLA MASTER 040 櫻井桃華 -
  • THE IDOLM@STER シンデレラガールズ/櫻井桃華(CV:照井晴佳)
  • Mr.Platonic - Fairies
  • ブランケット・スノウ - Dream
  • Mr.Platonic - フェアリーズ
  • Embrace Blade - アフィリア・サーガ
  • UGLY - the GazettE
  • HAPPY DAYS - B1A4
  • 解 - カスタマイZ
  • What You Want - JUJU
  • You changed my life - 阿部真央
  • 野性の同盟 - 柴咲コウ
  • 女はそれを我慢しない/ビーニアス/lonesome X - バニラビーンズ
  • パフィピポ山 - PUFFY
11/25
  • しぇからしか! - HKT48 feat.氣志團
  • タイトル未定 - ラブ・クレッシェンド(SKE48派生ユニット)
  • 記号として/‘I’ Novel - RADWIMPS
  • DREAMERS' PARADISE - DANCE EARTH PARTY feat.Mummy-D (RHYMESTER)
  • 約束 - Lead
  • Prism - ClariS
  • 最後の一言 - BEAST
  • DANCIN' CIRCLE - CODE-V
  • オルフェンズの涙 - MISIA
  • Beautiful Days - OKAMOTO'S
  • 漂流 - シド
  • リップスティック - 加藤ミリヤ
  • KOIKI - 赤い公園
  • みずいろときいろ - Wienners
  • TOKYOセクシーナイト - 恵比寿マスカッツ
  • SHIKIBU - レキシ
 
ざっとこんなラインナップ。
 
リリース数はそれなりにあるものの、ビッグネームのリリースは少なく、チャートの売上水準は低くなりそうな1ヶ月。
 
 
4週の週間1位は、韓国勢⇒ジャニーズ⇒ジャニーズ⇒48グループで、今月もアイドル勢独占状態は確定。
 
 
1週目のEXOは東方神起などが所属するSMエンターテインメントのユニットということで、要チェック。
 
デイリー集計3日で10万枚を超える売上を記録しており、デビュー作で首位獲得は確定。
 
初動が最終的にどこまで伸びるか注目したい。
 
 
3週目には約1年ぶり、久々にKinKi Kidsが登場。
 
今作も前作同様の3種リリースだが、前作初動15.2万枚の水準を守ることができるか注目したい。
 
 
 
年末に入るタイミングである今月のラインナップを見ると今後、アーティストはシングルCDのリリースを控えていくのかなと感じる。
 
アイドルはCDを買うファンが多くいて、複数買いで利益を確保できるからリリースするメリットがあるけど、アーティストにとってはあまりメリットはないし。
 
 
その代わりにAWAとかLINE MUSICといったサブスクリプションサービスが伸びれば、アーティストも食っていけるんだろうけど、違法の無料サイトがある限り、なかなか浸透は難しそう。
 
自分はサブスクリプションサービスを応援しているので、AWAも活発に使っています。最新曲は少ないけれど、はじめて出会う曲や懐かしい曲はたくさん聞けます。
プレイリストを作るのも楽しいし、おすすめです。
 
 
なお、自分は「MGN29」というアカウントでAWAってるので、ご興味があったら、ぜひ探してみてくださいね!
 
 
 
~Today's Yasai Reccomends~
今、話したい誰かがいる (from「今、話したい誰かがいる」) by 乃木坂46

2015年10月 4日 (日)

2015年10月新譜チェック~乃木坂46、2作連続の初動60万超えなるか!~

またまたご無沙汰しております。
 
気づけば9月が終わり、2015年も残すところたった3か月。
 
4-3月決算の自社は上半期が終わるところまできましたが、思わぬゴタゴタにも巻き込まれ、まだまだ以前の更新ペースには戻れそうにありません。
 
 
最近は、音楽配信アプリ『AWA』で音楽を楽しんでいます。音楽業界の動向は追うことはやめていませんよ。
 
管理人は「ASI29」というアカウントでプレイリストを公開中ですので、宜しければチェックしてみてください。AWAでもチャートファン全開です。
 
さて、本日は10月新譜チェックです。
先月は更新できませんでしたが、新譜チェックは極力やらないとホントに音楽業界の動きを見失うので。
 
※ただ、週ごとの解説は取り急ぎ割愛させていただきます。さて、今日も仕事いってきます。
 
 
太字はその週の1位獲得本命曲。赤文字は管理人の個人的な注目曲です。
いつもどおり、発表される全作品は確認不可なのでメジャーなアーティスト中心となります。
 
 
それでは、Let's check!
 
 
10/7
  • Must be now - NMB48
  • THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS ANIMATION PROJECT 2nd Season 04 - THE IDOLM@STER シンデレラガールズ/CINDERELLA PROJECT
  • 君のこころは輝いてるかい? - Aqours(ラブライブ!)
  • 超絶☆ダイナミック! - 吉井和哉
  • TONIGHT - TUBE
  • CROWS - SiM
  • ARROW - GACKT
  • 不思議な夜 - Base Ball Bear
  • JUMP AROUND ∞ - DOBERMAN INFINITY
  • Boys & Girls - WEAVER
  • ずっと伝えたかった I love you - DEEN
10/14
  • AAO - Kis-My-Ft2
  • THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS ANIMATION PROJECT 2nd Season 05 - THE IDOLM@STER シンデレラガールズ/CINDERELLA PROJECT
  • Raise your flag - MAN WITH A MISSION
  • オトナチック/無垢な季節 - ゲスの極み乙女。
  • スターリングスター - KEYTALK
  • DREAMS, Count down! - スフィア
  • Holiday - Happiness
  • かまわない - 川畑要
10/21
  • キミアトラクション - Hey! Say! JUMP
  • HIGHER - 2PM
  • スーパーヒーロー - 私立恵比寿中学
  • THE IDOLM@STER SideM ST@RTING LINE -05 W - W
  • THE IDOLM@STER SideM ST@RTING LINE -06 S.E.M - S.E.M
  • 答えしか知らないツライ - お掃除ユニットCLEAR'S
  • 好きで好きで好きすぎて - chay
  • アイム・ア・ビリーバー - SPYAIR
  • Light for Knight - 三森すずこ
  • 喝采 - ET-KING
  • ジャスミン - さかいゆう
10/28
  • 今、話したい誰かがいる - 乃木坂46
  • Sing Your Song - SHINee
  • IGNITION - EXILE SHOKICHI
  • STAR TRAIN - Perfume
  • ありがとう~無限のエール~/嵐を起こすんだ Exciting Fight! - ℃-ute
  • 東京ドライブ - TOKIO
  • シューゲイザー - 藍井エイル
  • Save me - 西内まりや
  • SUNSHINE - THE BAWDIES
  • MUSIC MAGIC - ファンキー加藤
  • 花束のかわりにメロディーを - 清水翔太
  • 楽園 - ナイトメア
  • 永遠のもっと果てまで - 松田聖子
  • TOY - 04 Limited Sazabys
  • Supernova duet with 三浦大知 - 黒沢薫
 
ざっとこんな感じ。
 
記事を見てくれた誰かの音楽ライフに好影響を与えられたらこれ幸い。
 
~Today's Yasai Reccomends~
アンビリーバーズ (from「アンビリーバーズ」) by 米津玄師

2015年8月13日 (木)

2015年8月新譜チェック~EXILEvs福山、首位争い勃発か! AKB連続ミリオンは?~

お盆休みで、帰省中。
 
強制的に仕事と距離を置けるこの数日はとても貴重です。
 
会社携帯はこんなときでもブーブーいってますが、無視させていただきます。
 
 
 
さて、ここぞとばかりに記事を更新です。
 
8月も早いものでもう2週間が経ちますが、遅ればせながら新譜チェックはアップしておきますよ。
 
これやらないと最新のデイリーチャートを見てもいまいちピンとこなくて。
 
 
太字はその週の1位獲得本命曲。赤文字は管理人の個人的な注目曲です。
いつもどおり、発表される全作品は確認不可なのでメジャーなアーティスト中心となります。
 
それでは、Let's check!
 
 
8/5(水)
  • 前向きスクリーム! - 関ジャニ∞
  • JOIN HANDS - SUPER JUNIOR K.R.Y.
  • THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS ANIMATION PROJECT 2nd Season 01 Shine!! -  THE IDOLM@STER シンデレラガールズ/CINDERELLA PROJECT
  • 夏よ止めないで~You're Romantic~ - flumpool
  • ダイバー - KANA-BOON
  • BEAUTIFUL NAME - DANCE EARTH PARTY feat.The Skatalites+今市隆二 from 三代目J Soul Brothers
  • DOUBLE-DEAL - T.M.Revolution
  • 長く短い祭/神様、仏様 - 椎名林檎
  • 君の鼓動は君にしか鳴らせない - 平井堅
  • Feed A - OLDCODEX
  • 八月の夜 - Silent Siren
  • わかっているのにごめんね/ためらいサマータイム - カントリー・ガールズ
  • ALONE - MY FIRST STORY
  • 「それって、for 誰?」part.1 - Base Ball Bear
  • Insight/Ledger - WHITE ASH
  • Sparkle - May J.
  • Ring Ring Rainbow!! - ゆいかおり
  • re-ray - Mitsuru Matsuoka EARNEST DRIVE
  • 最後までⅡ - Aqua Timez
 
8/11(火)~12(水)
  • 前のめり - SKE48
  • Hard Knock Days - GENERATIONS from EXILE TRIBE
  • 手紙 - back number
  • エビバディ - Da-iCE
  • 終わらない歌 - ゆず
  • One Light - Kalafina
  • 戦姫絶唱シンフォギアGX キャラクターソング3(Beyond the BLADE) - 風鳴翼(水樹奈々)
  • 甘い誘惑デインジャラス - バクステ外神田一丁目
  • fire! - lol
  • Honey・Come!! - 小倉唯
  • 憑き夜に踊れ - 妖~AYAKASHI~
  • ねぇバーディア - Negicco
  • ハローハローハロー - グッドモーニングアメリカ
  • フォエバ - BENI
  • 虹の空 - FLOW
 
8/19(水)
  • 24karats GOLD SOUL - EXILE
  • I am a HERO - 福山雅治
  • Oh my wish!/スカッと My Heart/今すぐ飛び込む勇気 - モーニング娘。'15
  • 夜空。 feat.ハジ→/ストレスフリー - miwa
  • 君がくれた夏 - 家入レオ
  • SAKAMOTO - GReeeeN
  • イッチャって ヤッチャって - SUPER☆GiRLS
  • 蜉蝣~カゲロウ - 清木場俊介
  • スピードと摩擦 - amazarashi
  • HERO/Good bye 大切な人。 - Sonar Pocket
  • LOVE DRIVE~恋はサーキットのように~ - 小柳ゆき@Super Car Race
 
8/26(水)
  • ハロウィン・ナイト - AKB48
  • Stars - ERIHIRO(今井絵理子、島袋寛子)
  • I LOVE THE WORLD - UVERworld
  • あなたへ - クリス・ハート
  • 誰にだってシンデレラストーリー - 片平里菜
 
 
ざっとこんな感じ。
 
第1週目は久々のリリースラッシュ週でしたが、関ジャニ∞が首位を獲得。
 
椎名林檎がCMタイアップもあって、前作比3倍以上となる初動で存在感を見せた。
 
 
 
そして、現在進行中は第2週目
 
この週ではSKE48が登場。
 
デイリー2日間ですでに33万枚を超えており、週間1位は間違いない。
 
 
ただ、MUSIC CARD商法で初日だけで57万枚を売り上げた前作の勢いには遠く及ばない。(※現在、MUSIC CARDはオリコン集計対象外)
 
このペースだと初動は高くても40万台前半がやっと。
 
松井玲奈の卒業前ラストシングルだが、その効果で数字が大きく高騰することはなさそうだ。
 
 
なお、back numberが自身初のオリコンデイリー3位をマークし、GENERATIONS from EXILE TRIBEは「ONE PIECE」タイアップがあってか、前作初動を初日だけでクリアする好調ぶりとなっている。
 
それぞれ最終的に週間ではどこまで数字を伸ばすか注目である。
 
 
 
続いて、第3週目にはEXILEと福山雅治、そしてモーニング娘。がスタンバイ。
 
今月では唯一首位争いが見られるかもしれない週となっている。
 
 
EXILEの前作「情熱の花」の初動は6.7万枚
 
福山雅治の前作「誕生日には真白な百合を/Get the groove」の初動は10.9万枚
 
そして、モーニング娘。の前作「青春小僧が泣いている/夕暮れは雨上がり/イマココカラ」の初動は10.1万枚
前作の成績だと、福山雅治>モーニング娘。>>EXILEといった順になる。
 
 
ただ、EXILEの前作はアルバムを3週後に控えた先行シングルでかなり低めに出ており、まだMUSIC CARDが集計されていた当時の前々作では初動14.8万枚出ていた。 
 
アルバム先行ではない今回、数字を回復させるなら首位争いにも絡んできそうだ。
 
 
なお、福山雅治は今回首位奪取のためか、商法を強化し、全4形態でのリリースとなっている。
 
前作から約2年4ヵ月というインターバルを置いてのシングルとなるが、どのような数字を叩き出すのか注目だ。
 
 
 
そして、8月最終週となる第4週目
 
最期に控えるのは現在なお日本最強のセールスパワーを誇るAKB48。
 
総選挙投票権を封入した毎年恒例の「総選挙シングル」だった前作「僕たちは戦わない」の初動は脅威の167.3万枚
 
 
今回は投票権なしに戻るため、初動売上の水準も前々作並に戻ると思われる。
 
前々作「Green Flash」の初動100.1万枚で、初動ミリオンではあるが、ついにデイリー売上の合計は100万枚を割る事態となっていた。
 
 
今作は「恋するフォーチュンクッキー」のようなヒットを目指していることがわかるパーティチューン。
 
連続ミリオン継続なるか、まずは初日売上に注目が集まりそうだ。
 
 
 
~Today's Yasai Reccomends~
グラニート (from『A Mirage In The Sun』) by MONOEYES
 

2015年5月 5日 (火)

2015年5月新譜チェック~2大巨頭 嵐&AKB48が登場! うたプリは毎週登場!~

またまたご無沙汰です。

すっかり月一回更新されるブログと化していますが、月が変わったということで新譜チェックは欠かさずやっていきますよ。

 

また、仕事のブログも今月で終わる予定ですので、そろそろ復活準備です。

復活後は、ちょっと趣向を変えてチャートチェックをしていく予定ですので乞うご期待!とまでは言えませんが、気が向いたら覗きに来ていただきたく…。

 

さて、とりあえず本日は2015年5月の新譜チェックです。

 
太字はその週の1位獲得本命曲。赤文字は管理人の個人的な注目曲です。

いつもどおり、発表される全作品は確認不可なのでメジャーなアーティスト中心となります。

 

それでは、Let's check!

 
5/5(火)~5/8(金)
  • サマー☆ジック/Sunshine Miracle/SUNNY DAYS - KARA
  • 愛の点滅 - クリープハイプ
  • ありがとうForever... - 西内まりや
  • 花 - 吉川友
  • 這いよれOnce Nyagain/きっと… - 這いよれ! ニャル子さん/後ろから這いより隊G
  • Timeless - V6
  • うたの☆プリンスさまっ♪マジLOVEレボリューションズ クロスユニットアイドルソング神宮寺レン・来栖翔・愛島セシル - 神宮寺レン(CV:諏訪部順一)・来栖翔(CV:下野紘)・愛島セシル(CV:鳥海浩輔)
5/13(水)
  • 青空の下、キミのとなり - 嵐
  • Evergreen - GENERATIONS from EXILE TRIBE
  • Starburst - Fear,and Loathing in Las Vegas
  • あなた - いきものがかり
  • FOUR ROOMS - flumpool
  • 天才バカボン - チームしゃちほこ
  • うたの☆プリンスさまっ♪マジLOVEレボリューションズ アイドルソング カミュ - カミュ(CV:前野智昭)
  • THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS ANIMATION PROJECT 08 GOIN'!!! - CINDERELLA PROJECT
  • ring your bell - Kalafin
  • なんでもねだり - KANA-BOON
  • MIRAI - GARNiDELiA
  • 月と太陽のうた - 鈴村健一
5/20(水)
  • 僕たちは戦わない - AKB48
  • Anniversary!! - E-girls
  • LUV -Japanese Ver.-  - Apink
  • うたの☆プリンスさまっ♪マジLOVEレボリューションズ アイドルソング 黒崎蘭丸 - 黒崎蘭丸(CV:鈴木達央)
  • WE GO - BREAKERZ
  • シュガーソングとビターステップ - UNISON SQUARE GARDEN
  • Tell me tell me!! - DOROTHY LITTLE HAPPY
  • はじまりのうたが聴こえる - 華原朋美
  • くちづけDiamond - WEAVER
  • Stairway - 降谷建志
  • Great Distance - ryo(supercell)feat.Chelly
  • X.U.| scaPEGoat - SawanoHiroyuki[nZk]
  • NA.NA.NA.涙 - NU'EST
  • Luminize - fripSide
  • LOVE - MACO
  • 元気売りの少女~浪花名歌五十選~ - たこやきレインボー
  • DAY×DAY - BLUE ENCOUNT
  • HEROES/微熱 (A) girlサマー/つづれ織り~so far and yet so close~ - GLAY ※5/25(月)リリース
5/27(水)
  • 僕の言葉ではない これは僕たちの言葉 - UVERworld
  • アシタノヒカリ - AAA
  • SISTER - back number
  • CAN'T WAIT TO LOVE YOU - BEAST
  • HER(Japanese Version) - BLOCK.B
  • SUN - 星野源
  • うたの☆プリンスさまっ♪マジLOVEレボリューションズ クロスユニットアイドルソング 聖川真斗・一ノ瀬トキヤ - 聖川真斗(CV:鈴村健一)・一ノ瀬トキヤ(CV:宮野真守)
  • Song for you~明日へ架ける光~ - Sonar Pocket
  • Rally Go Round - LiSA
  • キミとピーカン☆NATSU宣言っ!!! - 乙女新党
 
ざっとこんなラインナップ。
 
月の序盤はゴールデンウィークということでリリース少なく、また発売日もイレギュラー多し。
 
また、2週目以降はリリースが多く見えながら、中堅層以上のリリースは少なく、アニソンや
一部だけに浸透しているアイドル勢が中心となっている。
 
 
 
では、週ごとの見どころをさくっとチェック。
 
 
1週目はリリースがかなり少なく、週間1位筆頭もいないような状態。
 
V6が変則的な金曜日リリースだが、集計3日分(金・土・日)だけで週間1位となる可能性が高い。
 
 
なお、4人体制となったKARAの第二弾シングルも控えているが、前作が初動2.6万枚なので、前作並みだとV6には敵わない。
 
今回パッケージ数が増えているので、その効果で初動が大きく回復すればV6との週間1位争いも見られそうだ。
 
 
 
2週目は男性アイドル最強のセールスパワーを誇る、嵐の2015年第二弾シングルが登場。
 
前作「Sakura」の初動は46.5万枚で、初動50万超え連発だった数年前に比べると多少低いが、CD売上全体の下落ぶりを考えると、無敵レベルなのは変わりなし。
 
今作も同等の水準を叩き出せるか注目である。 
 
 
 
3週目には、女性アイドル最強のセールスパワーを誇る、AKB48の2015年第二弾シングルがスタンバイ。
 
前作「Green Flash」の初動は100.1万枚で、恒例の初動ミリオンを何とか達成。
 
しかし、デイリーの売上計は100万枚に届いておらず、ギリギリでの達成となっていた。
 
 
ただ、今回は「総選挙シングル」ということで、一気に復調してくる可能性が高い。
参考までに昨年は総選挙シングル「ラブラドール・レトリバー」は初動166.2万枚で、一つ前の通常シングル「前しか向かねえ」の初動109.1万枚から爆上げとなっていた。
 
今回は総選挙投票券の効果でどこまで数字を伸ばすのか、注目。
 
 
 
最終週の4週目には、日本のアイドルのリリースがほぼなし。
 
数年前から「週間1位はアイドルが取るもの」という状態が続いていたが、この週はついにアーティストが週間1位を獲得する可能性がある。
 
そんな1位筆頭はUVERworldの2015年第一弾シングル「僕の言葉ではない これは僕たちの言葉」。
 
前作「7日目の決意」の初動は5.1万枚
 
前作並みの売上を保ち、また韓国のアイドルグループであるBEASTとBLOCK.Bの勢いが前作と変わらなければ、UVERworldの週間1位が見えてくる。
 
なお、UVERworldが週間1位を獲得すると、08年に「儚くも永久のカナシ」で記録して以来、自身2作目のシングル首位ということになる。
 
韓国勢が勢いを増せば、週間1位争いになる可能性も高く、チャートファンとしては楽しみな週である。
 
 
また、今月は4週すべてで人気アニメ「うたプリ」のキャラソンがリリースされる。
 
連続リリースは4月からはじまっており、立て続けにチャート上位入りを見せているので、5月の動向にも注目である。
 
 
 
~Today's Yasai Reccomends~
One Step Ahead (from『一意専心』) by 伊東歌詞太郎
Hello,world! (from「Hello,world!/コロニー」) by BUMP OF CHICKEN

より以前の記事一覧

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

-天気予報コム-
無料ブログはココログ